トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 歌劇『マクベス』全曲 カプッチッリ、ヴァ−レット、ギャウロフ、ドミンゴ、他 アバド&ミラノ・スカラ座

ヴェルディ(1813-1901)

CD 歌劇『マクベス』全曲 カプッチッリ、ヴァ−レット、ギャウロフ、ドミンゴ、他 アバド&ミラノ・スカラ座

歌劇『マクベス』全曲 カプッチッリ、ヴァ−レット、ギャウロフ、ドミンゴ、他 アバド&ミラノ・スカラ座

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    アルマヴィーヴァ公爵  |  兵庫県  |  不明  |  2013年05月19日

    不滅の『マクベス』である。ウィーン国立オペラで1999年に初めて『マクベス』を聴いた。タイトルロールはヌッチ。帰国直後にこのCDを購入して聴き、自分がつい先日目の当たりにした実演に勝るとも劣らない感動を受けた。ヴァーレットの夫人をカラスの夫人と比較して劣るという感想もあるかもしれない。しかし、私にとってはその邪悪さを表現してあまりあるのはヴァーレットの方だ。もちろんカプッチッリのマクベスも完璧。ギャウロフ・ドミンゴも格調高く歌い上げてすばらしい。バグパイプの音色を模したという序曲冒頭から緊張感が並ではなく、指揮・オーケストラも文句の付けようがない。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    鉄血桃太郎  |  山梨県  |  不明  |  2011年02月10日

    陰謀と流血の暗いドラマだが、プーシュキンの「ボリス・ゴドノフ」のヒントとなり、黒澤明の「蜘蛛の巣城」の原作にもなった。一気呵成に突き進む王位簒奪者の悲劇は多くの人々を惹きつけてやまないものがあるのだろう。ヴェルディ・バリトンの第一人者だったカプッチッリとヴァーレットの名唱、若きアバドの指揮もすばらしい。 ただヴァーレットがマクベスからの手紙を朗読するところは、残念ながら発音がかなり非イタリア人であった。イタリア語は母音の発音がわりと単純だが、それでもネイティヴにはそれなりのものがあるということだろう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こもんせんす  |  茨城県  |  不明  |  2010年08月24日

    アバドが期待通り隙なくスカラ座と大歌手達を纏めていて安心して聞ける優秀盤です。ただし、マクベス夫人だけはどうしてもカラスと比べてしまう。そこで僕は、この盤とカラス盤をハイブリッドして聞いてしまいます。カラス盤のオケと合唱の音に欲求不満がたまったらこちらを聞くんです。変なレビュですいません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    こもんせんす  |  茨城県  |  不明  |  2010年08月24日

    アバドが期待通り隙なくスカラ座と大歌手達を纏めていて安心して聞ける優秀盤です。ただし、マクベス夫人だけはどうしてもカラスと比べてしまう。そこで僕は、この盤とカラス盤をハイブリッドして聞いてしまいます。カラス盤のオケと合唱の音に欲求不満がたまったらこちらを聞くんです。変なレビュですいません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2010年08月11日

    原作はもちろんシェークスピアの戯曲から取られており、オペラの台本としてもよく出来ている。 歌劇につきものの恋愛物語がなく。美しい愛のアリアもないために地味な作品かもしれないが、権力に対する興味深いドラマだ。 第一幕の荒れ地の導入部や第三幕の荒れ地の音楽は晩年の歌劇『オテロ』を思わせる所がある。 マクベス夫人のヴォーカル・パートで手紙を読むところなど歌うのでなくまさに読むようにリアルな(歌唱的でなく演劇的な)作曲がされている。 しかしヴェルディはなぜマクベス夫人をメゾ・ソプラノのために書かなかったのだろうか? 役柄的にはいかにもメゾ・ソプラノなのに。 極端なはなしアルトでもいいのに。そうしてしまうと音楽的に地味すぎるし歌手が少ないのかもしれないが・・・。 第二幕でバンクォーが歌うシェーナがギャウロフの立派な歌唱とあいまって素晴らしい。 第二幕のフィナーレ、宴会のなかマクベスが亡霊を目にして罪が露見する場面は、宴会という楽しみと殺人という恐怖の心理の全く異なる二つのものを対比させていて、ドラマとしてよく出来ていて面白い。 第三幕の主役は魔女達で、マクベスもマクベス夫人も結局は魔女の言葉を勝手に自分の都合のいいように受けとり、運命を無理やりに変えようともがいて悲劇を生んでいく。 他の歌劇にはないもっとも独特の場面だ。 第三幕のバレエ音楽もなかなかいい。 第4幕はマクベスといい、マクダフといい、しみじみ聴かせるいいアリアがある。 第4幕の戦争の場面ではフーガ(カノン?)が出てきてヴェルディらしからぬというかヴェルディの意欲が感じられて面白い。 フィナーレで平和のおとずれを歌う所もいい音楽がついている。 アバトとスカラ座による演奏も引き締まっていてとてもいい。 そしてなによりタイトルロールを歌うカプッチッリが実に立派だ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    paxdomini  |  京都府  |  不明  |  2009年05月25日

    LP時代に聞き込んでいたので、CDになってからはシノーポリ盤とムーティ盤を持っていました。シノーポリ盤はザンピエーリがもう一つなのであまり聞いていませんが、やはりこのアッバード盤とムーティ盤は最高です。今回のグラモフォン・スカラ座セットで久しぶりに聞きました。ヴァーレットは嫌いという人が多いですが、私はこの人のこの録音が大好きで、乾杯の歌やら狂乱の場はコッソットに引けを取らない素晴らしい歌です。勿論カップッチルリやギャウロフは言うに及ばずの素晴らしさです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    オペラかじり虫  |  西宮市  |  不明  |  2009年01月02日

    やはりカップッチッリは大歌手だった! これは代表作。ところで、このDG録音も名盤ですが、今や1つ傘の下ならば、DECCA録音をないがしろにしてはなりません。録音に余り恵まれなかった名バリトン、ジュゼッペ・タッデイの代表作、そしてスカラ座でも大評判だったニルソンの夫人、シッパーズ指揮の録音は、今聴いても素晴らしいDECCAサウンドです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示