トップ > My ページ > まころん さんのレビュー一覧

まころん さんのレビュー一覧 

検索結果:14件中1件から14件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/30

    選曲はいいが、音質最悪。クリスタルズのベスト盤をオススメします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/30

    衝撃のデビューから三年、円熟した味わい。名曲揃いだけど、サルタンは超えていない。ということで★4

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/05

    初期5枚がまとめて、この価格は魅力的です。
    トニーリピューマがプロデュースした1ー2枚目が最高ですが、5枚目ニューヨークヤンキース好きにはたまりません。
    紙ジャケットはお世辞にもよいとは言えませんが、元々LPもシングルジャケットでしたから。ただジャケットのフレーム・カラーが少し違和感あり。
    CDレーベルは、WB椰子の木を再現してほしかったけど、このシリーズには期待しても無理というもの。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/23

    ジョン・クレマー80年の意欲作。当時LPでよく聞きました。
    サンバフレーバーの今で言うスロージャズです。
    当時はクロスオーバー/フュージョンと言っていました。
    朝のBGMにピッタリです。
    クレマーのsaxは歌えます(笑)。3など日本語の歌詞が乗ります。
    自ら作詞して歌ってみるといった遊びできます。
    是非、お試しください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/11

    とてもトリオの音とは思えないクオーターマス唯一のアルバム。メンバーは、後にブランドXに加わるピーター・ロビンソンkyb、ギランバンドのジョン・ガスタフソンbと、ミックアンダーウッドds。技巧派です。ハードロックから、プログレまで多彩ですが、逆にこの多彩さが短命に終わったかも。
    Aがやりたくてデープパープルを脱退したリッチー・ブラックモア。前座バンドのエルフとでなく、このメンバーで聞きたかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/19

    エレクトラ時代の名盤。78年作。絶頂期です。
    前作アトランティックからの「私の肖像」も評価高いですが、やはりこちらが上。
    Aは、デビット・Tのギターとともにスタートした後、ボビー・ライルのエレピとの絡み、後半からは・・・・もう堪りません。
    エルトンジョン作Cは、ドスの利いた歌声がハートに刺さり込みます。
    ラストIは、チックコリアの万華鏡のようなオルゴールに包まれて、ララバイ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/01

    マクドナルドほどソウルフルではなく、甘いポップスに料理されたデビュー盤。
    70年代終盤の発売当時は輸入版で火が付き、@はボビーコールドウェル「スペシャル・ツウー・ミー」とともに愛聴されたAOR代表曲。2枚目はロック寄りに。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/01

    グランドファンクの2枚目。前作に増してハードさ全開。Gは「孤独の叫び」9分間のトリップ。発売当時、表裏をつかいシングル・カットされた記憶があります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/01

    これぞアメリカン・ハードロック。ぐいぐい押しまくる快感。伝説の雨の中の野外コンサート見たかったなー。Fは井上陽水「傘がない」が歌えます、ほんとに。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/01

    今更ですが、ブリティッシュ・ハードロックの名盤の一枚。リッチーのアドリブにバロックを感じたり、ジョンロードのキーボードに賛美歌があったり、いろいろと楽しめます。様式美という評論家もいますが、70年台当時は、訳わからずギターコピーにのめり込んだものです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/27

    レーベル移籍に伴い原点帰り。前作から一転、シンプルなタイトルだが、マルチな才能が全開。四面に囲まれないと落ち着かないJT。リンダとのデュエット泣かせます。元妻カーリーの強さが目立ちます。ハンディマンって、慰め男?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/27

    名曲揃いです。レイのこだわりが絶品です。
    サザン80年代名曲の元ネタここにあり。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/26

    キャロルの歌はニューヨークの溜息か。音域は狭いけどハスキーな声は心に染入るワインをよう。メリサ・マンチェスター、ブルース・ロバーツ等との作曲陣とのコラボレーションは抜群。バックミュージシャンも最高。恋する女の歌、是非一度ご賞味あれ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/12/26

    ランディといえば、これ。バック陣もドングルーシンを始め一流ミュージシャン揃えの鉄壁状態。もう言うことありません。オリジナル発表が1979年で、ディスコミュージック全盛の頃。このスローバラード中心の選曲にしびれた記憶があります。その後、ランディはテレビ主題歌で80年台ヒット曲を出しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:14件中1件から14件まで表示