トップ > 音楽CD・DVD > ロック > David Sylvian > Secrets Of The Beehive デラックスエディション (180グラム重量盤レコード/4thアルバム)

David Sylvian

LPレコード Secrets Of The Beehive デラックスエディション (180グラム重量盤レコード/4thアルバム)

Secrets Of The Beehive デラックスエディション (180グラム重量盤レコード/4thアルバム)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (14 件)
  • ★★★★☆ 
    (2 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:16件中1件から15件まで表示

  • ★★★★☆ 

    WEATHER BOX  |  東京都  |  不明  |  2009年09月05日

    本作の初出国内盤LPでは、確か半透明の美しい帯が付いていた。輸入盤との差別化を図る為にも、せっかく紙ジャケ化するのなら徹底的に復刻すべきなのに、ストレンジ・デイズが製作協力していながら至極残念。 本盤ボーナス曲「Promise」は当時日本盤CDのみの収録で、5枚組「Weatherbox」にも未収録、輸入盤CDは何故か「Forbidden colours」(Red guitarのB面再録ヴァージョン)を収録していた。本作から漏れた名曲「Ride」はその後「Everything & Nothing」に収録されようやく陽の目を見る事になる。 「Brilliant trees」もそうだが、非常に完成度が高く、元の収録時間が40分前後ときているので何の中ダルみも無くあっという間に1枚通して聴けてしまう。だからこそボーナス曲として未CD化の「Blue of noon」(坂本龍一のジャジーピアノが魅力的なLet the happiness inのB面インスト)も是非収録すべきだ。 本作発表後、デヴィッドはスティーブ・リチャードらを従えソロとして初のIn praise of shamansツアーに出る。当初、Virginはこのライブ盤をリリースするつもりだったという(デヴィッドが却下しホルガー・シューカイとのコラボに突入)。ブートで東京公演の音源を聴く事ができるが、もしこのライブ盤になる筈だった音源が残存しているのならフルセットでオフィシャル発売して欲しい。もうデヴィッドはvirginを離れてしまい、それを拒む事はできないのだから…。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かずぼう  |  東京  |  不明  |  2008年07月18日

    若い頃聴き倒したこのアルバム、全く合わないと思われるでしょうけど、日本の真夏の田舎道を、歩くなり車を走らせるなりして聴くと「いっちゃい」ます。アーティスト自身の考えた世界が、見事に音表現に結びついた稀有なアルバムでやんす。この時デヴィシルは頂点に達したのです。その後は惰性で聞いてますけど、やはり、この人のピークはこれです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    shadow  |  osaka  |  不明  |  2008年02月10日

    JAPANのライブDVDを観て改めて彼の声を聴きたくなり買いました。彼のソロ活動は1stアルバム以降、全く聴いていませんでしたが相変わらず独自性を持った感性を貫いており重厚な音楽は健在です。暗いと思う方は多いと思いますが、目を閉じてじっくり聴いて感じ取ってもらえれば良さが理解できると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Prttiest Star  |  福岡県  |  不明  |  2007年05月13日

    David Sylvanの声が、世界中で一番好きということを、再確信させてくれた作品。もう二度と離れない・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    プラトニック2号nao  |  不明  |  2007年03月26日

    やたらと気持ちいいのでよく聴きます。これからも聴き続けると思う一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    晋作  |  鳥取県  |  不明  |  2006年02月18日

    彼の作品群で一番聴いてきたアルバムニこの静なる世界観は絶対的です。シンプルなサウンドなのに奥深い〜温かいウッドベースに支えられながらピアノや管楽器、弦楽器の展開は室内楽曲をも超越してます負i遠に聴き続けていくであろうアルバムですク

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    MUSUKA  |  北海道  |  不明  |  2005年12月11日

    月並みな表現だが静かに味が出て来るアルバムです。1stと共に賞味期限無し。多分ね。彼の作品のアートワークも何時も良いなと感じマス。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    zerotonine  |  Osaka  |  不明  |  2005年10月21日

    とても綺麗で重厚な世界。聴くたびに惹きつけられていくようなアルバムですね。たしかラルクアンシエルのhydeくんもフェイヴァリットに挙げてたかな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ollie  |  相模原  |  不明  |  2005年03月28日

    ロック史に輝く名盤!と思っています。この世界観がたまりません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    すばこのひみつ  |  tokyo  |  不明  |  2005年03月17日

    このアルバムの場合、きっと、シルヴィアンは最初〜終曲までの流れがパっとひらめくように出来上がってしまった--これ以上は無いという『調和の音楽』。作品としての完成度でこれを越えるシルヴィアンは他にありません。そして、それが少しも窮屈な音楽ではない。1stと本作は絶対的な価値をこれからも持ち続けるでしょう

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヨシヨシダ  |  東京  |  不明  |  2003年09月18日

    坂本龍一が全面参加しているので、坂本ファンでシルヴィアンを知らない人にはこれを足掛かりにしてもらいたい。  シルヴィアン本人もベストと認める出来栄えです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    stereo  |  東京  |  不明  |  2003年01月05日

    ものすごくいい! 大げさでもなく、はやりに走らず、 彼の特徴がよく出てるし、楽曲もすごくいいと思う。静寂とオルタナ的なポップ感覚がうまく融合していて、BGMにもgood!!です!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    H.Hiroshi  |  千葉県  |  不明  |  2002年04月21日

    前作から一転、一気にローテクなサウンドになった感じ、しかしそこには、高原を歩いているような錯覚に捉えられるような安らぎを覚えるような作品

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Unqle  |  不明  |  2002年01月22日

    初めて聞いた時はこのまんま(静か過ぎる)終わっちゃったよ!と思ったけどすごくいい!よすぎて聞いてると眠くなる

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    boochan  |  新潟  |  不明  |  2001年09月20日

    シルヴィアンの最高傑作です。JAPANとは違った意味での欧州美学を感じさせます。坂本龍一氏とのコンビネーションも最高です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:16件中1件から15件まで表示