ジョージ・オーウェル

本 一九八四年 ハヤカワepi文庫

一九八四年 ハヤカワepi文庫

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    はえとりぐさ  |  東京都  |  不明  |  2012年12月30日

    オーウェルの代表作。非難の色が強く、オーウェルがどのように社会主義の堕落を見ていたかがよくわかる作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    サニーデイズ  |  千葉県  |  不明  |  2009年12月16日

    ジョージ・オーウェルの代表作。ハヤカワでの新訳は、やたらとかみ砕いた表現が多くなる傾向があるので、個人的には好きではない。古典は古典らしくかたい表現で読み継がれていくことも必要なのでは?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示