【インタビュー】ドラマチックアラスカ

ROCK NEXT STANDARD

2013年11月18日 (月)

ドラマチックアラスカ

音源リリース前からCOMIN' KOBE13への出演するなど、インディーズシーンにおいて今最も注目を浴びているバンドの一つでもあるドラマチックアラスカ。インパクトの強いバンド名と王道とも言えるギターロックを鳴らす彼ら。王道であるからこそメロディの良さが際立つ。前作より半年で素晴らしい作品を完成させた彼らにメールインタビューを行いました!

-- HMV ONLINEに初登場ということで簡単に自己紹介をお願いします。

ヒジカタナオト (以下ヒジカタ):神戸で活動しています、4人組ロックバンド「ドラマチックアラスカ」です。よろしくお願いします。


-- ドラマチックアラスカは、いつ頃、どのような仲間が集まって結成されたバンドでしょうか?

ヒジカタ:高校生のときに、文化祭で知り合った4人で結成しました。


-- ご自身を含め、各メンバーのバンドでの役割を教えてください。

ヒジカタ:ヒジカタ:Vo&Gt、小さい人
トバ:Gt、髪が長い人
マルオカ:Ba、超大型巨人
ニシバタ:Dr、Mr.フードファイター


-- 印象的なバンド名ですが、バンド名の命名者はどなたでしょうか?どんな意味/思いを込めましたか?

ヒジカタ:僕とトバで考えました。僕がアラスカという場所に勝手な憧れを抱いていて、バンド名に入れてみたらおもしろいんじゃないかと思いました。それだけでは寂しかったので、じゃあ何で形容するかとなったときに、色々試した結果「ドラマチック」が1番うまくハマったので、「ドラマチックアラスカ」で行こうということになりました。恐らく、一回聞いたら忘れないバンド名になったと思うので、気に入っています(笑)


-- ご自身に最も影響を与えたアーティストを1つ挙げてください。

ヒジカタ:the pillowsの影響は大きいと思います。高校生のときに知って、それからずっと憧れています。


-- バンドを結成した初めて演奏した楽曲(カバー)(アーティスト名/楽曲)を教えて下さい。

ヒジカタ:バビロン天使の詩/the pillows


-- 1stミニアルバムをリリースする前からCOMIN' KOBE13への出演等で話題になっていましたが、実際に『ドラマチックアラスカ』をリリースして周りの反応はどうでしたか?

ヒジカタ:セルフタイトルにしたことも良かったと思うんですが、このバンドの名前だけでも知ってくれている人が増えたのを感じました。それによって、次の展望が開けたというか、次にどうすれば良いか、ということが考えやすくなりました。それを反映したのが今作でもあります。あとは、僕の知らない「友達」が増えました(笑)


-- それから約半年での2ndミニアルバム『オーロラを待っている』の発売となりますが、この作品はドラマティックアラスカにとってどんな位置づけの作品となりましたか?

ヒジカタ:前作はイントロダクション的なアルバムだと思っていて。今からが本番だと思ってほしいです。前作は興味を持ってもらうための選曲というか、攻めの4曲を詰めていたので。今作で、こういうこともできるのか、という風に思ってもらえたらうれしいです。


-- 今作ではプロデュースにいしわたり淳治氏を起用してますが、どんな経緯でプロデュースをお願いしたのでしょうか?

ヒジカタ:やはり、歌詞のことで苦労することが多くて。日本のシーンの第一線で活躍されているバンドに歌詞が良くないバンドはいないし、そういったバンドを多々プロデュースされているいしわたりさんに色々勉強させていただきたいと思い、主に歌詞の面でプロデュースをお願いするに至りました。


-- 実際の作業はどのようにして行われましたか?

ヒジカタ:いしわたりさんも一時的にメンバーとなって、一緒にスタジオに入ってアレンジを練り直したりしました。できるだけ、僕たちの持っている引き出しの中から引き出したり、またそれを拡張できるような方法を取ってくださったので、僕たちの振れ幅も大きくなりました。


-- アルバム制作を通して、苦労した点、おいしかった食べ物、なんでもよいですが、一番印象深い出来事はなんでしたか?

ヒジカタ:なんでか分からないんですけど、僕らの使うレコーディングスタジオのまわりってあんまりお店とかがなくって、いしわたりさんと一緒にみんなで毎日カレー食べてました。


-- 作品の中でも、特に気に入っている楽曲とその理由を教えて下さい。

ヒジカタ:やはり和心(わごころ)ですかね。これは前作収録の「リダイヤル」よりも古い曲で、初期の頃に制作した曲で今でも演奏している曲はこの曲だけです。そういった点で思い入れが強い曲です。高校生のときにはアウトプットできなかった部分を、いしわたりさんの力もお借りしてブラッシュアップさせることができました。


-- 自分たちの音楽をどんな人に聴いて欲しいですか?

ヒジカタ:「ふつうのひと」に聞いてほしいです。僕自身、ふつうのひとだったと思うので。いじめられているわけでもないけど、誰かの先頭に立てるような人気者でもなかった。でも、そういう生活の中でもバンドでライブをすると、その30分はフロアにいるみんなが自分のことを見てくれる。それがうれしくて、その感触を何度も何度も求めるうちに、3年経ったらこうなってました。別に音楽じゃなくてもいいと思うので、同じような人たちの何かをくすぶらせることができたら、と思います。


-- バンドの1年後の野望を教えてください。

ヒジカタ:夏フェス!


-- それでは最後にHMV ONLINEをご覧の皆様に一言おねがいします。

ヒジカタ:興味を持っていただけましたでしょうか。ぜひHMV店頭にてCDを手にとってもらえればうれしいです。そして、ライブハウスでお待ちしてます。


-- 有難う御座いました!


ドラマチックアラスカ ニューアルバム !!

ドラマチックアラスカ 『オーロラを待っている』 11月19日発売

いしわたり淳治プロデュースによる「和心」「打ち上げ花火」を含む7曲入りミニアルバムがリリース!
2013年4月カミングコウベのブラックステージで異例のトリを努め、半年にして最高傑作が堂々完成! 初の全国ツアーを終え、ここからドラマチックアラスカのストーリーが始まる。神戸の最終兵器から関西の最終兵器へ。類まれなるメロディーセンスと、ソリッドなギター、これぞ王道ギターロック。

【ローソンWEB会員限定】応募抽選で「ドラマチックアラスカ サイン入りB2サイズポスター」を5名様にプレゼント
※応募抽選の詳細は必ず商品詳細ページでご確認下さい

先着特典:ステッカー
※特典の有無は必ず商品詳細ページでご確認下さい






※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

オーロラを待っている

CD

オーロラを待っている

ドラマチックアラスカ

価格(税込) : ¥1,944
会員価格(税込) : ¥1,788
まとめ買い価格(税込) : ¥1,652

発売日:2013年11月19日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

  • ドラマチックアラスカ

    CD

    ドラマチックアラスカ

    ドラマチックアラスカ

    価格(税込) : ¥1,296
    会員価格(税込) : ¥1,192
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,102

    発売日:2013年06月11日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です