トップ > アニメ > 商品情報 > ミュージック・声優 > 豊崎愛生ニュー・シングル「Uh-LaLa」発売記念インタビュー

豊崎愛生ニュー・シングル「Uh-LaLa」発売記念インタビュー HMVアニメ インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2015年6月18日 (木)

豊崎愛生

ご購入はこちら

6月24日発売のニュー・シングル「Uh-LaLa」のリリースに合わせて、豊崎愛生さんにお話を伺いました。 シングルのテーマが「夏」ということなので、シングルにまつわるエピソードはもちろんのこと、大の音楽ファンである豊崎さんがオススメする夏の名曲、この夏にしてみたいことなどなど…がっつり語っていただきました。

---今回リリースされる「Uh-LaLa」は、スフィアの5周年プロジェクトが一段落した後ということで、意識的にこれまでのシングルと違うということはありますでしょうか。

豊崎さん:「Uh-LaLa」は13枚目のシングルなんですけど、夏の歌をリリースさせていただくのは初めてでして。これまでにも夏の時期にシングルを出させていただくことはあったんですけど、季節感がハッキリ“夏”というのは今までなくて…それで今回リリース日が6月24日というのが先に決まったので、初夏という時期を意識して季節感のあるものにチャレンジしてみようかなって思い、制作が始まりました。

---「Uh-LaLa」は、「春風 SHUN PU」(作詞・作曲)「片想いのテーマ」(作詞・作曲)「music」(作詞)を手掛けたつじあやのさんの作詞作曲です。今回つじさんを起用された理由は。

豊崎さん:つじさんとはまた機会があったら是非コラボさせてください!という感じでしたので、今回改めてお願いすることになりました。今回ラフは2曲あげていただいて、ひとつはどちらかというとバラードとまではいかないんですけど、しっとりめというか、おとなしめの曲で、もうひとつは「Uh-LaLa」の原型となったラフをあげてくださいました。それでディレクターさんやスタッフさん達と相談した結果、季節のこともあるし手前のシングルが「ポートレイト」でバラードだったということもあって、今回は元気いっぱいになりそうな曲の方をシングルにさせていただくことになりました。

---「元気いっぱい」というところでいうと、豊崎さんはこの4月から朝の情報番組『チャージ730!』に出演されていますよね。偶然なのか「Uh-LaLa」は聴いていると元気がチャージされるような曲だなと感じました。

豊崎さん:そうなんですよ〜。つじさんには「初夏っぽい感じで」と、オファーを出していたんですけど、つじさんが『チャージ730!』を観てくださっているらしくて(笑)

---あ、やっぱりそうなんですね!

豊崎さん:それで、つじさん的には1日の始まりに聴いて元気の出る曲を朝っぽいテイストで作ってみましたと仰ってくれて(笑)。なのでそれ(番組のイメージ)はあるかもしれないです(笑)。結果、太陽を感じるといいますか、朝の雰囲気もある感じで録らさせていただきました。うふふ。

---番組を観て新たに豊崎さんを知られるっていう方たちもいるんじゃないかなって思うのですが、そういう方たちにとって今回のシングルは名刺代わりになるような曲になるのではないかなと。

豊崎さん:ありがとうございます!確かに、朝のニュース番組で流れていても大丈夫な元気さと爽やかさがある曲になったなと思います。

---「Uh-LaLa」は今までのシングルと比べて珍しいタイトルといいますか、抽象的ですよね。

豊崎さん:「Uh-LaLa」は今までの曲とは違って、これというメッセージ性がない曲というか、いい意味でこれが伝えたくて、この気持ちが言いたくて、一番大事なテーマはこれで…というのがピンポイントで無い曲なんですね。今までの曲は、最近こう思っていて、こう伝えたくて、それを表現するためにはどうすればいいんだろう?というある種のメッセージを音楽の力を借りて歌詞も相談しながら作ってきたので、自分の中でワードとして出ているものもあるし、実は私が一番伝えたいことはオブラートに包んでいるけど、こういう気持ち…とかテーマ性がありました。

ミュージックビデオも画面の向こう側の人に向かって歌う、伝えるような、そういう曲が多かったんですけど、今回は全体を合わせて夏休みが始まる前のワクワク感とか、夏の準備をしてそわそわしている感じとか、そういう雰囲気楽曲にしたいなと思いました。そこでタイトルをこれっていう固定したアイテムの名前とか固有名詞にしちゃうと、そこが一番大事なワードなのかなっていうふうに思われちゃうのも、ちょっともったいないかなって。

歌詞も出来上がってレコーディングもして、タイトルを私が決めるという段階で色々夏っぽいワードとか歌詞には出てきていないけど、夏といえばこれ!みたいなタイトルも案として挙げたんですけど、どれも私的にはしっくりこなくて、もうここはメッセージ性もないから全体として、鼻歌みたいなノリっていう感じでいいのかなぁって。私の個人的な感覚で言うと「Rama Lama Ding Dong」みたいな(笑)。

---ああ、なるほど(笑)

豊崎さん:うふふ。なんか連呼して言ってることに意味は無いんだけど、気持ちはある!っていうか楽しい!って。(歌いながら)「Lollipop Lollipop」とか(笑)。なんかそういうことでいいのかなって思って今回は「Uh-LaLa」っていう名前をタイトルに付けさせていただきました。

---タイトルはノリやリズム感重視で付けられたとのことですが、ミュージックビデオやジャケット写真はどのような感じになりますでしょうか。

豊崎さん:夏っぽいイメージにしようといったところから、音とビジュアルワークを同時進行で作らなければならなくなり、スタッフさんからはアイデアがあったら、ガンガン投げてくださいって言われていまして(笑)。今回はどうしようかなぁって…曲の最終形態も見えていなくて、夏っぽい…って考えていたときに、私はつじあやのさんの楽曲を聴いていて、つじさんを好きな理由といいますか、ファンである理由に、どこかしら「和」を感じるというか、つじさんが歌うとロックもポップな洋楽的な曲も、成分としてなのか声なのか、リズムなのか、何かしら日本人が歌っている可愛らしさが凄くあるなぁと思うんですね。

今回つじさんが表題曲を作ってくださるので、きっとそういう可愛らしさを私が表現することによってコラボの意味といいますか、つじさんの持つ、ちょっとした“侘び寂び”のようなものが最終的に歌に乗る楽曲になればいいなと思ったので、ビジュアルワークも、音だけ聴くとサーフミュージックみたいな感じで、洋楽ロック的な曲進行になっているんですけど、そこを敢えて、日本の夏にしちゃうとちょっとハズしていて可愛いかなぁと。曲はロックの方になるんですけど、ビジュアルはザ・ジャパニーズでお願いします、という話をしたら、周りのスタッフさん的にはどちらかと言うと、サーフボードを持って海!とかの夏を想像していたみたいで、「え?そうなの?」っていうリアクションでした(笑)。

「Uh-LaLa」ジャケット写真
「Uh-LaLa」ジャケット写真 


---いわゆる初期ビーチ・ボーイズ的なイメージを。

豊崎さん:はい!でも違うんです!レモネードとかサイダーじゃなくて、麦茶とかラムネなんです!って(笑)。

---なるほど(笑)。

豊崎さん:ニュアンスの話をずっとしていて。で、そういう少しハズしている感というか、ゆるさを上手くビジュアルワークで作ることによって、がんばり過ぎないロックみたいな感じで、ちょっと力の抜けたゆるいロックで楽しい歌になるのかなと思ったので、今回は敢えてハズしていくというのをポイントにしています。

---それは完成が楽しみですね。

豊崎さん:ザ・日本の夏!(笑)

---(笑)日本の夏…といいますと、カップリングの「ほおずき」の方は和のテイストといいますか、昔を思い出させるような楽曲になっています。

豊崎さん:うんうん、そうですね。

---初のコラボでbonobos(ボノボ) の蔡忠浩(サイチュンホ)さんが楽曲を手がけられていますが、豊崎さんのブログを拝見したら、今回のコラボに対してかなり待望されているように感じました。

豊崎さん:もう、めっちゃ好きで(笑)!bonobosさんとやりたーい!っていうのはずっと言ってました。表題曲のテーマが初夏で、リリースタイミングも初夏で…だったらカップリングも別のベクトルを持った夏の歌にできたらいいな、というアイデアもあり、蔡さんに作っていただきました。何ていうんだろうな、それこそゆるっと聴けて少しセンチメンタルで、ポワポワした感じで聴けるといいますか…(bonobosの)そういうところがとても好きなので、「ほおずき」もそういったテイストのレゲエ・ナンバーにしていただきました。「Uh-LaLa」が凄く元気なぶん、こっちはしっとりと。だいぶマニアックというか、とても素敵な曲に仕上げてもらいました。

---曲調もノスタルジックですが、歌詞もバック・イン・ザ・デイズ的といいますか、ちょっと後ろを振り返っているような。

豊崎さん:そうですね〜。初恋の思い出といいますか。うふふ(笑)。

---歌声もいつもより少し大人びていているように感じますし、対比として昔を振り返っている感じが表れていますよね。

豊崎さん:そうですね、この曲は男の子目線で淡い初恋の切なげな、良き思い出を語るという曲で…だけど私は女性なので物語を辿るみたいな、昔のことを思い出すような優しい目線で歌えるとキュンとするんじゃないかな、と思いました。仮歌の男性の声で入れてくださっている感じがとても素敵で…ちょいちょいファルセットになるからこそキュンとする…これ男の人の音階で、音符の流れがとてもメンズライクな歌だと思ったので、男の人が歌うからこそ出る切なさとか可愛らしさとかがいっぱい詰まっていて、それを私のキーにしちゃうことで、なんかこのキー全然苦しくなくて出ちゃうとか、狙っていけない部分がいっぱいあったので、凄く苦労しました。でも結果、男声、女声で1オクターヴ違いでデュエットできるキー設定になったんじゃないかなって。なので、これは2人で歌ったりとかしたらおしゃれなんじゃないかなぁ、ていうのを完成してから思いましたね。

楽器録りに行ったときに蔡さんとお話したんですけど、今回、ラッパとか、ベースとかギターとかクラリネットとかフルートとか和の楽器がない中で、和のテイストを表現して、しかも曲調はレゲエっていうのが本当にbonobosらしいなっていう(笑)。ちょうど私が駆けつけたときに今からフルートを録るタイミングで。フルートが本当に印象に残る曲になっていて、ぱっと聴くと、祭りの時の横笛みたいな感じに聴こえるんですけど、でも実はフルートでって。和風の音階で吹いていただいて、だからこそ出る、不思議な夢のような世界観みたいな。ちょっとしたこう、ザ・和風っていうのからも少しズレた感じも凄く気持ちいいので、最初から最後まで聴いてもらえたら嬉しいです。

---なるほど。夏の名曲2曲が誕生したということで、豊崎さんが思う夏の曲ってどんな曲がありますか?

豊崎さん:えぇ〜!超ベタなんですけど、「ヒート・ウェイヴ」(※)ですかね。

※1960年代に活躍した女性コーラス・グループ、マーサ&ザ・ヴァンデラスの楽曲。
こちらから試聴♪できます

---豊崎さんらしいチョイスですね。

豊崎さん:これを聴くと凄い夏って感じが。「ロコ・モーション」(※)も…THE・夏って感じがするんですけど、私は「ヒート・ウェイヴ」ですね!(笑)

※リトル・エヴァが1962年にリリースした楽曲。一般的にはこちらの方が有名かも。
こちらから試聴♪できます

---ちなみに今年は夏フェスに行かれたりする予定はあったりしますでしょうか?

豊崎さん:はい、行きたいですね〜。実は去年もこっそり行ってて…割りと行ってる方だと思います(笑)。フェスでキャンプしたりしていますよ!

