トップ > My ページ > 犬がミケの一族 さんのレビュー一覧

犬がミケの一族 さんのレビュー一覧 

検索結果:10件中1件から10件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/22

    解散説などもあり、活動を休止していたジェイホークスの8年ぶりの新作は、マーク・オルソンが奇跡の復帰を果たした新たなる旅立ちのアルバムです。
    マークは、1995年に奥さん(ヴィクトリア・ウィリアムズ)の難病を支えるために、やむなくジェイホークスを脱退。
    その後、ソロ作品や奥さんとのユニットで活躍していましたが、2006年に離婚。
    離婚を機に、ジェイホークスのゲイリー・ルーリスとの交流が再び深まり、2008年には2人の名義でのアルバム『READY FOR THE FLOOD』を発売。
    2010年の暮れに、マークは正式にジェイホークスに復帰し、今回のニューアルバム発売となりました。

    今回の作品にはDVD付のデラックス盤もあり、そちらにはアルバム収録の3曲のリハーサルセッションと、マーク・オルソンが在籍していた若かりし日の「KING OF KINGS」、それに二人でのインタビューが収録されています。
    インタビューでの表情は二人とも終始笑みを浮かべており、かなり友好的に今回の復帰がなされたことが窺えます。

    中身の方は、ツインボーカルが戻ったことで当然のことながらコーラスに深みが増し、フィドルを多用することでサウンドそのものも層が増した印象を受けます。
    曲によっては、ビートルズ後期の原点回帰を目指した頃のサウンドと重なる部分もあります。

    バンドがどん底の状態にあったときに作った前作『RAINY DAY MUSIC』が、ある種、侘びと寂びの世界観を持つシンプルな傑作だったとすると、今作は、一度は人生に枯れた二人の男と3人の仲間が、紆余曲折の末に再び出会った15年間の軌跡と幸福を感じる傑作です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/17

    アナログレコードを買ったんですが、中にIDとパスワードが入っていて
    WebサイトからMP3で全曲取り込むことができます。
    日本盤に付いていたボーナストラック2曲も入っているので
    レコードの方がお得感があります。

    内容は相変わらずいいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/02/09

    ロックバンドとして必ず悩むのは、売れる方向で進めるべきなのか、好きな音楽性を貫くべきなのか。グレイプバインの好きなところは後者であること。たぶん悩める時代もあったと思いますが、近年のアルバムには「好きなロック」を貫く姿勢が見られ、特に今作は歌そのものよりも、長めに引っ張る間奏部分が秀逸です。これは田中くんも好きだと言っていたWilcoやPHISHといった、アメリカにおいてもコアなファン層を持つバンドの良い部分が色濃く反映されてのことかと思います。是非、洋楽ロックファンに聴いてもらいたい作品です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/21

    ドイツのhazelwoodというレーベルから届いた新譜です。
    内容は、オランダのBEAMという楽団(オーケストラ?)との共演で行った
    今年4月のヨーロッパツアーからの音源。

    もともとは宅録メインですが、前作のジェイソン・フォークナー起用に続く異色のコラボといった感じでしょうか?
    アヴァンギャルドなオーケストラに包まれ、比類なき名盤に仕上がっています。
    (ここ数年作品と比べても突出したデキです♪)

    加えて今回は、過去の発表曲もリメイクしているので
    コアなファンは聞き比べても楽しいです。


    本人は至ってマイペースなんでしょうけど
    マネージャーさんとか周囲の人が
    いろいろと試行錯誤してくれてるんでしょうね♪

    驚きました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/10/21

    世界限定500枚ということで購入してみましたが、500人も買う人がいれば上々な感じの作品でした。元来はポップ職人ですが、今作品は音楽というよりも音響といった感じです。パッケージも、長方形の厚紙にCDをはさめているだけ・・・。唯一、コレクター魂をそそるのはジャケ裏に直筆でシリアルナンバーとサインが入れられています。もう聴かないだろうし、高い買い物ではありましたが、コレクターとしては珍しさも加えて持っておきたい作品ではあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/24

    今回はギターとボーカルだけの弾き語り。高級食材を塩味だけでいただいたようなアルバムです。うまいものは少量だけ味わった方がいいように、全7曲ってのも腹八分目でいい感じ♪声もここまで出るとものすごい武器になりますね。特にA、Fでの声の伸び・張りは秀逸です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/01

    普通のかっぱえびせんが一番うまいのに
    毎年変わった味のえびせんが登場する
    でも結局
    えびせんはえびせん

    ダニエル・ジョンストンも同様
    ジェイソン・フォークナーの色で染めてはみたものの
    味わえば味わうほどに
    やはりダニエル・ジョンストンは世界に一つなのだ。

    たまにはこういう雰囲気のアルバムを出すのも
    彼の創作意欲を掻き立てるためには必要なんでしょうね

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/28

    ジュリアン・レノン久々の新曲は、ビートルズの名曲「LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS」のもととなった彼の保育園の同級生ルーシーが亡くなったことに対する追悼曲。もっとバラードになっているのかと思ったら、案外ポールよりなポップソングでした。カップリングの「BEAUTIFUL」という曲の方がしんみりしてていいかも?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/27

    16年ぶりのまさかの新作。ブランクを感じさせない内容です。
    歳をとって声が落ち着いたせいか、以前にも増してクラシカルな演奏にマッチしています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/06

    ディラン=クリスマス?
    最初はどうかな?と思って買いましたが
    思った以上に傑作です。

    歌詞もしっかり聞き取れるように歌ってるし
    枯れた声がクリスマスの雰囲気に
    事のほかマッチしてます。

    神様ディランが
    長い芸暦の末
    満を持して出したアルバムなのでは?
    疑ってすみませんでした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:10件中1件から10件まで表示