トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 『ドン・カルロ』5幕版全曲 カルロ・マリア・ジュリーニ&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ドミンゴ、カバリエ、他(1970 ステレオ)(3CD)

ヴェルディ(1813-1901)

CD 『ドン・カルロ』5幕版全曲 カルロ・マリア・ジュリーニ&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ドミンゴ、カバリエ、他(1970 ステレオ)(3CD)

『ドン・カルロ』5幕版全曲 カルロ・マリア・ジュリーニ&コヴェント・ガーデン王立歌劇場、ドミンゴ、カバリエ、他(1970 ステレオ)(3CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★★★ 

    古き良き時代  |  大阪府  |  不明  |  2018年10月31日

    ただでさえヴェルディ作品中で最も重い作品を、ジュリーニのゆったりテンポの重厚な演奏ですから、聴くのが疲れます。しかし、この作品には、その疲れが必要です。DG移動前のジュリーニ最高の名演。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2012年04月04日

    70年?のセッション録音だが、58年のライヴ同様、旋律を大事にした遅いテンポ運びで雄大な演奏になっている。5幕版のうえテンポが遅いのでかなり長いのだが、重厚な響きと丁寧な音楽運びは飽きさせない。58年ライヴの方が歌手の白熱ぶりも相まって面白いが、長く聴くならこちらの方かも。ドミンゴ、カバリエ、ミルンズ、ヴァーレット、R.ライモンディという粒ぞろいのスターを擁しても、歌手が競い合うよりも響きやドラマの流れを重視している。とりわけカバリエの声の魅力とライモンディの表現力は印象に残る。欲をいえば、この当時のEMIらしく、響きの全体を捉えるあまり、各パートの音の分離が悪い録音なのが惜しまれる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2012年04月01日

    70年?のセッション録音だが、58年のライヴ同様、旋律を大事にした遅いテンポ運びで雄大な演奏になっている。58年ライヴの方が歌手の白熱ぶりも相まって面白いが、長く聴くならこちらの方か。ドミンゴ、カバリエ、ミルンズ、ヴァーレット、R.ライモンディというスターを擁しても、歌手が競い合うよりも響きやドラマの流れを重視している。とりわけカバリエの声の魅力とライモンディの表現力は印象に残る。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ユローヂィヴィ  |  大阪府  |  不明  |  2011年11月09日

    ヴェルディの傑作の一つ。 音楽がとにかく素晴らしい。 名盤だけに国内版の発売を望む。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ぽっちゃま  |  大阪府  |  不明  |  2009年11月07日

    録音は古いのに、音の質の高さには驚きです。ドミンゴのドン・カルロはフランス語の5幕版のアバド・ミラノも好きですが、こちらのドミンゴは若々しく、役にぴったりの良さを感じられます。ただし、ジュリーニの指揮は、アバドやムーティに比べて、ところどころで極端にテンポを変えており、若干気になります。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    Flandre  |  東京都  |  不明  |  2009年05月19日

    ドミンゴ一人が表紙に写っている以前のCDは、第2幕のカルロとエリザベッタの二重唱の途中で盤を替えねばならないので最悪だった。すぐ買い換えた。ただ、この主役5人はことごとく気に入らない。フレージングが滑らかで、声が上から下まで出るだけが取り柄のドミンゴやミルンズ、ヴァーレット。声が若すぎて間違っても老王に聞こえないライモンディ。カバリエは前述の二重奏の最後で、オケに負けていない唯一のソプラノなので、消極的プラス評価。それでも、2度CDを買ったのは、ジュリーニの指揮が素晴らしいから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ナブッコ  |  奈良県香芝市  |  不明  |  2005年01月01日

    壮大なスケールのこの作品は、聴き所がありすぎて気が抜けません。ジュリーニの指揮はすばらしく、最高峰の名演と思われます。ドミンゴ、カバリエ、ミルンズ、ライモンディなど錚々たる歌手を起用し、しかも彼らすべてが文句のつけようのないほどの熱演ぶりです。特にドミンゴはそのドラマチックな声を遺憾なく発揮し、聴く者をこの作品の中に引き込んでくれます。聴くほどに感動できる、まさに名盤中の名盤です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Jin  |  横浜市  |  不明  |  2003年12月16日

    このドン・カルロスはジュリーニの録音の中でも屈指の輝かしい演奏だ。コベントガーデンのオーケストラがこれほど雄弁にヴェルディの音を噴出するとは思わなかった。また、この録音は歌手の出来にばらつきがなく、最初から最後まで楽しめた。この録音が良い音質で再発売されたことを心から喜びたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示