---お〜、そうなんですね。

豊崎さん:フェスといえば、私の地元の徳島の近くで「島フェス」というフェスが開催されて、それにbonobosさんが出るっていうので、いつものフェスに行く友達10人位で島フェス行こうって話になっていたのに、直前でお仕事が入ってしまい、結局行けなくて、いいなー、行きたかったなー(泣)って思っていたんですけど、今回のシングルでbonobosさんとご一緒させていただけたので、ホントに嬉しかったです…。
(突然)あっ!そうそう!スイカを食べました!!

---唐突ですね(笑)。スイカですか。

豊崎さん:毎年初めてスイカを食べる日っていうのを決めあぐねているのですが、気持ち的には海開き、プール開き、スイカ開きみたいな!とにかくスイカを初めて食べるっていう日を、いつにしようかとても悩むんですけど、今年はレコーディングのときに蔡さんと食べることができました!せっかくなのでレコーディングに、スイカをよいしょって持って行って。シャクシャクみんなで食べて、良い思い出が出来ました。うふふ。

---今回の曲はどちらも夏フェスで聴いたら楽しそうですよね。

豊崎さん:そうですね…いつかは出てみたいですね。

---いっその事、豊崎さんがキュレーターとなってフェスを開催してみてはいかがでしょう。

豊崎さん:それ、やりたいです!!それは夢ですね。関わらせていただいたアーティストの方々に出演していただけたら楽しいですね!

---ぜひ実現して欲しいですね。今年の夏にトライしてみたいことは。

豊崎さん:今年の夏は…そうだなぁ、今キャンプにハマっていてキャンプのギアを集めているので、何か外で食べる…っていうのをやりたいです。ちっちゃい時とかはバーベキューとかはやっていたんですけど、ハマりだしたのが去年の秋口くらいからなので、まだ夏のキャンプをがっつり体験していなくて。今年は夏にバーベキューをやりたいです、魚を釣ってその場で焼いたり!

---最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。

豊崎さん:はい!ちょうど夏の準備を始める楽しい時期にリリースさせていただくことになりました。夏休みがある人も、ないけど楽しい予定がいっぱい詰まっているよって人も、遠足の準備をするみたいに、夏の準備をするお供に、この「Uh-LaLa」をBGMにしていただけたら嬉しいです。是非いっぱい聴いてください!



「Uh-LaLa」HMV特典ブロマイド絵柄はこちら!



※特典は商品と同梱してお届けします。
※既にご予約が完了されているお客様も特典の対象となります。
※先着特典となっております。なくなり次第終了となりますので予めご了承下さい。
※画像はイメージです。実物とは異なる場合もございますので予めご了承下さい。
※特典の有無は商品ページの特典に関する記載をご確認ください。

関連ニュース

TrySail 2ndシングル「コバルト」リリース決定! 
麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜という新進気鋭の女性声優3人によるユニット「TrySail」の2枚目となるシングルの発売が決定。7月から放送開始となるTV アニメ「Classroom☆Crisis」の...
寿美菜子ニュー・シングル「black hole」発売記念インタビュー 
4月8日リリースのニューシングル「black hole」に合わせた寿美菜子さんのインタビュー。 ソロツアー直前ということもあり、シングルにまつわるエピソードはもちろんのこと、ライブへの意気込みも語っていただきました。
戸松遥『Harukarisk*Land』発売記念インタビュー 
3rdアルバム『Harukarisk*Land』をリリースする戸松遥さんにお話を伺いました。構想2年にも及ぶアルバムコンセプトについて、新曲にまつわるエピソードについて…制限時間いっぱいまで語って頂きました!
スペシャル・インタビュー 『これまでのスフィア これからのスフィア』 
駆け抜けてきた5年間を振り返るとともに、各メンバーにスポットを当てたクロストーク、これから待っている未来について存分に語ってもらいました。彼女たちの魅力と想いが伝わってくる豪華超ロングインタビュー!。
豊崎愛生インタビュー アーカイブ 
2009年ソロデビュー時から行ってきたインタビュー記事はこちらからチェックを。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Uh-LaLa (CD+DVD)【初回生産限定盤】

