CD Import

Bruno Walter : The Complete Columbia Album Collection (77CD)

User Review :5.0

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
19075923242
Number of Discs
:
77
Format
:
CD
Other
:
Limited,Import

Product Description

Limited 77 CD box set. He was Mahler's disciple and friend in Vienna before World War I, then went on to become one of the most illustrious conductors of the century. Accordingly, the recordings that Bruno Walter made for American Columbia between 1941 and 1961, the year before his death, have always enjoyed a special authoritative status. Sony Classical presents his entire Columbia Masterworks discography together for the first time in a single release of 77 CDs, with his complete stereo recordings on 31 CDs newly remastered from the original 2- and 3-track analogue tapes and 29 mono recordings remastered from the original analogue master discs and tapes using 24 bit / 192 kHz technology, presenting many early recordings for the first time on CD on Sony Classical. The set includes a hard-cover illustrated 200-page coffee-table book with an essay by Bruno Walter scholar Erik Ryding, photos and facsimiles from the New York Philharmonic archives, full discographical notes, work index and a Bruno Walter / Columbia discography, as well as 8 CDs with a collection of interviews and rehearsal excerpts.

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ワルターのソニーBOXはステレオ時代創世期...

投稿日:2021/03/20 (土)

ワルターのソニーBOXはステレオ時代創世期における至宝。 ベートーベンやマーラーの原点でもある。 カラヤン、バーンスタイン時代へと繋ぐ クラッシック音楽界の元祖ステレオ録音の申し子。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
<ワルター見直すべき!> 解説によると、...

投稿日:2021/03/04 (木)

<ワルター見直すべき!> 解説によると、今回のボックス発売に向け新たにリマスターされており、低域の音に厚みが増していると言う。過去のワルターCBSの音は中高音を強調、本品(マスターに収録された音源)は重心の低い落ち着いたサウンドとの事。本当にその通り、実に「演奏」と「音」のバランスが気持ち良い。私は今までワルターは優雅な曲目が多い「モーツァルト」や「ベートーベンの偶数番」「マーラー」が得意、「ベートーベンの奇数番」等はイマイチと感じていました。本品は優雅な演奏に低域が合わさり「旨口」のシンフォニーが出来上がっています、「ベートーベンの奇数番」も新たな発見があるでしょう。とはいえCD1-36は、いかんせん古い事も有り相応の音です。但し、モーツァルトだけは違います、凄いです。ワルターはモーツァルトの魂と演奏前に交信しているとの噂に納得です。そして、CD37以降は適度な低域に支えられた優雅な演奏に感動です。やはり、三大指揮者は伊達でない事が分かります、三人の中で最も長生きしたのも録音的に幸いしたのでしょう。歴史的名盤含有率が高く、所持CDと重なっていても手に入れる価値有りと言わせて貰います。

S七 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
モーツァルトっていいな、ベートーヴェンっ...

投稿日:2021/02/27 (土)

モーツァルトっていいな、ベートーヴェンっていいな、ブラームスっていいな、マーラーっていいな、そしてワルターっていいなと、実感させてくれるボックスです。ほとんど、それぞれ、モノラルもステレオもバラで持っていたのですが、セットになって改めて聴き直してみて、おおらかで、温かみのある音楽にじっくりと身と心ををゆだねることの喜びをしみじみとあじわっています。 いわゆるコンプリート・ボックスを所有するということについて、音楽に対する本来的な姿勢ではないのかもしれませんが、音楽を「物」としてコレクションする喜びというものも確かにあると思います。

hyogepi さん | 新潟県 | 不明

1

Recommend Items