デ・ヴィート/ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番

2020年07月10日 (金) 16:40 - HMV&BOOKS online - クラシック

奏者の息づかいさえも聴き取れる明瞭な音質、
ジョコンダ・デ・ヴィート、ブラームスのソナタ集
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズ


【このCDの復刻者より】
「ジョコンダ・デ・ヴィートの録音遺産の中でもブラームスの3曲のヴァイオリン・ソナタは、彼女の資質に最も似合った、名演中の名演として知られています。その演奏を、演奏者の息づかいが間近に聴き取れるような音質で復刻しました。
 また、解説書にはデ・ヴィートの引退直後に行われたインタビューも掲載しています。現役時代の苦悩、早すぎる引退(50代半ば)の理由、引退後の生活などを切々と語っています。もともとデ・ヴィートの取材記事は非常に少なく、たいへんに貴重な資料です。」(平林直哉)

【収録情報】
ブラームス:
1. ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調 Op.78『雨の歌』
2. ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.100
3. ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 Op.108


 ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
 エトヴィン・フィッシャー(ピアノ:1,3)
 ティト・アプレア(ピアノ:2)

 録音時期:1954年5月11,12日(1)、1956年3月29日(2)、1954年10月18-20日(3)
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード・スタジオ
 録音方式:モノラル(セッション)
 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)
3件中1-3件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて