シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

CD 管弦楽作品集 ジンマン(7CD)

管弦楽作品集 ジンマン(7CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:29件中16件から29件まで表示

  • ★★★★★ 

    たけちゃん  |  福島県  |  不明  |  2006年01月11日

    従来のカラヤン等の演奏に比すれば量感不足との声もあろうが、特別音が「スカスカ」という印象は受けない。私には充分満足のいく楽しめる演奏でした。何より音の洪水に埋もれて寝てしまうということがない。洗練されたスタイリッシュな素晴らしいR.シュトラウス演奏だと思う。内容からすればコストパフォーマンス最高のセットと言えるでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    七海耀  |  さいたま市  |  不明  |  2005年10月04日

    私はカラヤンのR.シュトラウス管弦楽録音は好かない。ハイティンク、ケンペのほうが好きだ。このセットで良いのは、「家庭交響曲」と「四つの最後の歌」である。「英雄の生涯」も悪くない。他のは、ちょっと量感不足という気がする。特に「アルプス」が苦しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    nobu  |  Aichi  |  不明  |  2005年07月18日

    相変わらずスカスカの空疎な音の羅列。無意味な演奏。カラヤンやショルティの演奏から入るのが王道です。S.S Okayamaみたいな下品な評を鵜呑みにしてはいけません。(笑)

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    北の火薬庫  |  北海道  |  不明  |  2004年11月29日

     諸氏の意見に従いケンペ盤も求めてみました。指揮者の主体的な音楽への取り組みの差は歴然としています。ジンマンのすっきりした演奏のあとケンペを聞くとフレーズの表情の違いに唖然とさせられます。2セットで聞くとRシュトラウスが良く理解できると思います。カラヤン、ショルティ、メータから入ってはいけません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    北の火薬庫  |  北海道  |  不明  |  2004年03月29日

    S.S Okayamaさんの表現は、この全集の特徴を言い得ていると思います。私は、何を隠そうカラヤンのEMI盤のためにR・シュトラウスに入れなかった人間です。あまりに豊穣な響きに埋もれてしまうと、音の流れがわからなくて、寝てしまっていたのです。この演奏は、初心者でも十分楽しめると思います。たしかにすっきりして見通しがいい反面、「ちょっと寂しい」との評も当たっています。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    S.S  |  Okayama  |  不明  |  2004年03月09日

    一言で言えば、薄っぺらな演奏。R・シュトラウスの音楽は、、後期ロマン派の匂い、モーツァルトへの憧憬、無調音の試み等が、ない交ぜになったおもちゃ箱のようなものであると思う。この演奏は、そういった部分を、あえて避けているのか、R・シュトラウス特有の風味があまり感じられない。まあ、カラヤンやショルティのようにひたすら、煩く下品な演奏に比べれば、遥かに聴けるが・・・ R・シュトラウスが苦手な人にはよいのかも・・・

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    サルゲッチュ  |  足立区  |  不明  |  2003年10月31日

    私は、オペラのR.シュトラウスは好きでも、コンサートホールのR.シュトラウスは好きではありませんでした。というか、すぐ寝てしまうのです。CDの一連の交響詩もフルヴェンのドン・ファンとティル以外は、ダメでした。オペラの魅力が、管弦楽などの作品で味わえたらいいのにと、いつも思ってました。でも、このジンマンの演奏は音楽の流れの筋道がはっきりしていて結構というか、こんな私にも、ちゃんと、聴ける音楽になっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    デーブ  |  仙台  |  不明  |  2003年10月30日

    ジンマンのR.シュトラウスの、つぎつぎと繰り出される録音を買わないで待っていたので、7枚組みがこの値段というのは朗報です。私はドンキホーテが気に入りました。斬新性よりもオーソドックスさが感じられる演奏で、わたしにはとっつきやすく思われました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クラシック大好き  |  福岡県  |  不明  |  2003年10月04日

    ジンマンを聴くのはこのディスクが初めてでしたが、意外とオーソドックスな表現をしているのにはちょっと驚きました。R.シュトラウスというと、私はすぐ「カラヤン」と思ってしまうのですが、こういう見通しのいいR.シュトラウスもいいと思います。なにしろ、価格が安い!絶対買いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    都電  |  東京  |  不明  |  2003年09月17日

    ここでのジンマンにはベートーヴェン全集の時のような革新性、エネルギーは見られない。オケの統率力も甘く、レベルの低さを露呈してしまっている。名演名盤のケンペの全集が安く入手できるのだから、ジンマン盤はファン・マニア向けの位置づけに過ぎない。(演奏を考慮するとケンペ盤に比し割安感はない。PRの割に売れ行きもイマイチのようだ。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Y&Y  |  PARIS  |  不明  |  2003年09月14日

    この値段で、この録音、そしてこのすっきりとしたStraussの演奏にけちをつける者はまずいまい。とにかく買。いままでのかったるい演奏で、Straussを誤解してきらいになっている人には特におすすめ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    U-CHAN  |  Kumamoto  |  不明  |  2003年09月14日

    期待したほどではなかった。 録音が少し篭った感じがするのはいただけない。しかも、その録音のせいか、弦楽器が曲によって、ひどく薄く聴こえる。個人的にはシュトラウスはケンペが好きなので、ジンマンの演奏はしっくりこなかったものの「ティル」が一番ジンマンらしく、面白く感じられた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nakajin  |  所沢市  |  不明  |  2003年09月14日

    Artenovaは、Naxosと並んでなじみのない作曲家や曲のしかも廉価盤の宝箱なのでいつも新譜は注目しています。このCDも早速購入し聴きましたが、ジンマン&トーンハレも快調そのもの。しかも録音も良く最近にないヒットです。値段も安い為ますますレギュラー盤から遠のいていきそうです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    サルゲッチュ  |  足立区  |  不明  |  2003年08月28日

    信じられないの一言です。既発の単品がかなりの評価を得ているジンマンのR・シュトラウスの作品集が、新譜で一枚あたり400円より、300円に近い値段なんて!もちろん、私は喜んで買わせて頂きます。ずいぶん聴きやすい演奏だそうですから、これをきっかけにR・シュトラウスファンが増えると良いですね。ブリリアントのショスタコ交響曲全集の時のように。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:29件中16件から29件まで表示