シベリウス(1865-1957)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

交響曲全集 ブロムシュテット&サンフランシスコ響(4CD)

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4757677
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ブロムシュテット/シベリウス交響曲全集(4CD)

日本でも人気の高い名指揮者、ヘルベルト・ブロムシュテット[1927- ]が、以前、サンフランシスコ交響楽団とセッション・レコーディングしたシベリウスの交響曲全集がBOXで登場。当時のこのコンビは幅広いレパートリーとオーケストラの高い機動力で、コンサートでも録音でも大きな成果を残していますが、特にこのシベリウス全集はDECCAの優秀録音もあって非常に高い評価を得ていたものです。
 なお、交響曲第4番の終楽章で活躍するグロッケン(またはグロッケンシュピール)について、「本来の作曲者の意向はチューブラーベルだった」という説があり、ここでのブロムシュテットはこの説に従っています。オーマンディ盤やコリン・デイヴィス盤2種(ボストン響ロンドン響)などグロッケンとの併用を試みた例はありましたが、チューブラーベルを完全に採用した演奏は希少で、響きの性格がまったく異なるため、興味深い聴きどころとなっています。スリムケース仕様。

CD1
・交響曲第1番 ホ短調 作品39
・交響曲第7番 ハ長調 作品105
CD2
・交響曲第2番 ニ長調 作品43
・交響詩『タピオラ』 作品112
・悲しいワルツ 作品44-1
CD3
・交響曲第3番 ハ長調 作品52
・交響曲第6番 ニ短調 作品104
CD4
・交響曲第4番 イ短調 作品63
・交響曲第5番 変ホ長調 作品82

 サンフランシスコ交響楽団
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
  録音:1989〜95年

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Sinfonie Nr. 1 E-moll Op. 39
  • 02. Sibelius, Jean - 1. Andante, Ma Non Troppo - Alleg
  • 03. Sibelius, Jean - 2. Andante Ma Non Troppo Lento
  • 04. Sibelius, Jean - 3. Scherzo Allegro
  • 05. Sibelius, Jean - 4. Finale Quasi Una Fantasia
  • 06. Sinfonie Nr. 7 C-dur Op. 105
  • 07. Sibelius, Jean - Original Version

ディスク   2

  • 01. Sinfonie Nr. 2 D-dur Op. 43
  • 02. Sibelius, Jean - 1. Allegretto - Poco Allegro - Tr
  • 03. Sibelius, Jean - 2. Tempo Andante, Ma Rubato - And
  • 04. Sibelius, Jean - 3. Vivacissimo - Lento E Suave -
  • 05. Sibelius, Jean - 4. Finale Allegro Moderato
  • 06. Sibelius, Jean - Tapiola, Op.112
  • 07. Valse Triste, Op.44
  • 08. Sibelius, Jean - Original Version

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ひとりの指揮者が、円熟期にあって解釈の完...

投稿日:2013/05/14 (火)

ひとりの指揮者が、円熟期にあって解釈の完成形を示した、と言えるシベリウス交響曲全集としては、ベルグルンド指揮ヨーロッパ室内管、マゼール指揮ピッツバーグ響、C.デイヴィス指揮ロンドン響と並ぶ業績である。(ヴァンスカ指揮ラハティやオラモ指揮バーミンガムの全集もすばらしい演奏だが、彼らは将来、解釈を深化させてまた全集を録音するだろう。)そうした全集の中で、このブロムシュテット盤をベストに挙げる評者も多い。私も、フル編成オケの優秀録音という条件つきで、全曲を通しての演奏水準の高さ、解釈の破綻のなさで総合点を付けるなら、この全集が最高だと思う。特に5番の、悠然と起伏をなして進み、最後の胸をえぐる和声に到達する演奏には聴く度に魅せられる。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

6
★
★
★
★
★
北欧の凍てつく光景が浮かぶ。 ゆったりと...

投稿日:2011/12/25 (日)

北欧の凍てつく光景が浮かぶ。 ゆったりとしたテンポでひたひたと語りかける。 ドレスデン時代はやや淡泊な演奏も多かったが、 サンフランシスコ響が終身栄誉の称号を贈るだけのことはあり、 とてもアメリカのオケとは思えない重みもあり、 全曲において最高の水準を保った名演となっている。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

3
★
★
★
★
★
相変わらずの安定感と安心感。ドイツ系のシ...

投稿日:2010/11/04 (木)

相変わらずの安定感と安心感。ドイツ系のシベリウスだが、全てがイン.テンポで進んでいくスタンダード全集だ。超おすすめ!

silver さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シベリウス(1865-1957)

Jean Sibelius (1865-1957) was Finland's leading post-Romantic composer of symphonies and a national icon. Beginning as a follower of Richard Strauss, Sibelius achieved fame with his symphonic poems Kullervo and Finlandia, and his early symphonies also gained many supporters. A crisis in 1908 over a throat tumor darkened Sibelius' mood, and music composed after this time bears a brooding character,

プロフィール詳細へ

シベリウス(1865-1957)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • 【映像】小澤&サイトウ・キネン/ベートーヴェン:交響曲第7,2番,他 『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』2015年のベト2と、「マエストロ・オザワ 80歳バースデー・コンサート」での合唱幻想曲 、翌2016年のベト7のライヴ映像が収録されています。 ローチケHMV|1日前
  • マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響/マーラー:交響曲第5番 各々の楽器によるフレーズの歌わせ方、テンポ、デュナーミクに至るまで、もう一度スコアを見たくなるような驚きに満ちています。スコアを深く丁寧に読み込み、一つ一つの音を大切に奏でることで生まれた完成度の高い演奏です。SACD Hybrid盤は日本だけの販売となります。(輸入元情報) ローチケHMV|1日前
  • エールハルト&ラルテ・デル・モンド/オルドネツ:交響曲集 オルドネスの作風は実験的でもあり、洗練されたサイケデリックな統一性をもった斬新的なもので、非常に独特で独創的なものです。ラルテ・デル・モンドの演奏は、作曲家の優れた資質を表現することに成功しています。 ローチケHMV|1日前
  • セルゲイ・クーセヴィツキーの芸術(40CD) このボックスは、1929年から1950年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、EMI、SONYへの録音とライヴ音源から構成される大規模で興味深い内容となっています。 ローチケHMV|3日前
  • エーリヒ・ラインスドルフの芸術(40CD) このボックスは、1946年から1966年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、ウエストミンスター、EMI、SONYへの録音と、ライヴ音源から構成される興味深い内容となっており、ステレオ録音も多数含まれています。 ローチケHMV|3日前
  • ボルトン/ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番) スクロヴァチェフスキ、ヤングに次ぐ「OEHMSレーベル ブルックナー・ツィクルス」の第3集はイギリスの指揮者アイヴァー・ボルトンが指揮したザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏。 ローチケHMV|4日前

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト