トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 器楽曲 > シュタルケルの『コダーイ:無伴奏』初のステレオ録音

シュタルケルの『コダーイ:無伴奏』初のステレオ録音

2013年7月10日 (水)

名盤復刻!
シュタルケルの『コダーイ:無伴奏ソナタ』初のステレオ録音、第2楽章完全収録


「マイクロフォンはノイマンのM-49とM-269をペアで立てて、どちらを採用するか決めることから録音は始まった。録ってはプレイバック、マイクの位置を動かしては、また収録。マエストロを加えて一番この作品にふさわしい音を追い求めたが、何せ、ピーター・バルトークの「音」が耳に残っていて、それを乗り越えるのは至難の業であった。」 井阪 紘/プロデューサー・ノートより

2013年4月に逝去された巨匠、ヤーノシュ・シュタルケル。彼が1970年代に日本ビクターよりリリースした名盤を復刻します。
 シュタルケルがスターへと登りつめるきっかけとなったコーダイ:無伴奏チェロ・ソナタ。同曲を収録した数多くの名盤を遺した彼が、初めて挑んだステレオ録音盤であり、それまでは一部をカットして演奏していた第2楽章を完全収録しました。
 カップリングはボタームント=シュタルケル編曲による『パガニーニの主題による変奏曲』を収録。当ディスクでは、LPでは未収録だった同曲の未発表テイクをボーナストラックとして収録しています。
 当ディスクの収録曲は、1970年代に日本ビクターより発売されたLPのオリジナル・マスターをデジタル・リマスタリングし、CD化したものです。(CAMERATA)

【収録情報】
・ボタームント/シュタルケル編:パガニーニの主題による変奏曲(主題/変奏1/変奏2/変奏3/変奏4/変奏5/変奏6/変奏7/変奏8)
・コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタop.8

【ボーナス・トラック】 LP未収録テイク(未発表音源)
・ボタームント/シュタルケル編:パガニーニの主題による変奏曲より抜粋

 ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)

 録音時期:1970年12月
 録音場所:東京
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)】
1924年7月、ブダペストに生れる。ブダペストのリスト音楽院で学びアドルフ・シッファーに師事。45年ブダペスト国立歌劇場管弦楽団とブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者に就任。翌年フランスに渡り、48年には、コダーイの無伴奏チェロ・ソナタを収録したレコードでディスク大賞を獲得。同年、指揮者アンタル・ドラティの招きでダラス交響楽団首席チェロ奏者に就任。翌49年に指揮者フリッツ・ライナーの招きでメトロポリタン歌劇場管弦楽団首席チェロ奏者に就任。53年ライナーとともにシカゴ交響楽団に移籍、首席奏者を務め58年まで在籍。54年アメリカ市民権を得て、58年にはインディアナ大学教授に就任。傑出したソリスト、教育者として世界各地で活躍した。渡米後1950年収録のコダーイの無伴奏チェロ・ソナタなど、数々の名録音を遺している。
2013年4月、インディアナ州の自宅で死去、88歳。(CAMERATA)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ、ボタームント:パガニーニ変奏曲 シュタルケル(1970)

CD

コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ、ボタームント:パガニーニ変奏曲 シュタルケル(1970)

コダーイ (1882-1967)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,200
会員価格(税込) : ¥2,024

発売日:2013年07月25日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item