HARIKUYAMAKU(ハリクヤマク)のニューアルバムがアナログ盤でリリース

2023年12月13日 (水) 17:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス


沖縄コザを拠点に活動するプロデューサー/ダブ・エンジニア、HARIKUYAMAKU(ハリクヤマク)が、7月に配信したシングル「Machagama」を含む8曲入りのフル・アルバム『Mystic Islands Dub』を11月3日の「レコードの日」に発売する。

このアルバムは、日本コロムビアが保有する約60年前に録音された貴重な沖縄古謡の音源と、自身も所属するコザのライヴ・ダブ・バンド、銀天団による生演奏を組み合わせ、HARIKUYAMAKU独自の神秘的でサイケデリックなサウンド・プロダクションでまとめ上げた唯一無二の音楽に仕上がっている。

基になった沖縄古謡の音源は、1965年に発売された16枚組のLP-BOX「沖縄音楽総攬」に収録されたもの。2018年には、音楽プロデューサー久保田麻琴氏がこのLP-BOXからセレクト&コンパイルした<かなすシリーズ>が発売されており、氏に見出されたHARIKUYAMAKUはそこに1曲リミックスで参加している。その久保田麻琴氏からは次のコメントが寄せられている。「All the way from Okinawa to Okinawa... Godspeed, HARIKUYAMAKU」。 また、ジャケット内に封入されるライナーノーツは、日本民謡と世界各地のトライバル・ダンス・ミュージックに造詣の深い大石始氏が執筆。以下にその一部を抜粋する。
本作は「沖縄民謡とダブの融合」という一言で片付けることのできない広がりを持つ。近年HARIKUYAMAKUが取り組んでいるアンビエント的な発想も数曲で試みられており、曲によっては南米フォルクローレを再解釈するニコラ・クルースやバリオ・リンドらの作風とも共鳴する響きを聞き取れる。自身の足元にあるものを現代の耳と感覚でどのように捉え直し、新たな創造に結びつけることができるのか。本作もまた、そうした問題意識の先に作り上げられた作品といえる。(大石始)


リリース情報

HARIKUYAMAKU『Mystic Islands Dub』
発売日:2023年11月3日(金) レコードの日
品番:COJA-9481
フォーマット:アナログレコード

収録曲


SideA
1 Toncharma(トンチャーマ〜根間ぬ主) 
2 Chimborah(海のチンボーラー)
3 Anigama(宮国ぬ姉がま) 
4 Machagama(平安名のマチャガマ)
SideB
1 Nisai-tohranu(二才とーらぬ) 
2 Tuisashimeh(鳥刺舞) 
3 Fuenushima(南の島) 
4 Nachijin-myahkunii(今帰仁ミャークニー) 

LPはこちら
Mystic Islands Dub 【2023 レコードの日 限定盤】(再プレス/アナログレコード)

LPレコード

Mystic Islands Dub 【2023 レコードの日 限定盤】(再プレス/アナログレコード)

harikuyamaku

価格(税込) : ¥4,180

発売日: 2023年11月03日

CDはこちら
Mystic Islands Dub

CD

Mystic Islands Dub

harikuyamaku

価格(税込) : ¥3,300

発売日: 2023年11月03日

レコードの日詳細はこちら

「レコードの日 2023」11/3(金・祝)開催!限定盤のご注文はお早めに...

11月3日(金・祝)の「文化の日」に開催される「レコードの日 2023」!今年はPUNPEEとハナレグミのダブルアンバサダー体制!

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2023年10月19日 (木) 10:30

%%message%%

最新情報を受け取る

harikuyamaku

コザTower of Dubを根城に活動する音楽プロデューサー/ダブ・エンジニア/DJ。

レコードの日へ戻る

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る