CDシングル

Uh-LaLa (CD+DVD)【初回生産限定盤】

豊崎愛生

価格(税込) : ¥1,884
会員価格(税込) : ¥1,734
まとめ買い価格(税込) : ¥1,545

発売日:2015年06月24日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

Uh-LaLa 【通常盤】

CDシングル

Uh-LaLa 【通常盤】

豊崎愛生

価格(税込) : ¥1,365
会員価格(税込) : ¥1,256
まとめ買い価格(税込) : ¥1,120

発売日:2015年06月24日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

インタビューで登場した楽曲収録の作品

10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

こちらもオススメ

  • Sphere BEST live 2015 ミッションイントロッコ!!!! -plan B- LIVE Blu-ray disc

    Blu-ray Disc

    Sphere BEST live 2015 ミッションイントロッコ!!!! -plan B- LIVE Blu-ray disc

    Sphere -スフィア-

    価格(税込) : ¥9,240
    会員価格(税込) : ¥8,316
    まとめ買い価格(税込) : ¥7,854

    発売日:2015年08月26日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • vivid brilliant door! (CD+DVD)【初回生産限定盤】

    CDシングル 限定盤

    vivid brilliant door! (CD+DVD)【初回生産限定盤】

    Sphere -スフィア-

    価格(税込) : ¥1,980
    会員価格(税込) : ¥1,822
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,624

    発売日:2015年07月15日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • vivid brilliant door! 【通常盤】

    CDシングル

    vivid brilliant door! 【通常盤】

    Sphere -スフィア-

    価格(税込) : ¥1,320
    会員価格(税込) : ¥1,214

    発売日:2015年07月15日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • vivid brilliant door! (タイアップアニメ版権ジャケット)【期間生産限定盤】

    CDシングル 限定盤

    vivid brilliant door! (タイアップアニメ版権ジャケット)【期間生産限定盤】

    Sphere -スフィア-

    価格(税込) : ¥1,320
    会員価格(税込) : ¥1,214
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,082

    発売日:2015年07月15日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Rebirth-day  (CD+DVD)【初回生産限定盤】

    CDシングル 限定盤

    Rebirth-day (CD+DVD)【初回生産限定盤】

    高垣彩陽

    価格(税込) : ¥1,884
    会員価格(税込) : ¥1,734
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,545

    発売日:2015年07月29日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Rebirth-day  【通常盤】

    CDシングル

    Rebirth-day 【通常盤】

    高垣彩陽

    価格(税込) : ¥1,365
    会員価格(税込) : ¥1,256
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,120

    発売日:2015年07月29日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Rebirth-day  (期間限定生産盤)【アニメ盤】

    CDシングル 限定盤

    Rebirth-day (期間限定生産盤)【アニメ盤】

    高垣彩陽

    価格(税込) : ¥1,365
    会員価格(税込) : ¥1,256
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,120

    発売日:2015年07月29日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 戸松遥写真集 I may Me

    本

    戸松遥写真集 I may Me

    戸松遥

    価格(税込) : ¥3,520

    発行年月:2015年06月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • コバルト 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

    CDシングル 限定盤

    コバルト 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

    TrySail

    価格(税込) : ¥1,870
    会員価格(税込) : ¥1,720
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,533

    発売日:2015年08月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • コバルト 【期間生産限定盤】(CD+DVD)

    CDシングル 限定盤

    コバルト 【期間生産限定盤】(CD+DVD)

    TrySail

    価格(税込) : ¥1,760
    会員価格(税込) : ¥1,619
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,443

    発売日:2015年08月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • コバルト 【通常盤】

    CDシングル

    コバルト 【通常盤】

    TrySail

    価格(税込) : ¥1,320
    会員価格(税込) : ¥1,214

    発売日:2015年08月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です
10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です