激ロック×HMV&BOOKS online vol.111

2022年10月24日 (月) 18:00 - HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー。毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介。


今月のクローズアップ

【全曲解説】TRiDENT『D-X』

TRiDENT が、堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)らをアレンジャーに迎え、進化したサウンド鳴らす新作『D-X』をリリース。ASAKA(Vo/Gt) SERINA(Ba/Cho) NAGISA(Dr)が全曲解説!

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2022年10月24日 (月) 18:00

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

10件中1-10件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 激ロックレビュー

    Cocoon for the Golden Future 【直筆サイン入り 完全生産限定盤A】(CD+Blu-ray+フォトブック(直筆サイン入り))

    Fear, and Loathing in Las Vegas

    価格(税込) :
    ¥10,450
    会員価格(税込) :
    ¥9,614
    発売日:
    2022年10月26日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥8,882

    【先着特典】『「Dance & Scream」 One Man Show SE ストリーミングカード』

    GENRE:LOUDROCK, ELECTRONICORE
    ラスベガスが自身の可能性をより貪欲に突き詰めた待望のニュー・アルバムをドロップ
    これまでにも、ラスベガス節としか言えないような独自のサウンドを展開してきた彼らだが、曲展開の目まぐるしい“ダンス×ラウド”なイメージはそのままに、今回はそんな彼らの貪欲な探求心がさらに花開いたようなアルバムとなった。ディスコやユーロビートなどの'80s/'90sリヴァイヴァル、トレンドのEDMやK-POPなど、派手で煌びやかな要素も取り入れつつ、ギターはしっかりメタルであり、ヘヴィに落とすところは落とすなど、緩急の落差もしっかりしていて飽きさせない。ラップや韓国語の歌詞なども、ネタ的にならずにガッツリ本格的に取り組んでいるのもすごい。改めて、型に収まらないFear, and Loathing in Las Vegasというバンドの存在の大きさに気づかされる作品だ。
    山本 真由 【ライター推薦】

  • Hateful Failures 【初回生産限定盤】(+DVD)

    Survive Said The Prophet

    価格(税込) :
    ¥4,620
    会員価格(税込) :
    ¥4,250
    発売日:
    2022年10月12日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,927

    【先着特典】A4クリアファイル(応援店ver.)

    GENRE:LOUDROCK, EMO
    サバプロの“今”の表現を詰め込んだ、新境地となるオリジナル・アルバム堂々完成
    サバプロの6枚目のオリジナル・フル・アルバムとなる今作は、コロナ禍でのライヴ規制やメンバーの脱退など、困難な状況を経て辿り着いたひとつの答えとも言える内容。タイトルにも表れている“憎しみの過ち(Hateful Failures)”をテーマに、怒りや激しい感情だけでない、人の心や愛情の複雑性が、ポップなサウンドで親しみやすく描かれている。ポップ・パンクやイージーコア的なテイストの、ノリの良さやポジティヴなヘヴィさからは、カッコつけすぎない等身大のバンドの姿が見えて好感が持てる。ラストを飾るバラード「Prayer」まで、意外とコンパクトにまとまっているので、気づくとアルバムを通して聴いてしまうような、これまでありそうでなかったシンプルな魅力にあふれた作品となった。
    山本 真由 【ライター推薦】

  • D-X 【初回限定盤】(+DVD)

    TRiDENT

    価格(税込) :
    ¥4,500
    会員価格(税込) :
    ¥4,050
    発売日:
    2022年10月26日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥4,050

    GENRE:LOUDROCK
    堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)らをアレンジャーに迎え
    進化したサウンド鳴らす新作『D-X』到着

    なりたいものになるために、彼女たちはそうなるべく動いたわけだ。“D-X”という言葉を冠した今作において、TRiDENTは「Spoopy」をPaleduskのDaisuke(DAIDAI/Gt)と共に制作、「CRY OUT」ではPENGUIN RESEARCH堀江晶太(Ba)とタッグを組むことで、確実に新領域へと到達してみせたのである。ここに挙げた2曲以外も各曲で外部アレンジャーとのコラボが図られており、そうしたプロセスから得られるものをすべて貪欲に吸収したうえで、バンドとしてのポテンシャルを高めることに繋げてみせた、というところが今作から窺える最大の特徴と言えよう。そしてそんな今作を踏み台にしながら次のフェーズに移行していくところまでが、おそらくひとつのストーリーとなるに違いない。
    杉江 由紀 【ライター推薦】

