トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > アプレミディレコーズが贈る音楽のある風景 2ndシーズン!

アプレミディレコーズが贈る音楽のある風景 2ndシーズン!

2009年6月3日 (水)



第二弾の「〜夏から秋へ〜」は極上カヴァーで演出


 


音楽のある風景-夏から秋へ
        : Music With A View -Summer To Autumn


橋本徹の新生レーベル"アプレミディ・レコーズ"の第2弾は「音楽のある風景 〜夏から秋へ〜」。前作「音楽のある風景 〜春から夏へ〜」よりもポップな選曲で、スティーヴィ・ワンダーの「BIRD OF BEAUTY」のカヴァーからロバータ・フラック/マリーナ・ショウ「FEEL LIKE MAKING LOVE」のカヴァーまで収録。1曲1曲で聴くのと、アルバムを通して聴くのとでは印象が変わる橋本徹の選曲の凄さを感じます。1枚で夏から秋への移り変わりを心から感じる選曲に脱帽!





収録曲をチェック!
(橋本徹氏自身からの全曲紹介が面白い!!)

  • 01.Ventura Highway / Ida Sand

    フリー・ソウル・クラシックとして名高くジャネット・ジャクソンもサンプリングした、アメリカの爽やかアコースティック名曲のニュー・ディスカヴァリー・カヴァー。スウェディッシュ女性ジャズ・ヴォーカルの新星による感極まる好テイク。
  • 02.Perdido Na Estrada / Renato Motha / Patricia Lobato

    “ボサノヴァ以来の詩的体験”と謳われる現代ミナス・サウンドの最高峰。ポルトガル語圏の偉大な詩人フェルナンド・ペソアの詩をたおやかなオリジナルのメロディーにのせ、心洗われる清らかな美声で奏でる。
  • 03.Bird Of Beauty / Marilyn Scott

    海面に光の粒がきらきらと舞うような、肌に心地よい潮風のような、サウダージ・フレイヴァー香るスティーヴィー・ワンダーの名曲カヴァー。フリー・ソウル・クラシック「Let's Be Friend」で人気の歌姫の知る人ぞ知る至宝。
  • 04.Early Autumn / Patricia Barber

    躍動感あふれるピアノがまばゆいような幸福を運んでくる、伸びやかな女性ジャズ・ヴォーカルによる名スタンダードの究極の人気ヴァージョン。沸き上がる高揚感が新しい季節の始まりを告げるジャズ・サンバ・テイストの珠玉のスウィング。
  • 05.Shaker Song / Barbara Raimondi

    グルーヴィーなブラジリアン・リズムの鼓動とコケティッシュなイタリアン女性ジャズ・ヴォーカルに微笑みが零れるスパイロ・ジャイラマンハッタン・トランスファーの人気曲カヴァー。ロアーナ・シーフラによるキュートなカヴァーと双璧。
  • 06.Gentle On My Mind / Caecilie Norby

    ジョン・ハートフォードの名曲をカヴァーしたブルーノート女性ジャズ・ヴォーカルによるホワイト・ソフィスティケイションの極み。歌とメロディーが解き放たれる瞬間、幸せが弾けるような多幸感に満ちた、洒脱で軽やかなジャジー・スウィング。
  • 07.Soon It's Gonna Rain / Helen Sachs-Lex Jasper

    クープ「Summer Sun」ネタとして人気爆発の、軽快で粋で洒落たジャジー・スウィング。デューク・エリントン/バーバラ・ストライザンド/トム・ジョーンズで知られるポピュラー・スタンダードの清涼かつダイナミックなキラー・カット。
  • 08.Bumblebee / Roman Andren

    甘美な郷愁と至福の爽快感が広がる現代スウェディッシュ×ブラジリアン・ソフト・ロックの決定打。“スウェーデンのデオダート”と評価の高いマルチ・インストゥルメンタリストによる瀟洒でドラマティックな極めつけの一曲。
  • 09.Everything / Clara Hill's Folkwaves

    ジャザノヴァ主宰ソナー・コレクティヴの歌う妖精がフロアに笑顔の花を咲かせるラヴリー・メロウ・グルーヴ。4ヒーローのマーク・マックをフィーチャーした、アコースティックでフレンドリーな好感度抜群の逸品。
  • 10.Hey Now / Adriana Evans

    あの「Reality」から10年、“21世紀のフリー・ソウル名作”と人気を集めた、伸びやかでかつしっとりと可憐な女性ヴォーカル。ボサノヴァ的なメロウなコード進行に軽やかなビートが心地よい、グルーヴィー&スマイリーなナンバー。
  • 11.Aqui O / Kate McGarry

    カフェ・アプレミディ・クラシックとしても知られるトニーニョ・オルタの名曲カヴァー。ミナスの風を感じさせるサウンドと女性ジャズ・ヴォーカルの出会いが生んだ、独特の浮遊感に満ちたサウダージ・グルーヴ。
  • 12.Be My Love / Tom Lellis feat. Toninho Horta

    ミナスの雄トニーニョ・オルタとの共演が生んだ哀愁あふれるボサノヴァ・ブリーズ。カフェ・アプレミディ・クラシックのキース・ジャレット「Lucky Southern」のサンバ・ジャズ・カヴァーで知られる“骨太なマーク・マーフィー”の甘くノスタルジックな名唱。
  • 13.Summer Soft / Beata Prezybytek Group

    スティーヴィー・ワンダーの名曲を数多くカヴァーするポーリッシュ女性ジャズ・ヴォーカルによるスティーヴィー版サマー・ソング。澄んだピアノの涼しげな音色に彩られながら、チャーミングな歌声は次第にエモーショナルな色合いを増す。
  • 14.Sailing / Claressa Monteiro

    シンガポールの女性ジャズ・ヴォーカリストによるクリストファー・クロスのAORクラシックのカヴァー。ゆっくりと海を行く白いヨットの風景が浮かぶ、静謐なリリシズムあふれる美しい映像詩のようなクワイエット・メロウ・フローター。
  • 15.Feel Like Making Love / Sue Giles

    ユージン・マクダニエルズが書いたロバータ・フラックマリーナ・ショウの至上のメロウ・ソウルの、自主制作による女性ジャズ・ヴォーカル・カヴァー。遠い夏の思い出のような間奏のホーンが素晴らしい、ゆったりとハートビートリズムを刻む名ラヴ・ソング。
  • 16.So Tired Of Waiting(Mo Acoustic MIX) / Bah Samba

    海の向こうに沈みゆく夕陽の光景が心の印画紙に焼きついて離れない、時間さえ止めてしまう絶品の夕暮れアコースティック・チルアウト・ミックス。涙が零れ落ちるようなピアノとガット・ギターの響きが素晴らしすぎる。
  • 17.Close To You / Jose Padilla

    バート・バカラックカーペンターズに書いた名曲をカヴァーした、甘美な夢のように沁みてくる黄昏バレアリック・チルアウトの名品。切ないギターと感動的なコーラスに胸が詰まる、大切な心の震えと共に刻み込まれる永遠不滅の名演。
  • 18.Moonlight In Vermont / Rodrigo Rodrigues

    チェット・ベイカー・ミーツ・カエターノ・ヴェローゾ”という趣きのまろやかな透明感をたたえた歌とギターによる余情あふれるエンディング。月夜に静かなテラスで波の音と潮の香りに包まれるように優しい、ウィリー・ネルソンも歌った心安らぐ名曲。


まずは第1弾CDと書籍でお楽しみ!


音楽のある風景-春から夏へ
        : Music With A View -Spring To Summer


橋本徹(サバービア)全面監修レーベル「アプレミディ・レコーズ」から、「音楽のある風景」と題するコンピレーションが発売。今回の「春から夏へ」盤を始まりに四季ごとに発売されるコンピレーションシリーズの第1弾であり、「アプレミディ・レコーズ」の記念すべき最初のリリース作品! "これほど人気曲が並ぶコンピレーションは久しぶり"、と橋本氏本人も認める、アプレミディ/サバービア・ファンには特別な思い入れのある曲ばかりがずらり揃った、キラーチューン満載のセレクト。「春から夏へ」というサブタイトル通り、エヴァーグリーンかつ心躍る新旧ジャズ〜ボッサ系ヴォーカルの名曲がこれでもかと並びます!




公園通りの春夏秋冬
        : Music With A View -Spring To Summer


★大好評「アプレミディ・ライブラリー」最新刊! “公園通り”三部作の続編がいよいよ登場!すべての音楽愛好家に捧ぐ!
★驚異的スピード・セールスを記録したディスクガイド「Jazz Supreme」(至上のジャズ)の反響も冷めやらぬ中、橋本徹(SUBURBIA)監修・編著による、300枚以上のジャケット写真付きの新しいディスクガイド本が登場!
★半分以上を占める橋本徹が雑誌/ウェブサイトなどへ寄稿した文章と書き下ろしの音楽コラムを中心に、アプレミディ・スタッフでもある4人の定評高い音楽愛好家(武田誠/松野光紀/中村智昭/BEN)がそれぞれのフェイヴァリット盤について愛情あふれるタッチで綴ったディスク紹介文をたっぷり加えた、音楽ファン必読の充実の一冊!
★新旧問わず近年の注目すべき重要ディスクを満載し、書名通り歳時記スタイルで編集された、アプレミディ/サバービアの1年がまるごとすべてわかる本!

※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。



橋本徹とは?


橋本徹
橋本徹 (SUBURBIA)

 編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷・公園通りの「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・グラン・クリュ」「アプレミディ・セレソン」店主。
フリー・ソウル』  『メロウ・ビーツ』 『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは190枚を越える。
NTTドコモ/au/ソフトバンクで携帯サイト「Apres-midi Mobile」、USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

http://www.apres-midi.biz