HMVインタビュー:Warren G

2009年9月24日 (木)

interview

warren g

Warren Gオフィシャルインタビュー

若いアーティストたちは、今までオレやSnoop、Dreがどんな風にウエストに貢献してきたか、そういうみんなが知らない歴史をきっちり説明しているんだ。Warren GにSnoop、それからDre、オレらこそがウエストそのものなんだってことを。

--- 今回のアルバムに関してもっともチャレンジングだったことは?また、その狙いは達成されたのでしょうか?

チャレンジングだと思ったことは1つもないよ。さっきも言ったけど、チャレンジっていう言葉の響きからはプレッシャーを感じながら仕事をするってな感じを受けるけど、レコードを作る際にそういうプレッシャーとかを感じたことはないからね。ただ、(スタジオに)行って、レコードを作るだけなんだ。この仕事はもう15年もやってきてるから、曲作りをすることは自分にとって難しいことじゃないんだ。全く意味のない曲をやたらと作るアーティストが沢山いるけど、ちゃんと意味のある曲を作らなきゃならないと思う。観客を魅了するような自分自身に関するストーリーを楽曲を通じて伝えていかなきゃならないって思うんだ。日本のファンがオレを気に入ってくれたようにね。オレ自身に関するストーリーを楽曲にした結果できたのが「G Funk Era」だったんだ。だからオレは(スタジオに)行って、一生懸命仕事して最高のレコードを作るだけ。ウォッカ啜ったりしながらね(笑)。それからストリートと繋がってる連中とかがよくスタジオに来るんだけど、そういうヤツらにアルバムを聴いてもらって感想を聞くんだ。「いい感じだな(That’s alright)」とか「クールだぜ」とか「ドープだぜ」って言ってきたりするんだけど、彼らが「いい感じとかクール」って言ったらその楽曲は駄目ってことで、でも彼らが「ドープだ」とか「ヤバい(Banging)」って言ってきたらそのレコードはイケるってことなんだ。そんな風にいつもやってる。

--- 今さっきも少し話に出ましたが、今回のアルバムでポイントとなる曲のひとつは「West Is Back」だと思うのでうが、これはどういう意図でやっているのか改めて説明してください。

「West Is Back」はそのタイトルのまま「ウエストが戻ってきた」ってことなんだ。Warren Gが(シーンに)戻ってきたってこと。『Detox』がもうすぐリリースする予定だけど、そういう意味でもウエストのアーティストたちが、シーンがまた盛り上がるってことを意味してるんだ。Warren GとDr. Dreが新譜をドロップしてきたってことはウエスト(全体)がまた復活するってこと。Dreが『Detox』をドロップすると、多くのウエストコーストのアーティストたち、今まで陽の目を浴びられなかった連中とかね、そういうヤツらのために門戸が開かれると思うんだ。(音楽ファン)みんなの耳がウエストコーストに向けられるようになるはずだからね。オレはそういうことを言おうとしてるんだ。で、オレ自身もそういう(ムーブメントに)参加するつもりってことをね。で、若いアーティストたちは、今までオレやSnoop、Dreがどんな風にウエストに貢献してきたか、そういうみんなが知らない歴史をきっちり説明しているんだ。Warren GにSnoop、それからDre、オレらこそがウエストそのものなんだってことを。

--- 『Detox』の話題が出たので……Dreとは『Detox』に関する作業を一緒にやっていたりするんですか?

