トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 無人島 〜俺の10枚〜 【オリジナル・ラブ 編】

無人島 〜俺の10枚〜 【オリジナル・ラブ 編】 無人島 〜俺の10枚〜へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

日本のシンガーソングライター特集ストア

2013年6月25日 (火)

無人島 〜俺の10枚〜 vol.210 【オリジナル・ラブ 編】

音楽好きには、超定番の企画『無人島 〜俺の10枚〜』!なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらいます!ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別です!
今回のお客様はオリジナル・ラブ、 田島貴男さん!セレクションの後半5枚は80'sからのチョイスでお送りします!

オリジナル・ラブ
【オリジナル・ラブ】

91年にオリジナル・ラヴとして『LOVE! LOVE! & LOVE!』でメジャーデビュー。 代表作として、シングル『接吻』、『プライマル』、アルバム『風の歌を聴け』などがある。 ドラマの主題歌やCM音楽の担当、アルバムプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。

[関連リンク]
  オリジナル・ラブ オフィシャルサイト
  オリジナル・ラブ Twitter
  オリジナル・ラブ facebook




オリジナル・ラブ 『エレクトリックセクシー』
 [2013年06月26日 発売]

前オリジナルアルバム『白熱』から2年ぶり、2枚のライヴアルバムを挟み、オリジナル・ラブ待望の最新作『エレクトリックセクシー』がリリース。本作はシンセサイザーを多用し80'sニューウェーヴ/エレポップの要素を取り入れながらも、単なる80'sリバイバルとは異なるオリジナル・ラブならではの最新型の“エレクトリックソウル”作となっている。「ファッションアピール」「エブリデイ エブリデイ」を筆頭とした、ダンスナンバーが目白押しとなった1枚だ。



【HMVオリジナル特典】

オリジナル・ラブ 『エレクトリックセクシー』をお買い上げの方に先着で「缶バッジ」をプレゼント!
※先着ですので、なくなり次第終了となります。ご了承ください。
※特典の有無は商品ページにてご確認ください。


収録曲

  • 01. スーパースター
  • 02. ファッションアピール
  • 03. エブリデイ エブリデイ
  • 04. エナジーサプライ
  • 05. 線と線
  • 06. きらめきヤングマン
  • 07. セーリングボート
  • 08. 一撃アタック
  • 09. 太陽を背に
  • 10. 帰りのバス

オリジナル・ラブ が選んだ10枚

THE BEATLES
『WHITE ALBUM』

商品ページへ 音楽に目覚めた中学生の頃から親しんでいるアルバムで、どこか無意識的に理想のアルバムはこれだ、と思っている節が自分にはあるみたいだ。人恋しくなった時に聴きたくなりそうな気がする。

John Lee Hooker
『House Of The Blues』 ※廃盤

廃盤 「元気が出る音楽」とよく巷で聞くが、そう言われている音楽を聴くとだいたい元気がなくなるへそ曲がりな僕だが、ジョン・リーの音楽を聞いていると、どんなにへばった時でもなにか落ち着くことができるというか、元気のようななにものかが自分から湧いてくるような感じがする。心の汚さ、小ささ、温かさ、下らなさ、楽しさ、かっこよさ、他、いろんな人間らしさを彼の歌は表現していて、定期的に聞きたくなる。

Joe Pass
『Virtuoso』

商品ページへ 無人島に持ってゆくならCDアルバムよりもギターを一本持っていきたい。それが叶わないからこのアルバムを持っていこうかと。超絶技巧なのにBGMとしても聴ける。ジャズギターの楽しさが詰まった名作。

Sly & The Family Stone
『Stand!』

商品ページへ 躍動的な音楽が好きだ。
ロックンロールが好きだ。
斬新な音楽が好きだ。
汚れたブルースが好きだ。
このアルバムは全部それが入っていると思う。

Robert Johnson
『The Complete Recordings』

商品ページへ 彼ほど完璧なシンガーソングライターはいないのではないかと思うときがある。
一筋縄でいかない小賢しいクールなひねくれ者。 残した曲数の少なさ。 そのほとんどすべてが下賎で美しい、素晴らしくクールな楽曲。 そして謎めいた死など。 20世紀のアメリカの突出した芸術作品と言えはしないか。
音楽としてだけでなく、文学(詩)としても素晴らしいと思うがどうだろう。 ロックの猥雑で怪しい悪魔的な魅力は、彼から始まっている。 クラプトンやストーンズなど、彼の呪いにかかった者たちによってロックが面白いことになったんだ。


 【80's セレクション】

Talking Heads
『Remain In Light』

商品ページへ

Culture Club
『kissing to Be Clever』

商品ページへ

Clash
『London Calling』

商品ページへ

Gang of Four
『Entertainment!』

商品ページへ

Soft Cell
『Non Stop Erotic Cabaret』

商品ページへ







その他オススメ情報はコチラから!

  • 無人島 〜俺の10枚〜

    無人島 〜俺の10枚〜

    音楽好きには超定番の企画!その名も“無人島 〜俺の10枚〜”!バックナンバーはコチラから!