トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 【HMVインタビュー】 パスピエ 『演出家出演』 後編

【HMVインタビュー】 パスピエ 『演出家出演』 後編

ROCK NEXT STANDARD

2013年6月12日 (水)

パスピエ 『演出家出演』 後編 HMV インタビュー
バンド結成からメンバーの趣味嗜好など、パスピエというバンド自体に焦点をあてたインタビュー前編に続き、今週はインタビュー後編をUP。いよいよ迎える大ブレイクの引き金になるだろうパスピエにとって3枚目のアルバム『演出家出演』(6/12発売)を掘り下げた内容に。ますますますますパスピエの音楽が面白くなる!?
インタビュー・文:松井剛



メジャーとパスピエ〜アルバムに見えるライブ感

--- 今年は山下智久さんへの楽曲提供もありましたが、その経験が自身の活動に及ぼした影響などはありますか?

成田: あの曲自体、もともとパスピエでやろうと思っていた楽曲で。まさか採用されるとも思ってなかったんですけど、結果的に採用されたという現実が僕等にとっては大きかったですね。ジャニーズのアーティストが、こういう変化球な楽曲を受け入れてくれたという事に対する驚きと同時に、世の中的にも、こういう曲を受け入れてくれるのかなっていう可能性を見出せた。
今こうやってメジャーっていう場にいる事で、どのような楽曲を作るのかっていう事は考えるんですよ。みんなが歌えるような曲にした方はいいのかとか。認知されるような楽曲を作るべきなのかとか。
でも、あの楽曲が山下さんのシングルとして採用された事で、もっと自分の色を強く出していいんだなっていう事を思えるきっかけになりました。

--- なるほど。そういう意味では、今回のアルバムは、メジャーであること、より広く認知されることを意識した作品ではないですか?

成田: 意識していないと言えば嘘になりますね。前回はシングルなしでいきなり『ONOMIMONO』というアルバムがスタートだったんですけど、今回はアルバムリリース前に配信も含めて3曲出す事が出来たので、まずその事が持つ意味っていうのは凄い大きいと思います。またもう一つ言えるのはフルアルバムであるという点。実質的な収録時間もそうだし、内容量もそうだし。それをどうやって見せようかと思った時に、アルバムの流れよりも、1曲1曲の楽曲が持つ強さを重視したんですね。シングル、配信で印象が強めの3曲が出来たんで、それに負けちゃうような曲を作っちゃうと、アルバムとしてはバランス悪くなっちゃうかなと思って。だからあの3曲がバンドにとってもカンフル剤になっていると思います。

--- 確かに今回のアルバムは息つく間も無いほど、勢いのある楽曲が詰め込まれていますよね。

成田: 僕はそれが“今っぽい”のかなと思っていて。自分を振り返ってみてもアルバムを通して聴くっていう機会が昔に比べて減ったと思うんです。今はYouTubeとか、かいつまんで聴ける状況が増えてきたんで、どの曲をつまんで聴かれた時でも、「パスピエいいね」って思えるようにはしたいなと思います。特にアルバムは11曲と内容量が多いだけに飽きさせないように考えましたね。

--- 1曲目から順番に通して聴いて欲しいという感覚はなく。

成田: もちろんメンバー全員で曲順についてもあーだこーだ話合いましたけど、シャッフルして自分なりのプレイリスト作ってくれてもいいと思ってます。

--- 今回、アルバム制作にあたって、何かテーマはあったのでしょうか?

成田: メンバー全員、去年1年を通してライブで受けた影響が大きいのかなって思います。

やお: 『ONOMIMONO』までは、緻密な作業が多かったんですけど、今回のアルバムは“勢い”と“熱”。ある種の新鮮さを持って望める1、2テイク目が採用される事が多かったですね。熱量とかバンド感が伝わればいいなと思ってます。

三澤: スタジオの録音とライブが近づいてきたっていうか。

--- それは感じますね。僕は今回のアルバムを聴いて「エモいなパスピエ」と思ったんですよ。それこそ“勢い”と“熱”それから“ライブ感”だと思うんですけど。

成田: (大胡田に向かって)録音するときのバンドの聴き方とか変わったもんね。

大胡田: そうですね。これまでは結構バンドの音は小さめに聴いて歌録りしてたんですけど、今回は自分の声と同じくらいまで音量を上げて、楽しくやりました。

--- 先ほど成田さんが言ったライブで受けた影響という部分では?

