【全曲解説】Mary's Blood『Re>Animator』

2020年09月29日 (火) 20:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキスト by EYE(Vo) SAKI(Gt) RIO(Ba) MARI(Dr)



1. ペガサス幻想 ※TVアニメ『聖闘士星矢』OP

聖闘士星矢といえばやはりこの曲。海外でも絶大な人気を誇る「元祖ペガサス幻想」を歌われたご本人、そして我が歌の師匠であるMAKE-UPのNoBさんと念願のツインヴォーカルで収録させていただきました。
一口にアニソンカバーといってもヴォーカリストの表現次第で如何様にも変身させられるのが、一般的には賛否の分かれるところだと思います。が、私はNoBさんのその歌声に憧れて師事してきた人間です。ペガサス幻想で共演オファーをした裏では、歌は絶対ストレートにカバーすると決意したと同時に理想に追いつきたい思い、そして己への挑戦がありました。
これを耳にした全てのペガサスファンの方々に気に入ってもらえますように!!(EYE)


2. 甲賀忍法帖 ※TVアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』OP

スピード感を重視したメタルなアレンジになりました。ドラムは私のルーツとも言える要素を詰め込んだ内容になっていて、タム回しやAメロのアレンジは演奏している最中についニヤけてしまう程です。何だかわかった人がいたらこっそり教えて下さい(笑)。
とにかく魂を込めていると言えます。
その中で原曲の素晴らしさを最大限に活かせるようにと考えて、細部に至るまでメンバーで色々とアイディアを出し合った事がとても印象に残っています。
ぜひライブでは思い切り頭を振って、一緒に盛り上がりましょう。(MARI)


3. Magia ※TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』ED

元々“まどマギ”にハマってRIOちゃんに教えたのは私です!!あらすじを教えたら観てくれたのが“まどマギ”思い出です。マミさんの衝撃は忘れられない……。
アレンジの事ですと、Kalafinaさんのオリジナルの美しくも禍々しさのある独特の雰囲気を崩さないように気を使いました。イントロにケチャを導入するのはプロデューサー兼アレンジャーのSINさんのアイディアで、より恐ろしげな雰囲気が出たなあと感じました。ギタープレイは7弦でとにかくヘヴィになるように刻んでおります。ソロはアニメの情景を思い浮かべて浮遊感を持つと共に、ヴォーカリゼーションの工夫際立つDメロに続くことを意識して演奏しました。(SAKI)


4. 終曲:BATTLER(悪魔組曲作品666番二短調)〜荒涼たる新世界 ※TVアニメ 『テラフォーマーズ リベンジ』OP

聖飢魔IIの35周年という節目にカバーさせて頂けたということに感謝の気持ちでいっぱいです。とにかくアニメファンの方はもちろん、信者の方にも「まあ、頑張ったんじゃないか」と仰っていただけるような作品になるようアレンジも神経を使いながら細かい箇所まで考えました。聖飢魔IIの楽曲のフレーズをいくつか各所にちりばめています。
『荒涼たる新世界』が闘う者達への応援歌とも言えるような楽曲でしたので、『終曲:BATTLER』をイントロダクションとすることで、より楽曲のエネルギーを強くできるのではないかとも考えてこの構成としています。
この曲では地球デビュー後に所属されていた3名のギタリスト各々のシグネイチャーモデルを用いて録音し、BATTLERに関しては日比谷野音での演奏を参考に、ヴィブラートの掛け方も参謀、長官のミサ時のニュアンスをそれぞれ参考にしています。(SAKI)


5. unravel ※TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』OP

自分が候補を出させていただいたのですが、原曲のドラマティックな展開とバランス、全パートがとても素晴らしくあまりの隙の無さにとても悩みました。絶対に原曲のイメージを大事にしたいと決めていたのですが特に「悲壮感」は絶対と作業させていただきました。
自分なりのエモスクリーム、メタルコアを意識してブレイク箇所を伸ばしたりしています。チェック段階でホワイトノイズを最大まで無くし、自分が今できる全ての技術がこの曲に全て入っています。この曲に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。(RIO)


6. Forever Love ※アニメ映画『X』主題歌

学生の頃に初めてX JAPANを聴いて、それをきっかけにバンドや音楽にハマって今に至ります。カッコいいバンドを組んでドラマーになりたいと思った私の原点です。X JAPANの楽曲をカバーする事ができて本当に嬉しく思います。
「Re>Animator」の中で唯一のバラードという事もあり、原曲の美しさに浸りながら1音1音想いを込めて演奏しました。
初めてブラシを使ったアレンジを取り入れた所はぜひ聴いて頂きたいポイントです。(MARI)