  • P.O.P

    CD

    P.O.P

    Alternation of Generations

    価格(税込) :
    ¥3,080
    会員価格(税込) :
    ¥2,834
    発売日:
    2022年09月28日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥2,618

    GENRE:PROGRESSIVE METAL, POWER METAL
    団長(NoGoD)の新バンド、Alternation of Generations
    曲芸的なハイテクニカル・サウンドを鳴らすメジャー・デビューEPをリリース

    曲芸とは辞書によると“普通にはできないような、目先の変わった離れ技”のことを指し、そのひとつに“人間の肉体を用いてその修練の成果たる技術をみせるもの”が挙げられるのだそう。だとするならば、彼らが今作の中で体現する音楽はまさに曲芸そのものだと言えよう。NoGoDの団長ことDANCHO(Vo)、元ギルドで現在はコンポーザー&ギタリストとして他ジャンルで活躍するYOSHIHIRO、7 DAYS PAPARAZZIのリーダーでありサポート・ミュージシャンとしても活動するRyosuke(Ba)、Unlucky Morpheusや猫曼珠のドラマーであるFUMIYAが揃ったこの新バンドが、各曲の中で華麗に繰り広げてみせる曲芸の数々はどれも芸術的であり、嗜好品としても素晴らしい。新時代に轟くべきメタルここにあり。
    杉江 由紀 【ライター推薦】

  • リトルガールは病んでいる。 【TYPE A】(+DVD)

    キズ

    価格(税込) :
    ¥4,400
    会員価格(税込) :
    ¥3,960
    発売日:
    2022年08月31日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,960

    GENRE:LOUDROCK
    初日比谷野音ワンマン大成功のキズ。音も詞も未来志向に満ちた、中毒性ある傑作
    突破力を備えた音から感じる圧。詞に詰め込まれた意思から溢れ出る圧。聴く者の心を揺さぶる歌が発する圧。何かと圧の高い今作は、キズにとって重要分岐点となっていく予感大だ。能書きまみれの説教くさい音楽は退屈でしかないが、気づきを得られる音楽からは刺激を得ることができる。形骸化した枠組みに捕われた音楽は凡庸でしかないが、作り手側からして意外性を感じるという音楽は極めてエキサイティングだ。そして、もしこれを反戦歌と決めつける人がいるとしたら、それは思考停止に陥っている兆候ありかと。未だ人類の歴史から戦争が消えたことはなく、大事なものを守るための闘いまでをも一元的に“戦争は悪”と糾弾していては、新しい未来を手に入れることはできない。音も詞も未来志向に満ちた中毒性ある傑作。
    杉江 由紀 【ライター推薦】

  • DIZZYLAND DX (Blu-ray)

    Blu-ray Disc

    DIZZYLAND DX (Blu-ray)

    Dizzy Sunfist

    価格(税込) :
    ¥5,940
    会員価格(税込) :
    ¥5,168
    発売日:
    2022年10月05日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥5,168

    GENRE:POP PUNK, PUNK ROCK
    新たなトライアングルがここで完成――
    バンドのターニング・ポイントと言える記念すべきライヴをパッケージした映像作品

    [Dizzy Sunfist “Welcome to DIZZYLAND” TOUR 2021-22 Final Series]のZepp Osaka Bayside公演の模様を収めたライヴ映像作品が到着。計46本のツアーをサポート・メンバーとして支え続けたメイ子(Ba/Cho)が、この最終公演で正式加入という運びになった。ついに新たなトライアングルが誕生した瞬間を捉えた記念すべきパフォーマンスと言っていい。映像を観ても現在のバンドが勢いに乗り、ひとつのベクトルに突き進む塊感がひしひしと伝わってくる。そう、第2の初期衝動とも形容したくなる溌剌としたエネルギーが充溢しているのだ。Dizzy Sunfistにとってターニング・ポイントと言えるライヴになった。ファイナルだが、ここからが真のスタートである。
    荒金 良介 【ライター推薦】

  • Anywhere,Everywhere

    COUNTRY YARD

    価格(税込) :
    ¥2,750
    会員価格(税込) :
    ¥825
    発売日
    2022年10月05日

    GENRE:MELODIC PUNK
    COUNTRY YARDが新たなフィールドを切り拓く――
    メンバーそれぞれの音楽的嗜好を落とし込んだ約2年半ぶりのフル・アルバム

    約2年半ぶりになるフル・アルバムはパンクをルーツにUKロック、USインディー、つまりメンバーそれぞれの音楽的嗜好を自然とバンド・フォーマットに落とし込んだ、懐の深い作品に仕上がっている。言ってしまえば、COUNTRY YARDとしか説明できないオリジナリティ溢れるサウンドを完成させた。「Umi」、「Dokoka」では日本語詞を導入し、違和感なく昇華したうえで、バンドの新たなフィールドを切り拓いているのだ。また、カントリー調のノリのいいビートに身も心も踊る「Life」はライヴでも映えそうな1曲。アルバムのアートワークにも表れている通り、牧歌的な温かさと雄大なスケールを兼ね備え、オープン・エアな場所で浴びたくなる楽曲ばかりだ。滋味豊かで、飽きずに繰り返し聴きたくなる愛聴盤になりそう。
    荒金 良介 【ライター推薦】

  • エンドロール

    CDシングル

    エンドロール

    逹瑯

    価格(税込) :
    ¥1,500
    発売日
    2022年09月21日

    GENRE:ALTERNATIVE ROCK
    逹瑯(MUCC)が純情さと女々しさを歌いあげ
    洒落た音像で粋なドラマへと昇華する1stシングル

    紙一重な純情さと女々しさは、逹瑯(MUCC)が表情豊かに歌いあげ、洒落た音像が重なることで粋なドラマへと昇華する。今年2月に発表された2枚のフル・アルバム『非科学方程式』、『=(equal)』に次ぐ今作『エンドロール』は1stシングルとなるが、表題曲は、MAN WITH A MISSIONなどを手掛ける大島こうすけをサウンド・プロデューサーに迎えた逸品で、ソロだからこその大胆なアプローチが光っている。一方、カップリングの「ラプソディア」は“from ARGONAVIS”のヴィジュアル系バンド、Fantôme Irisへ提供した楽曲をリアレンジしたセルフ・カバーで、かつてのMALICE MIZERを彷彿とさせるようなお耽美風味がなんとも堪らない。
    杉江 由紀 【ライター推薦】

  • カタストロフノート 【A-Type】(+DVD)

    DIAURA

    価格(税込) :
    ¥2,200
    会員価格(税込) :
    ¥1,980
    発売日:
    2022年10月12日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥1,980

    GENRE:LOUDROCK
    作品全体でひとつの男女の物語を描く、DIAURA渾身のニュー・シングル
    DIAURAの21枚目のシングルは、ピアノをフィーチャーした洒落たイントロから、キャッチーなメロディが展開していく表題曲で開幕。そのあとにyo-ka(Vo)の低音が甘く響く、切ない冬のバラード「ヒロイン」(※Btypeのみ収録)と聴かせる曲が続く。それらと対を成すように、「天上へ至るイド」はヘヴィでダンサブルに、「After lament」(※Btypeのみ収録)はスピード感のある仕上がりに。また、前半2曲はそれぞれ歌詞の主人公である男性と女性の目線から描かれ、後半2曲はふたりの関係性について補完する役割を担っており、4曲でひとつの物語を形成している。これらがセットリストに加わったライヴには、新たにどのようなストーリーが生まれるのか、期待したい。
    内堀 文佳 【ライター推薦】

  • The Walker 【初回限定盤】(+DVD)

    DEZERT

    価格(税込) :
    ¥2,750
    会員価格(税込) :
    ¥2,475
    発売日
    2022年10月12日

    【封入特典】トレカ3枚封入(全10種よりランダム封入)

    GENRE:LOUDROCK
    日比谷野音を熱狂させたDEZERTが
    未来を見据え、歩みを止めずに突き進んでいく意志を込めたシングルを発売

    今年6月18日に日比谷公園大音楽堂で開催されたDEZERT初の野外ワンマン・ライヴにて無料配布された「The Walker」が、このたびシングルとしてリリース。結成から10年以上のキャリアを重ね、この大きな舞台を無事成功裏に収めた彼らが、これから先の未来を見据え、歩みを止めずに突き進んでいく意志を込めた本楽曲。YouTubeには、その制作過程に密着したドキュメンタリー“The Walker Project”も公開されているので、こちらも必見だ。またカップリング曲には、ストリングスでドラマチックさが増幅された「あの風の向こうへ」、ダークでリズミカルな「モンテーニュの黒い朝食」を収録。今後も広がっていく世界観、サウンドの進化の片鱗を味わうことができる。
    内堀 文佳 【ライター推薦】

チェックした商品をまとめて