1年位前に彼のスタジオに行って色々とアイディアを提供したり、聴いてもらいたいレコードとかを持っていってそこからアイディアを練ったりする作業をしたことはあるけど、その後はスタジオに行ってないから、彼がレコードを完成する前にまた行けたらって思ってる。

--- 「100 Miles And Runnin’」という曲名はNWAを意識してのものですか?「West Is Back」でもNWAの名前が出ていたので気になりました。

いや、そういう訳じゃないんだ。NWAへのトリビュートっていう訳じゃなくて、ただ「100 Miles And Runnin’」っていうレコードを作りたかっただけなんだ。そういうフックが先に出来上がったからなんだ。フックがそういう感じに出来たから、そういうタイトルをつけたんだ。

--- NWAや彼らのクラシック・トラックとは無関係なんですね。

そう、NWAとは関係ないんだけど、彼らのことはもの凄くリスペクトしてるよ。

---RBXをフィーチャーした「Suicide」はスヌープの「Serial Killa」を連想させるものですし……。

うーん……え……。

---前このコメントは不満ですか?(笑)

オレはそうは思わない。あの2曲は全く違ったサウンドだからね。RBXの声がそういう風に思わせるかもしれないけど、「Serial Killa」とは全然違うサウンドだよ。

---ただ、ビートに関して言うと、往年のGファンクを思わせる感じですよね。

そうだね。

---Back to basic的な意識もあるのでしょうか?

そういうのはなかったよ。GファンクはGファンクであって、Back to basicとかそういうものじゃなくて、オレが作るサウンドそのものがGファンクだからね。でも確かにあのレコード(「Suicide」)はクラシックなフィーリングがあるレコードでオレも凄く気に入ってるんだ。昔からの仲間と一緒にやってるから、『The Chronic』で一緒にやった仲間だからね、またこういうレコードで一緒に仕事できてすごく嬉しいよ。

---「Let’s Get High」はドラムが格好良いですが、トラヴィスと組むというアイデアはどこから来たのですか?

トラヴィスやDJ AMと今までにも良く一緒に仕事をしてきたんだ。彼らの作品も色々手伝ってるしね。で、あの曲ではドラムプレイを入れたいって思ってたから、彼に連絡を取って、ドラム部分を生でプレイし直してもらったんだ。最高の出来に仕上がったよ。あの曲の内容に関するアイディアは、オレは今までにリリースしてきたどのアルバムでもああいう内容の曲を収録してきたんだ。ここウエストじゃみんな思いっきりクサ吸ってるからね、そのことをみんなに分からせる為っていう意味もあるし、何も包み隠さない本当の姿を伝えたいっていうのがあったんだ。良いレコードに仕上がってるよ。

---あなた自身の意識として、ラッパーとトラックメイカー(プロデューサー)どちらの意識が強いのでしょうか?

自分自身はトラックメイカーとしての意識がより強いと思う。その役割こそが、レコードがどんなサウンドになるかっていうバックボーンになる部分だからね。サウンド自体がイケてないなら、例えどんなアーティストがやったとしても、その曲は終わってると思うからね、でもサウンドがイケてるなら、可能性は無限になると思う、その上、最高のリリックを載せたりしたら、もうそれこそ可能性は無限になると思う。実際にオレはMCになる前はプロデューサーだったからね、確かに以前からSnoopとNateと一緒にラップもやってたけど、オレはDJやプロデュース業により興味を持っていたんだ。今でもプロデュース業はやってるし、DJもそろそろ再開しようって思ってるんだ。ベガスのクラブでやったり、世界中を回ってDJをやりたいって思ってるんだ、DJ AMみたいにね。オレには今後も色々期待してもらってくれていいぜ。

---では今回のアルバムでもトラックメイカーとしての自分によりフォーカスを置いたんでしょうか?

オレは単に自分のレコードを作るってことだけに集中したんだ。こんな風にアルバムをいつも作るんだ。まずは(スタジオに入って)色んなアイディアをあげてみて、レコードを作ってくんだ。良いアイディアがあったら、それをレコードに仕上げてくんだ。いつもそんな風に曲を作っていくんだ。スタジオに行って5〜8時間位かけて、色んなアイディアに耳を傾けて、様々なサウンドやドラムとかを作ってみて、レコードを作っていくんだ。

---先ほどお話にもありましたが、今回もNate Doggが参加しているようですが、彼は今元気にしているのですか?

回復に向かってるけど、時間がかかるよね。だって、2度の脳卒中で倒れてるからね。1度目の脳卒中を生き残れない人が沢山いる中、彼は2度も倒れてるからね。彼がまだこの世で一緒に生きていられるっていうのは神の恵みに他ならないと思う。確かに完全に回復するまでには相当な時間がかかるとは思うけど、1日も早い回復を願ってるし、また一緒に「Regulate(=仕切る)」出来る日を待ち望んでるよ。

---「100 Miles and Runnin’」は彼が倒れる以前に録ったものなんですよね?

そうだよ。あの曲は彼が脳卒中で倒れる前に録ったものなんだ。彼が回復するまでには時間がかかるからね、ヤツはオレの仲間(Dogg)で、彼の回復を心から祈ってるぜ。

---では彼が回復したらということになると思いますが、213をまたやる予定はありますか?

それに関してははっきりしたことは言えないけど、オレはもちろん100%やる気あるし、Nateも絶対に100%やる気あると思う、Snoopは色々なことをやってるからね、どうなるかははっきりは分からないね。今後やるかもしれないし、やらないかもしれない。

---そういった話が3人の中で出たりしてはいるんですか?

いや、全く出てないよ。ゼロだよ。

---アルバムとは関係ない話ですが、かつてのようにいろいろ新人を手掛けたり、外部でもプロデュースワークをやったりという考えはありますか?先ほどそういう活動をし続けたいといったお話でしたが、具体的に動いてることなんかがありますか?

今現在も色んな有名アーティストたちにトラックを提供してるし、今回のアルバムでも新人アーティストたちをフィーチャーしてるけど、それ以外にもダイヤモンドの原石のようなアーティスト、音楽をちゃんと理解しているアーティストを探し続けてる。例えば、Snoop、彼はどんな風に音楽を作るべきかきちんと分かってたんだ、自分はどうすべきなのかをね。そういうアーティストはまだ見つかってないんだ。Drakeはそういうタイプのアーティストだと思う。彼は音楽の作り方、どんな風にしたら観客を魅了できるのか、彼のストーリーに耳を傾かせられるのかちゃんと知ってるんだ。そういうのがオレにとっては理想的なアーティストだからね。そういうアーティストをまだ探せてないから、探せるまでは引き続きそういうアーティストを探し続け、有名、無名問わず色んなアーティストたちをプロデュースしたり、スコアリングやTV出演とか自分が出来ることをしていこうと思うんだ。

---確かMaestroのサイトで見たと思うんですが、Jay Zにもトラックを渡してるという話ですが……。

あれはちょっとフザケもはいってるんだけど、でもあのトラック自体は最高にドープなんだけどね。彼がその気になってオレに連絡してきたり、サマージャムとかで会う機会があったら、コーヒーテーブル囲んで色々話をしてみたいと思うぜ。彼も曲作りやどうやったら観客を魅了できるか理解しているアーティストだからね。彼とは是非一緒に仕事してみたいね。

---あなたの活動ぶりを見ているとマイペースという言葉が浮かぶのですが、忙しく仕事をするのは性に合わない感じなのでしょうか?

忙しく仕事はしてるよ(笑)。でもストレスを抱えこまないようにはしてる。ストレスが全くないって訳じゃなくて、ある程度はあるよ。でもオレ自身はそういうタイプの人間じゃないから。例えばクラブにいったら、オレは騒ぎまくるタイプじゃなくて、オレはスムースでレイドバックなヤツなんだ。その証拠に“サー・クール(Sir. Cool)”っていうのがオレのオリジナルの(ニック)ネームだからね。

---それと似た質問ですが、いまはどのアーティストもあっちこっちに客演したり、ミックステープをたくさん出したり、露出過多な部分があると思います。

その通りだね。オレはそういうことはしたくないって思ってる。そういう仕事の依頼もくるけど、やらないようにしてる。疲れ果ててボロボロになりたくないからね。有名なアーティストでも今じゃ数百曲を数百人のアーティストたちと一緒にやってたりするけど、そういうヤツには「もう少しスローダウンするべきだぜ。少しブランクをおくことで、ファンのみんながオマエを恋しく思う時間を与えてあげないとまずいぜ」って言いたいね。そういう期間を与えた後に、ファンのみんなが待ち望んでるものをあげればいんんだ。

---ではあなたの場合は意図的にそういうスタンスをとってるということでしょうか?露出過多にならないよう、自分の作品に集中して、ガッチリ出してくるようなスタンスでいこうというのは……。

自分をボロボロにしたくないからね。2年後、3年後にまたスタジオに入ってアルバムを作れるみたいな感じでいたいんだ。でもプロダクションに関しては完全燃焼、消耗しきっちまいたいってのはあるよ。

---確かに今回のアルバムには収録されていない「Mr. DJ」や先ほどにお話にあったように新人のプロデュースに励んでいたり、「Mr. President」みたいなドープなトラックをドロップしてたりしますが。

ああいうのは単なるティージング(註:焦らし)であって、ファンのみんなにオレは未だに活動続けてるし、どっかに行っちまったわけじゃないってことを知らしめるためにやってるだけ。ああいうトラックをストリートにドロップすることで、Warrenはストップせずに活動しつづけてるってことを知ってもらおう、オレが今どんなことをやってるか紹介してるんだ。Lil’ Wayneがアルバムをリリースする前に沢山のトラックをリリースするみたいにね。今みんなが聴いてるDrakeのトラックとかは元々彼がミックステープに入れてたもんだからね。

---音楽以外にも色々とTV等活動していますが、今後は具体的にどんなことをしていく予定ですか?

そうだね。現在自分のリアリティ番組をやってみようと思っていて、色んな会社が興味を示してくれてるんだ。それから、BETの人気番組『Harlem Heights』のスコアリングを手掛けたところ。そんなことを今はやってる。ホームコメディ(Sitcom)番組なんかの音楽制作にも携わろうとしてる。単なるプロデューサー/ラッパーっていうだけじゃなく、他にも色んな仕事をこなしていきたいからね。

---リアリティ番組はどんな内容のものになるんですか?

うーん……良いことや悲しいこと、ためになることなんかをベースにした番組なんだ……。

---現段階では詳細は明かせないって感じみたいですね(笑)。

その通り。

---今後の野望を教えてください。今までお話して頂いた以外にやりたいことなどありましたら。

不動産関連のビジネスに興味あるから、その辺をよく勉強してやってみたいと思ってる。音楽だけをやっていくっていうのじゃなくて、それ以外のビジネスをやっていかなきゃならないと思うからね。

---日本についてはどのような印象をもっていますか?

才能のある、ヒップホップ、音楽そのものを心から愛してる、いい人たち(Good People)が沢山いるよね。音楽っていう芸術をきちんと理解して、ヒップホップカルチャーを本当に愛してくれてる人たちがね。オレも行ったことあるけど、最高の場所だよ。オレが訪れたところではみんなオレを愛してくれたしね。最高の時間を過ごせたよ。

---日本のファンにメッセージをお願いします。

みんなには思いっきりラブ&リスペクトを持ってる。オレがミュージシャン、アーティストとしてやってるものを聴き、愛してくれてることに感謝してる。オレにコンタクトしたければ、Warrengeezy.comのフォーラムにアクセスしてくれてもいいし、TwitterならWarrengeezyにヒットしてもらってもいいし、FacebookならWarren Griffin IIIにアクセスしてもらえばいいから。それからオマエのボーイの9月29日にリリースされるレコードをサポートして欲しいぜ。CDショップに行って『G Files』のレコードを買って聴いてもらいたい。

---今日はありがとうございました。

ありがとう。