7. 魂のルフラン ※アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌

本家魂のルフランで英訳詞やコーラスワークをされていたLynne Hobdayさんにクワイアパートを歌っていただけて、仕上がった音源を聴いたときは生命の源へ還りそうになりました……。
ルフランがテーマ曲になっているエヴァ自体も1アニオタとして大好きな作品なので、だからこそ尚更、原作や原曲の世界観を的確に再表現したいという意気込みで選曲したのですが、結果Mary's Bloodアレンジのヘヴィなグルーヴ感にLynneさんの妖艶な歌声が重なり「エヴァの裏側」のような、より深い世界線に引きずり込まれて想定を上回る“ツウ”な仕上がりになったのでもう私はニヤニヤが止まりません。(EYE)


8. INVOKE ※TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』OP

ガンダムSEEDのOPです。原曲自体が疾走感があり凄くかっこいいのでバンドアレンジだったら……!と、とてもワクワクしました。特に間奏部分のドラマティックな展開は鳥肌モノです。
サビ前のキメ部分などメンバー内で夜中までやりとりしたり、サビのスネアを頭打ちにするのかどうするか結構議論を重ねました。
ベース的なお話ですと大ファンであるアスランの戦闘シーンや人間模様を意識しています。曲全体が宇宙だとして、ベースソロは空・海・陸をイメージしました。Macの横にプラモデルを置きながら作業しました。(RIO)


9. Driver's High ※TVアニメ『GTO』OP

L'Arc〜en〜Cielファン通称“ドエル”なら、あ!これ!分かってるねー!と言ってもらえるであろう小ネタ?を採用したり、hydeさんの歌を完コピしようとコピバンまでやっていた私は、細かすぎて伝わらなさそうな発音のニュアンスまでこだわってカバーしております。コーラス含め歌レコーディングが最高に楽しかったです。
そんなラルクになくてはならない存在だと言われているプロデューサーの岡野ハジメさんに、オリジナルアルバムを手掛けていただいていたMary's Bloodです。いつかライブで演奏する際には、会場のどこかで岡野さんがヘドバンしてるかもしれません。目撃したらぜひ皆さんも一緒に暴れ倒してください。(EYE)


10. Exterminate ※TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアGX』OP

カバーさせて頂くにあたって、Mary's Bloodらしさやバンドの骨太なライブ感を意識して取り組みました。水樹奈々さんのライブの映像も何度も拝見して、自分の中で演奏する際のイメージを膨らませました。
ドラムソロ風のアレンジも加えているので、是非その辺りも聴いて頂けたらと思います。 ワクワクする魅力的なポイントがたくさん散りばめられていて、演奏していてとても楽しかったです。(MARI)


11. ウィーアー! ※TVアニメ『ONE PIECE』OP

Mary's Bloodは2019年で結成10周年を迎え、今回の「Re>Animator」でもう6枚目のメジャーフルアルバムとなりました。これはバンドだけの力じゃなく、沢山の仲間が支えてくれたからこそ辿り着いた結果です。ルフィを中心にどんどん増えていく絆とストーリーにMary's Bloodを重ねて、私達の信頼する仲間たちへメッセージを贈りたいと思って選出した曲なのです。
このアルバムの中では唯一といってもいいくらい、曲調もキーもテンポもガラッと変えたアレンジになり大変ではありましたが、それでも違和感なく仕上げ切れるのがウチらの強ぇーところだし!これがウチらのストーリーってことです!!(EYE)


Mary's Blood『Re>Animator』

GENRE:METAL, LOUDROCK
新旧アニソンを詰め込んだ、アニメ、原曲、リスナーへの愛溢れる初メタル・カバー・アルバム
アニメへの愛。原曲への愛。そして、リスナーへの愛。このアルバムはそんな三つ巴の愛に溢れた作品に仕上がっている。様々なアーティストたちが作り上げてきた新旧の有名アニソンを計11曲も詰め込んであるだけに、今作は日本のサブカルチャーをMary's Blood流の解釈でまとめあげた、超プロフェッショナルな同人音楽として聴くこともできそうだ。“あの曲がこうなるのか!”、“この曲を姐さんたちが表現するとこんなことに!?”と、多くの納得や驚きを得られるという意味で、ここにはオリジナル・アルバム以上の面白みが満ちているとも言える気が。中でも「魂のルフラン」で聴けるEYEの母性ダダ漏れ具合は秀逸すぎて思わず“還りたくなった”ほどだ。姐さんたちの推しへの愛は、やはり激しく熱かった!!
杉江 由紀 【ライター推薦】


Re>Animator

CD

Re>Animator

Mary's Blood

価格(税込) : ¥3,100

発売日: 2020年08月26日

激ロックxHMV 9月のレコメンド

激ロック×HMV&BOOKS online vol.86

9月は、HOTSQUALL、葉月、Mary's Blood をクローズアップ。その他、レコメンド全9タイトルのレビューを公開。

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2020年09月29日 (火) 20:00

%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

Mary's Bloodに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る