トップ > My ページ > こまきの さんのレビュー一覧

こまきの さんのレビュー一覧 

検索結果:175件中91件から105件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/12

    順を遡ってアルバムを聴くと、音楽性は後付けっぽく感じた。でも今作は好きで、詩もよりストレートだし、音もヘヴィ。歌い方が気になる時があるけど、それは「外」から見た方が個性として武器になるのかな?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/11

    初めは凄くカッコイイ、チョット無い感じのBandとして愛してた。その内このハーフのヴォーカリストの書く歌詞が一々当てハマる様な感覚を覚えて…。彼はバンドの事を歌ってた?俺はその時好きな人がいたな…

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/10

    遂に磨き上げたサウンドのアルバムが出た。いつものボロい音じゃない。耳にひたすら心地良い美しいアルバム。どこまでも醒めた透明感に溢れた音楽。それは何とも言えず圧倒的。ずっと身を委ねていたい。でも本人等の冷めっぷりは大嫌い。ライブ、何にもコなかったよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/10

    心を射抜く言葉、胸を突く言葉、痛い言葉、自分で歌うには躊躇われる言葉。それらをいつもよりやや暖かい眼差しとサウンドで届けられた。目を逸らしたい自分自身を突き付けられ、でも時々は見つめなきゃ何時までも弱いまま。俺の文じゃ伝わらないよな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/10

    先ず最初に謝ります。G.KAZ/B.Danny Lohner/Dr.Scott Garrett/mix.Sean Beavanとクレジットを知ったら手にとっていました。そして期待は裏切られませんでした。そういう入り方をお許し下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/07

    好き嫌いが今まで以上に別れるアルバム。最早何でもアリの曲展開は他の追随を許さずの様相。例外としてtr.1は割とラップロックの王道。個人的にチームFAKE?としてのバックの音圧がもう少し欲しかったかな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/07

    前作程詰め込んだ感が無く、パッと手に取り易い。朝聴くならコレですね。手は抜かず、けどどこか風通しのいい感触。特に好きなラスト曲のギター・アレンジ、コード感にはとても感動しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/06

    1st、年齢を考えたら確かに凄い。歌詞みると若く熱いよね。もう少し、凝ったものを省いて勢いに任せてもイイ位。普通なら逆な所を突かれると思うけど。器用貧乏な感じが3・4枚目まで作品を出し続けるとどうなるかな?期待です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/06

    ―叫ぶ必然があるのか?何かが自分の中にあれば、このアルバムは凄くいい。もし冷めた時聴いたら、タイトルトラックなんて失笑モノだろうね。ただデフトーンズが好きで買ってみたけど、結構好きになりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/05

    セールス・人気のピーク時期。メロウ・ヘヴィネス・打ち込み・ストリングスの交錯する盛大な大仰さとセンチメンタルの掛け合わせは実にスマパンらしい。長い間聴いているのにどこか把握しきれない深さ・デカさがある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/04

    メロディアスなのにベタベタにならない、乾いた感じ、ギミック無しの実力に裏付けられたプレイは最高。そして「Mother Mary」の3分に満たない曲の間に思わず感極まる。ウェットでエモ化するのは聴いた人自身?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/03

    ヤメトコウかなと思ったけどヤッパリ手を出してしまった。ニルヴァーナの名はヤバイんだ。実際は影響もある別バンド。個性はキチンとあるし、曲もいい。期待した程ラウドでは無かったけど(ライブは破天荒?)、慣れれば関係ない。曲調以上のテンション・ピークがスリリングです。声がイイんだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/03

    3枚の中では1番間口の広いアルバムだと思う。頭、真ん中、ラストとピークがあり、間の曲もテンションをキープするだけじゃ無く、聴く人それぞれのフェイバリットが見つけてると思う。何か、ガシガシしたプラスチックな音作りが気になるけどイイ曲はイイ曲。ラジカセが似合いそう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/02

    至近距離で身を切り裂きドロドロになり、何だかワケ分かんない物まみれでのし上がろうとしてる頃のマンソン。エフェクト控え目の、ロックンロール。2曲目頭からカマシタ歌詞で初心表明。闘争開始。でも時は経ち‥今のマンソンは何か残念。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2006/08/02

    若いっていいよな。でも今まで得たモノを失うのも嫌だな。イノセンスはCDを聴いて時々思い出そう。ワウペダルを踏むのもいいな、このアルバム並みにグワ〜ンと♪10最高!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:175件中91件から105件まで表示