三澤: ライブでこの曲を演奏するならこういうアレンジにした方が盛り上がるんじゃないかとか、ライブを見据えた上での曲の作り方をするようになりましたね。

成田: あと、最近は露さんもライブで縦横無尽に動くようになったしね。

やお: 今までは定位置で演奏してたんですけど、動き回るようになりました。

--- それは何かあって?

露崎: いや、まぁいろいろミーティングを…

一同: (笑)

露崎: 前作の『ONOMIMONO』とか、その前の『わたし開花したわ』では、アレンジによってライブでは表現しづらい曲とかもあったけど、その点、『演出家出演』では出来なさそうな曲ってないよね。

成田: そうだね。けど、それは前作に悔いが残るという事ではなくて、作り方が違うんです。前作は、ライブと音源をあえて分けたいという思いがあって。でもライブって聴いてもらえる人数も限られてる上に特にデビュー当時のパスピエは都内でしかライブもやってなかったですし。そう考えると大多数の人にとってパスピエって音源のイメージしかないから、発信側の自分達のイメージと、受信側のイメージがちょっとずつズレてきてるかも、っていう事を去年1年思ってたんです。やっぱり俺らはバンドである事を打ち出したかったし、それを伝えるのは、音で表現するのが一番の近道なんじゃないかと思って。
それで今回の作品はライブでも再現可能なアレンジなんだけど、ライブでこのまま演奏するかって言うと、それはまた別なんです。もっとライブで盛り上げるアレンジをするし、尺も変えることもある。さらにライブって視覚的に見える部分があるので、音だけで聴くのとは違うはずなんです。そういう事を含めて「ライブって何ぞや?」っていうところに、立ち返る事が出来た。今回そのきっかけを得られたのは大きかったですね。

「チャレンジ」はライブで見てほしい

--- 今回いい意味で“メジャー感”のようなものも出てきていると思うのですが、パスピエとして、どれくらい売れたい、こういうアーティストを目指したいみたいな理想はあるのでしょうか?

成田: 理想…あのアーティストがかっこいいとかいうのはメンバーそれぞれあると思うし、あこがれはあるけど、それが理想になっちゃうと、結局それが一番になっちゃうんで、理想はないです。僕は、売れたい願望よりも、残る曲、残るバンドでありたいですね。何十万枚って売れて3年後に忘れられちゃうより、ずっと名が残るような活動をしたいし、作品を作りたいなって思います。

--- その中でも、より伝わるにはどうしたらいいか?とかは考えるんですよね?

成田: もちろん。

--- その辺のバランスで意識している事はありますか?

成田: そういう事を凄く考えたりしますけど、結局それは5人の中で話し合っている事だから、結果的に出してみて正しいかっていうのは、やっていないとわからない部分が大きいですね。毎回が実験というか。ただメンバー全員、同じところには留まりたくないっていう意識はあります。パスピエってこういうイメージだよねっていうラインでやっていく事は楽なのかもしれないけど、それは理想としている“残る音楽”ではないし、メンバー全員がバラバラの嗜好を持っている事を、良いように使いたいなと思ってて。今回はベースがフィーチャーされる曲、今回は歌のメロディーラインが綺麗に聴こえる曲、今回はリズムがはっきり聴こえる曲…そういう風に活動していく中で、1曲1曲が残る曲になればいいなぁって思います。

--- 常に変化していくという意味で、今回のアルバムで新しいチャレンジなどはありましたか?

やお: 基本的に、パスピエのイメージに捉われず、今自分達がかっこいいと思っているものを詰め込んだので、変化することはあまり考えていなかったですね。

三澤: 意識してやったっていうわけではないですけど、僕は結構色んな影響を受けやすい人間で、プレイスタイルもその時その時でちょっとずつ変わったりするんですよ。それがそのままレコーディングに出たというか。

--- なるほど、イメージに縛られず、その時に良いと思う自分に素直に従うというか。結果、変化している部分もあると。

成田: ずっと同じ人間なんていませんしね。僕はCDのリリースって日記のようなものと捉えていて、その期間にやってきた事を切り取ったものだと思うんです。だから、なにかを変えたいとか、そういう抗いとかは、むしろライブで見てもらいたいと思いますね。

--- ライブにはチャレンジが詰め込まれていると。

成田: ここ最近の大胡田のチャレンジっぷりは目を見張るものがありますよ。

--- どんな事を?

大胡田: 走ったりとか(笑)手をあげてみたりとか。

やお: クラップするだけでも凄い挑戦だったもんね。

成田: そこが僕はこのバンドにとってマスを意識している部分というか。彼女は、もともとそういうタイプの人間じゃなかったんで。そういう人間が、人前に出る事で変わったりとか。

「誰もリード曲をあげない…(笑)」 〜メンバーお気に入り楽曲〜

--- アルバムには全ての曲に思い入れがあると思うのですが、その中でも特にお気に入りの楽曲を教えてもらえますか?

露崎: 「△」ですね。パスピエで今までやった事がない楽曲のような気がしていて。楽曲そのものも好きなんだけど、凄い新鮮味が自分の中にあって。

--- 大胡田さんの言葉遊びっぷりが凄いですよね。

成田: 歌っていうよりも言葉の羅列というか、ちょっとラップっぽいもんね。

大胡田: そうですか(笑)

やお: リズム遊びだよね「△」は。

大胡田: ちなみに私も「△」が一番好きなんですけど。あれは歌詞一瞬で書けた(笑)

三澤: 僕は「シネマ」が一番好きです。デモを貰った段階で「キタ」って思ったんですけど、リハの時にU2のエッジ的な符点8分ディレイをちょっと入れてみたらばっちりハマって「キタ!」と。(笑)

大胡田: あのギター凄くいいよ。

三澤: パスピエではじめてだね。

大胡田: あれいい。

やお: 僕は悩みますね。例えば曲順をシャッフルして聴いたら、聴こえ方も変わって、やっぱりあの曲も…ってなっちゃうんですよ。ホント全曲いいんですけど「デ・ジャヴ」ですかね。歌詞の中の“金色の街”っていう言葉がすごい好きです。なんか景色が見えるようで。ボッサっぽく始まったりして、曲展開も面白いんですけど、歌詞の内容は叙情的で、想像力をかきたてる感じが凄い好きですね。

成田: 誰もリード曲をあげない…(笑)まぁリード曲は大前提として、僕は最後の「カーニバル」っていう曲が、個人的に一番良く出来たなって思える曲ですね。僕の理想とするところって「バンドなんだけど、バンドたりえない」そういう事をやりたいと思っていて。「カーニバル」っていう曲はバンドなんだけどオーケストラを意識したりとか。バンドってこういうサウンドだよねっていうのをなるべく覆したいっていう気持ちがあるので、それが最も体現出来た曲ですね。

--- 最後にあの曲は、はっとさせられましたね。ゲームのエンディングのようにも聴こえますし。

やお: 「カーニバル」をアルバムの最後にしようっていうのは満場一致でしたね。

成田: 逆にその後曲を置きづらい。(笑)

--- レコーディング中のエピソードがあれば。

成田: 朝早かった。毎回そうなんですけど、パスピエのレコーディングは健全なんですよ。朝早く行って、終電までに帰る。(笑)

一同: (笑)

成田: あと今回いろいろとビンテージのキーボードを使う事が出来て、「デ・ジャヴ」でウーリッツァーっていうエレピを使ったり、「シネマ」でプロフェットっていうビンテージのシンセを使ったり。今までオールインワンのシンセでずっとやってきていたんですけど、音の深みでいうと生より強いものはないと思っているので。今回それが出来たのは個人的には嬉しいですね。

「こんなに良いの作っちゃって、この次どうしよう」 〜豪華なアートワーク 〜

--- 今回アートワークも凄い事になってますよね。

大胡田: 初回限定盤というのが始めてだったので、4カラーにして、フルカラーにしたら楽しくなっちゃって。だから通常盤とも絵をかぶらせないように描こうと思っていっぱい描きました。

--- 初回限定盤は飛び出す絵本みたいになってるんですか?

大胡田: そうですね。これが完成したもので。

--- ジャケのツヤツヤ感が既にいいですね。

大胡田: 何がいいって、トレーシングペーパーが入ってるのが最高ですね。

成田: 余計な心配なんですけど、こんな良いの作っちゃって次どうしたらいいんだろうって。(笑)

--- そういう意味では、回文タイトルを次どうしようとかもないですか?

成田: そうですよね。3作連続回文タイトルでリリースして、大胡田的には3部作完みたいなところもあったりして。

大胡田: ひらがな、ローマ字、漢字をやったから、もういいかなって思ってるけど、また思いつくかもしれないし。

--- 今回は『演出家出演』というタイトルを決めてから、そのタイトルに合わせてアートワークに取りかかったんですか?

大胡田: そうですね。通常盤の方はタイトルよりも先に考えてたんですけど。

--- HMV特典のステッカー絵柄(女の子がネコ車押してるヤツ)も大胡田さんに描いてもらいましたが、こちらはどのようなイメージでしょう?

大胡田: アートワークの登場人物の中の二人が、草むしりをしてるんですけど、その草を運んでる女の子。話が繋がってるんです。

--- なるほど、アートワークの中にストーリーがあるんですね。

大胡田: はい。

やお: 書籍化しますか。(笑)

--- そのストーリー自体は明記されてないですよね。という事は手に取った人に想像してもらうというか。

大胡田: そうですそうです。

やお: メンバーは一切アートワークに口出ししないんで、僕等も初めて知りました。

大胡田: いいでしょ?

やお: 最高だよ。

エンディング 〜メンバーにとっての『演出家出演』〜

--- 『演出家出演』のレコーディングを経て、パスピエとして新たにチャレンジしたい事など出来ましたか?

成田: これまでパスピエは顔も出さず、ある種、受動的な部分が多かったんですけど、今年は僕らのほうからいろいろ仕掛けていきたいなと思っています。今回、初めてアー写を出した事もそうですし、アルバムリリース後にはワンマンライブを企画します。その前には印象Bっていう2回目の自主企画でthe band apartっていう先輩バンドと2MANが出来る。印象Aで出演してくれた対バンもそうですけど、違うフィールドでフィジカルにライブをバンバンやってるバンドの人たちが、僕らのオファーを受けてくれた事がまず嬉しい。印象Aをやって受けた影響も凄く大きかったし、何よりも自分達の冠イベントだから責任感のようなものを持てるいいきっかけだと思ってて。それがないと次のステップには行けないと思っているので。今までは、世の中から見て「面白いバンドが出てきた」と言ってもらいたいと思ってたんですけど、今度は僕らが中心に、いろいろ動かせていけたらそれは理想なのかな。

--- 最後に『演出家出演』はどのような作品になりましたか?

露崎: 初のフルアルバムだったし、初めて先行で配信だったりシングルを出せたり、初めての事が多いアルバムなので、「ありがとう」って感じです。

大胡田: 私の中では、まだ「完成、ワーイ」って感じではなくて、これを色んな人に聴いてもらったりとか、ライブでやってリアクションを見れたりとかでやっと完成するのかなって思ってます。

三澤: 僕の中でアルバムの位置づけとしては「挑戦」。アルバムを作るたびにそうだと思うんですけど、自分の持ちネタだけで演奏するんじゃなくて、ちょっと上を目指してやっていくという意味で「挑戦」ですね。

やお: 自分にとっては、今現在、どこを切り取って、誰に聴いてもらっても恥ずかしくないと自信を持って出せるものだと思っています。

成田: 僕は、今回のアルバムが評価してもらえるのであれば、より自信になると思うんで、自分達に自信を持ってこれからもやれればと思います。

--- ありがとうございました。


 パスピエ 『演出家出演』[2013年06月12日]

パスピエ 『演出家出演』 パスピエ、遂に覚醒!!前アルバム「ONOMIMONO」でFM802、SSTVにてパワープレイを獲得、1stシングル「フィーバー」では全国15局以上のパワープレイを獲得!2013年ブレイク筆頭格のパスピエ、最高傑作となるメジャー1stフル・アルバム誕生!!!!

HMVオリジナル特典:オリジナルデザインステッカー(ローソンHMV ver.)

パスピエ 演出家出演 HMVオリジナル特典:オリジナルデザインステッカー(ローソンHMV ver.)
※ ステッカーは、大胡田なつきのアートワークによるスペシャルデザインです。
※ 特典は無くなり次第終了となります。ご購入前に必ず商品ページにて特典の有無をご確認下さい。

【初回盤+通常盤初回プレス封入特典】 ワンマンツアーチケット最速先行予約情報

受付期間:6/12(水)12:00〜6/28(金)23:59

【初回限定盤】(スペシャルパッケージ仕様)

