ショパン (1810-1849)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

4つのバラード、舟歌、他 シャプラン(ピアノ)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ARN68751
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

カサドシュの再来?実力派による色香と抒情のショパン
フランソワ・シャプラン/ショパン:4つのバラード、他

フランソワ・シャプランは、ジャン=クロード・ペヌティエやカトリーヌ・コラールに師事し、1989年のクリーヴランド国際コンクールでモーツァルト賞とロベール・カサドシュ賞を同時に受けた中堅世代の実力派です。来日もあり、国際的に充実した活動を続けています。CDではPIERRE VERANYのドビュッシー:ピアノ曲全集が注目されましたが、今回は同じイニシャル(F・C)をもつショパンの王道プログラムで勝負抒情美と香り立つような色彩、そして、カップリングの選曲にもセンスを感じます。ピアノはヤマハのCFVを使用。(IMS)

ショパン:
・バラード第1番 op.23
・バラード第2番 op.38
・バラード第3番 op.47
・バラード第4番 op.52
・前奏曲第25番 op.45
・舟歌 op.60
・子守歌 op.57
・タランテラ op.43
 フランソワ・シャプラン(ピアノ)

収録曲   

  • 01. フランソワ・シャプラン/ショパン:4つのバラード、他

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「バラード」という表層を聴きたい人には薦...

投稿日:2010/03/09 (火)

「バラード」という表層を聴きたい人には薦めません。それなら他にいくらでも適切な演奏はある。シャプランのドビュッシーは凄かった。あの録音で使用したピアノはスタインウェイだった。スタインウェイは一応音域ごとの音質は均質ということになっているが、現実には高音域、中音域、低音域で音がまるで違う。ドビュッシーは中心和音と不協和音をそれぞれの音域に分けるため、このピアノの選択は効果的と思われるし、事実大成功だった。ショパンはどうだろう?世界で最も音域ごとの音質が均一で、まるでオートマティックのような響きを作れるピアノがヤマハのCFだ。シャプランはショパンの音楽に「均質な響きの世界」を意識的に導入し、ピアノの響きに拘ったドビュッシーとショパンの発想の違いを意識的に聴かせてくれる。この意識的な楽器の選択からは、このピアニストの、響きに対する尋常でないこだわりを感じる。均質な響きでショパンの響きをまとめるということはどういうことか、ショパンは音域ごとの音質の差の活用にそれほど自覚的でなく、それよりは統合的な意識を持っていたとする意見があるのですが、その議論に一石を投じるような演奏です。

蝉の抜殻 さん | 神奈川県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連する商品・チケット情報

  • メジューエワ/ショパン・ポロネーズ集 ソフロニツキーやネイガウスなど偉大なショパン演奏の伝統を感じさせる、充実の一枚です。 ローチケHMV|2017年2月24日(金)
  • リシエツキのショパン:ピアノと管弦楽のための作品集 1995年ポーランド人の両親の元、カナダに生まれた天才ピアニスト、リシエツキは5歳でマウント・ロイヤル大学の音楽院でピアノを学び始め、2004年、9歳の時にカルガリー・シヴィック・シンフォニー共演しデビュー。 ローチケHMV|2017年2月11日(土)
  • 入荷 ポリーニ/ショパン後期作品集 幻想ポロネーズ、舟歌、小犬のワルツ、ほか超メジャー傑作が満載。現代最高のピアニスト、円熟を極める楽壇の至宝による再録音を含めたショパン録音。最高の熟成を醸すショパン。 ローチケHMV|2017年1月29日(日)
  • 入荷! メジューエワ/ショパン・リサイタル  恒例の京都リサイタル・シリーズ、2016年は得意とするオール・ショパン・プログラム。確信に満ちた解釈を名器ヴィンテージ・スタインウェイによる輝かしいサウンドでお楽しみください。 ローチケHMV|2017年1月26日(木)
  • 若き日のヒューイットのショパン 1980年、22歳のヒューイットがポーランドのワルシャワ、第10回ショパン国際ピアノ・コンクールで奏でたショパンの秘蔵音源が、ショパン・インスティテュート(NIFC)が登場。 ローチケHMV|2017年1月19日(木)
  • 横山幸雄/雨だれのプレリュード〜ショパン名曲集 SACDハイブリッド。横山幸雄デビュー25周年記念アルバムは、ショパンの名曲中の名曲を横山自らが厳選、新たにDSDフォーマットでレコーディングしたもの。 ローチケHMV|2017年1月13日(金)

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品