トップ > 音楽CD・DVD > ロック > Arti / Mestieri > Tilt <Blu-spec CD2/紙ジャケット>

Arti / Mestieri

Blu-spec CD 2 Tilt <Blu-spec CD2/紙ジャケット>

Tilt <Blu-spec CD2/紙ジャケット>

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (5 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:6件中1件から6件まで表示

  • ★★★★★ 

    マテラッツィ  |  頭突き喰らい  |  不明  |  2007年04月12日

    あれ、ろくに期間も開けずに¥300以上高い紙ジャケットが他社から出たということは何か利点があるのだろうか......。ともあれ、こんどのシリーズにBELLA BANDが加わったのは嬉しいかぎり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ザナドゥ2112  |  熊本県  |  不明  |  2006年05月06日

    久々に聴いたが、コレが30年前の作品なんて凄すぎ!!フリオ・キリコの手数の多いドラミングは聴く単びにアッパレと思ってしまう。ビリーコブハムを思い出したり。フリーフォームのジャズロック的だったり、メロトロン、ヴァイオリンそれに哀愁さえ感じるメロディーがプログレ的だったりでこれぞ最高水準のイタリアン・ロック!!必聴盤☆

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ジャーマン元帥  |  ユーロ  |  不明  |  2006年01月31日

    近日C3というユニットで来日予定の世界最速ドラマー、フリオ・キリコのテクニック云々で語られることが多いバンドだが、ぜひ楽曲の抜群さにも着目して欲しい。いまだにマッチョなお兄さん風貌のキリコ、だのに本アルバムは発表から三十年以上を経ているので当時のフリオ青年は神がかっていたとしか思われない。枠をはみ出したアレアやマグマを除くジャズロック・フィールドのバンドのなかではザオとともに世界最高峰。次作はさらに飛躍!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    アレアのジャケ人形  |  埼玉  |  不明  |  2005年06月21日

    ドラムとメロトロン(もちろん他の楽器も)の疾走感がたまらない1st。隙間なしの演奏にしんみりした叙情が寄り添っていて聴き手を飽きさせない磁力がある。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ゲルマン大帝  |  不明  |  2003年06月19日

    再び感動。ヤバい。特にM7「華氏」にやられた。70年代Crimsonの各作品に築かれた音がアルバム随所で聞こえる(Crimsonファンには面白い印象かもしれん)。イタリアン・ロック史上5本の指に入るであろう大名盤。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ゲルマン大帝  |  不明  |  2003年05月14日

    完成されたジャズ・ロックなのは間違いない。Mellotronを多様しているあたりが初期Crimsonからの影響だとか(根拠は無いが)。saxとviolinがメロディーを引っ張っていったり、kyが的を射れば、次作で完全熟成するFurio Chirico(元TRIP)によるdrumsがジャズを強く引き立てる。見事な作風

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示