※ボーカル大胡田なつきによるアートワークの特別仕様
初回限定盤 スペシャルパッケージ仕様
クリックで拡大 クリックで拡大


『演出家出演』収録楽曲

  • 01. S.S
  • 02. 名前のない鳥 「iTunesニューアーティスト2013」配信曲
  • 03. フィーバー 2013.3.20発売 1st Single
  • 04. シネマ
  • 05. ON THE AIR TOKYO FM×東京タワー頂上新アンテナ送信記念キャンペーンSONG
  • 06. くだらないことばかり
  • 07. デ・ジャヴ
  • 08. はいからさん
  • 09. △
  • 10. ワールドエンド
  • 11. カーニバル

パスピエ プロフィール

21 世紀流超高性能個人電脳破壊行歌曲

2009年に東京藝大卒のキーボード、成田ハネダを中心に結成。 卓越した音楽理論とテクニック、 70s〜00sまであらゆる時代 の音楽を同時に咀嚼するポップセンス、ボーカルの大胡田なつきよるMusic Clip やアートワークが話題に。2011年11 月に発売した1st Album「わたし開花したわ」、2012年6月に発売した2nd Album「ONOMIMONO」がロング・セールスを記録中の中、【iTunes ニューアーティスト2013】・【2013年レコチョクが選ぶ15組のブレイクるアーティスト】に選ばれるなど今年ブレイクが有力視されている。


【メンバー】
成田ハネダ(key)
大胡田なつき(vo)
三澤勝洸(gtr)
露崎義邦(bs) やおたくや(ds)

 パスピエ オフィシャルサイト

パスピエ ライブ情報

●パスピエ初のワンマンツアー“印象・日の出”
▼大阪公演
2013年10月26日(土)
UMEDA CLUB QUATTRO
開場/17:00 開演/18:00

▼名古屋公演
2013年10月27日(日)
ell.FITS ALL
開場/17:30 開演/18:00

▼東京公演
2013年11月02日(土)
恵比寿LIQUID ROOM
開場/17:00 開演/18:00

【チケット料金】
オールスタンディング 3,000円(消費税込)整理番号付 D代別
※入場時にドリンク代500円必要
※未就学児童入場不可

【一般発売日】 2013年9月7日(土)

■商品封入ペラ(初回盤+通常盤初回プレス)先行予約受付!
受付期間:6/12(水)12:00〜6/28(金)23:59

■公式ホームページチケット先行受付
受付期間:7/6(土)10:00〜9/1(日)23:59

●パスピエ presents 「印象B」
▼東京公演
2013年07月03日(水)
恵比寿LIQUID ROOM
開場/18:00 開演/19:00

▼大阪公演
2013年07月05日(金)
東心斎橋JANUS
開場/18:00 開演/19:00

【チケット料金】
オールスタンディング 3,500円(消費税込)整理番号付 D代別
※入場時にドリンク代500円必要
※未就学児童入場不可
※パスピエ謹製お土産付

【一般発売日】 2013年5月26日(日)

 チケットはローチケで!

パスピエ
※ 4/2 自主企画「印象A」東京公演の様子


その他オススメ情報はコチラから!

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

フィーチャー商品

演出家出演 【初回限定盤】

CD

演出家出演 【初回限定盤】

パスピエ

価格(税込) : ¥2,724
会員価格(税込) : ¥2,506

発売日:2013年06月12日

初回限定盤のみスペシャルパッケージ仕様

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

演出家出演

CD

演出家出演

パスピエ

価格(税込) : ¥2,515
会員価格(税込) : ¥2,313
まとめ買い価格(税込) : ¥2,139

発売日:2013年06月12日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

  • フィーバー

    CDシングル

    フィーバー

    パスピエ

    価格(税込) : ¥1,047
    会員価格(税込) : ¥964
    まとめ買い価格(税込) : ¥891

    発売日:2013年03月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 怪・セラ・セラ 【通常盤】

    CDシングル

    怪・セラ・セラ 【通常盤】

    山下智久

    価格(税込) : ¥1,047
    会員価格(税込) : ¥964

    発売日:2013年03月13日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です

featured item

ONOMIMONO

CD

ONOMIMONO

パスピエ

価格(税込) : ¥1,885
会員価格(税込) : ¥1,735
まとめ買い価格(税込) : ¥1,602

発売日:2012年06月27日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

わたし開花したわ

CD

わたし開花したわ

パスピエ

価格(税込) : ¥1,885
会員価格(税込) : ¥1,735
まとめ買い価格(税込) : ¥1,602

発売日:2011年11月23日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%