トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ブルーノ・ワルター/ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(77CD)

CD ブルーノ・ワルター/ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(77CD)

ブルーノ・ワルター/ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(77CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    wakei  |  千葉県  |  不明  |  2019年08月27日

     待ちに待った製品がやっと出たという感じだ。以前韓国ソニーが39枚組のセットを出したとき、本当にほしいのはコンプリートだと書いたら、賛同意見と共に、今のソニーはそんなことしないのではないか、というコメントがあったので、半ば諦めていたが、この長い期間は、リマスターのために必要だったのだということが、解説でわかる。ワルターのCDは音で散々批判されてきた。韓国ソニーのCDセットは、以前のものよりかなり音がよくなった気がしたが、今度は、ワルターが望んだような音になるのだろうか。早速注文した。とにかく期待したい。  私は子どものころ、まだ家にあるレコードがSPで、ワルターのウィーンフィルの演奏でクラシック音楽を聴き始めた。その後LPでもワルターが中心だった。ニューヨーク・フィルの第九を散々聞いたが、CD化されたその演奏は、記憶にある演奏とはかなり違っていて、とくに音の潤いが消えている。だから、晩年のステレオもそうだが、とくにニューヨーク・フィル時代のベートーヴェンとブラームスのリマスターに期待している。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    miya3732  |  香川県  |  不明  |  2019年08月24日

    待望久しい、ブルーノ・ワルターのCBSコンプリート・ボックスが発売になる。トスカニーニ、カラヤン、バーンスタイン、セル、ミュンシュ、数多の大指揮者のコンプリート・ボックスを購入する度に、なぜ、ワルターが出ないのかと、その都度渇望してきた。38枚組の中途半端なボックスや、作曲家別のミニボックス(モーツアルト、マーラー、ベートーベン)も全て買いましたが、失望感はつのるばかり。この上はリマスターの音質を期待しましょう。LP時代も、CDになってからも、再発売を重ねるたびに、高音のきつい落ち着きの無い音質が主流となっていました。ワルターの実演を聴かれた評論家の吉田秀和氏も、「ワルターの演奏はたっぷりした低音をベースに豊かに旋律を歌わせていた。」(ロサンゼルスフィルとの演奏)と書かれていました。初期のLPに聞かれた暖かくふくよかな音質が再現されることを期待して、即発注いたします。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示