アンゲリッシュ/プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第8番、束の間の幻影、他

2020年11月20日 (金) 16:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


マルタ・アルゲリッチが絶賛する世界屈指のピアニズム
ニコラ・アンゲリッシュ圧巻のテクニックと考え抜かれた抜群の推進力によるプロコフィエフ!


ニコラ・アンゲリッシュのニュー・アルバムはプロコフィエフに捧げられています。プロコフィエフはいわゆる分類不可能なアーティストであり、一部の人は革命的、他の人は新古典主義と見なしています。ピアノの名手として世間の注目を集めたプロコフィエフは、故郷ロシアの文化と西側の文化の間で、2つの社会の間で引き裂かれた作曲家として魅力的な作品を残しました。
 ピアノ・ソナタ第8番は5年間をかけて作曲・改編され、1944年末にエミール・ギレリスによって初演されました。「深遠な作品で、多大な、また感情的な緊張感が求められる楽曲であり、その展開において交響性、緊迫感、広さ、叙情的なエピソードによる魅力を兼ね備えている」とギレリスは回想しています。『束の間の幻影』は1918年にプロコフィエフ自身によって初演。20の短い曲で構成されていますが、どの曲も無調からは程遠いものの、不協和さという特徴ではシェーンベルクやスクリャービンの作品に通じる面も感じられます。『ロメオとジュリエット』からの10の小品は、バレエ音楽『ロメオとジュリエット』の作曲翌年の1937年に、そこから10曲を抜き出して再構成したものです。
 どれもが超絶技巧だけでなく表現力を必要とする難曲。しかしアンゲリッシュはそうした作品を難なく弾きこなし、なおかつプロコフィエフ独自の心理と作曲理念の表現に対しても的確に対峙し、素晴らしい演奏を展開しています。
 ニコラ・アンゲリッシュは1970年アメリカ生まれのフランス系ピアニスト。13歳でパリ国立音楽院に入学し、アルド・チッコリーニ、イヴォンヌ・ロリオ、ミシェル・ベロフという大家中の大家たちに師事。プルミエ・プリ(1等賞)を授与され卒業しました。レオン・フライシャーやマリア・ジョアン・ピリスにも学んでいます。以降、コンクールの優勝・受賞歴も数多いことはもちろん、それらを易々と超え、持ち前の信じられないくらい完璧なピアニズムを武器に、現代を代表する演奏家たちとの共演、主要音楽都市、著名音楽祭でのリサイタルを続けていること、またそれらへの高い評価など、枚挙に暇がありません。50歳前後では堂々たる現代を代表するピアニスト。
 マルタ・アルゲリッチはアンゲリッシュのことを、このように絶賛しています。「ニコラのことは何年も前、彼が若い時からよく知っていてよく共演もしています。しかし、間もなく50歳を迎える彼が日本であまり知られていないなんて、信じられないわ! だってニコラは私がサポートなんてする必要はまったくなく、ヨーロッパでは素晴らしいキャリアを積んで充実した活動をしているのに。彼は真摯で謙虚。インテリジェントで本当に素晴らしい音楽を聴かせてくれます。彼に『スター』という感覚はないかもしれないけれど、音楽家としてこういう態度はとても大事だし、ニコラのようなピアニストにこそ人々の関心が強まることを望んでいます。」(輸入元情報)

【収録情報】
プロコフィエフ:
● ピアノ・ソナタ第8番 変ロ長調 Op.84
● 束の間の幻影 Op.22
● バレエ音楽『ロメオとジュリエット』からの10の小品〜第2,4,6,10曲


 ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)

 録音時期:2019年9月23-26日
 録音場所:フランス、エヴィアン、ラ・グランジュ・オ・ラック
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
ピアノ・ソナタ第8番、束の間の幻影、『ロメオとジュリエット』からの10の小品より ニコラ・アンゲリッシュ

CD輸入盤

ピアノ・ソナタ第8番、束の間の幻影、『ロメオとジュリエット』からの10の小品より ニコラ・アンゲリッシュ

プロコフィエフ(1891-1953)

価格(税込) : ¥2,530

会員価格(税込) : ¥1,690

まとめ買い価格(税込) : ¥1,690

ご予約商品 - 2021年01月22日 発売予定

20件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて