トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > モーツァルト(1756-1791) > 交響曲第36番『リンツ』、第38番『プラハ』、6つのレントラー風舞曲 チェリビダッケ&スウェーデン放送響

モーツァルト(1756-1791)

CD 交響曲第36番『リンツ』、第38番『プラハ』、6つのレントラー風舞曲 チェリビダッケ&スウェーデン放送響

交響曲第36番『リンツ』、第38番『プラハ』、6つのレントラー風舞曲 チェリビダッケ&スウェーデン放送響

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2016年05月10日

    チェリビダッケはモーツアルトを”サラダ”と、言っていたらしいが、どうしてどうして、私がこれまで耳にすることが出来たチェリさんのモーツアルトの演奏は、EMI、ミュンヘンとの40番を始め、シュトットガルトのジュピター(FMエアチェック)、やはり、スェーデン放送響とのジュピター(You tube映像)等、どれも素晴らしいものばかりだった。そして、このリンツ、プラハ、レントラ―も。響きが柔らかくて、透明、流れを重視しレガート気味、北欧のオケらしい。重くなく、びっくりするような強奏もなし。テンポは普通の人並か速い位。だけど、そこは、やっぱりチェリ、独特の工夫、キレ、細やかさが或る。アーベントロートやシューリヒト、往年のこの時代以前の巨匠の演奏を参考にしつつ(?)、自らの音楽観とオーケストラの特徴を活かした見事なモーツアルト。私の大好きなプラハに、又、若々しい名演、加わる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示