HMVインタビュー:One Chance ダンス&ソウル・インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年11月2日 (金)

One Chance
アッシャー、T・ペインのレーベルに所属していた規格外のスケールを持つモンスター・グループ、ワン・チャンス。ワン・チャンスの名前がお披露目された2005年から7年の歳月を経て、遂に待望の日本デビューを飾る!波瀾万丈の道を歩み続けた天才ヴォーカリスト集団の知られざる真実が遂に解き明かされる!
interview : 林剛 translator : Kana Muramatsu


-- この度、あなたたちのアルバム『Ain't No Room For Talkin'』がPヴァイン傘下のBig Tixから日本リリースされました。おめでとうございます。まず、アルバムのフィジカル化(CD化)は世界初ということで、今どんな気持ちでしょう?

One Chance: ありがとう!サンキュー、ジャパン!日本デビューをすることになって本当に嬉しいよ。自分達のアルバムを正式にリリースすることが出来るって最高の気分だよね。しかも、ワールドワイドで!僕達は日本のアートにとても興味があるから、このアルバムがキッカケで僕達の作品がそんな日本でもっともっと発表されることを願ってるよ。今は天にも昇る気分さ。


-- ワン・チャンスの名前を初めて知ったのは、アッシャー主演映画のサントラ『In The Mix』(2005年)でした。そのサントラにはマイク・シティがプロデュースした「That's My Word」とコーナ・ボーイズがプロデュースした「Could This Be Love」の2曲が収録されていましたが、ワン・チャンス名義で出した曲はこれらが初めてでしょうか?

One Chance:  ワン・チャンスとして正式にリリース(発売)されたのは、そう、「That’s My Word」と「Could This Be Love」だよ。でも、それ以前からずっと一緒に音楽を作ってきたし、発表はしてきた。じゃなきゃ、アッシャーから注目されることはなかったと思わない?(笑)


-- メンバーは、ロブ・ブレント、コートニー・ヴァントリーズ、ジョン・ゴードン、マイケル・ゴードンの4人で、ゴードン姓のジョンとマイケルは兄弟と聞いています。シカゴで結成されたそうですが、メンバーとの出会いからグループ結成に至るまでの経緯を話してもらえますか?結成年についても教えてください。

ジョン・ゴードン:  そう、ミック(マイケル)と僕はシカゴ生まれの兄弟。17ヶ月しか歳が違わないから、僕達はものすごく仲がいいんだ。よく双子と間違えられることもあるんだよ。僕達はシカゴの南部で育った。けっこうおもしろい地域なんだよ。というのも、シカゴの南部というのはいわゆる伝統的なアメリカ南部のアメリカン・ミュージック・スタイルと、アメリカ北部のインスト・スタイルが融合されて、<シカゴ・ブルース>、つまり、今、僕達が<R&B>と呼んでいる音楽が生まれた地域なんだ。僕達はR&Bのレジェンド達の音楽を聴いて育ち、両親もゴスペル・シンガーで、僕達に音楽の才能を伸ばすように背中を教えてくれた。子供の頃は気付かなかったけど、クリエイティヴなエネルギーはもう僕達の血として体の中に流れていたんだよね。だからこそ、僕達は何があってもこうして音楽をやり続けられてると思うんだ。


One Chance:  高校に通い始めた頃から僕達はヴォーカル・グループをやりたいと思ってた。でもただのありきたりなヴォーカル・グループじゃなく、僕達の世代の中でも最高のR&Bグループを作りたかった。その夏、僕達は他のシンガー達を探したんだ。あらゆる場所を探し歩いたよ。僕達の声とブレンドさせたときに最高のハーモニーを生み出してくれる完璧なヴォーカリスト2人を見つけるためにね。僕達はまず、地元のYMCAでテレル(元メンバー)と 出会って、まずはトリオとして活動を始めた。僕達のハーモニーはピッタリだったんだ。すごくスムースでね。でも、完璧なサウンドにするためにはカルテットじゃなきゃダメだとわかっていた。だから、最後の1人を探し続けたんだ。まぁ、当時は最後の1人だと思ってたわけだけど・・・。僕達は、次のメンバーをスカウトしようと地元のタレントショーを観に行った。そこでパフォーマンスしてたのが、ロブさ。ロブのヴォーカルは僕達のサウンドに新鮮なスパイスを与えてくれると確信した。彼は僕達のことを知っていたから、オファーをしたらすぐに参加を同意してくれたよ。それで僕達は完璧なグループになった。

それで、あらゆるタレント・ショーでパフォーマンスを始めただけでなく、誰かの家の庭で行われてるBBQパーティーからバースディ・パーティーまで、パフォーマンスが出来るところならあらゆるところで歌ってたよ。そしたらアッと言う間にシカゴで話題になるようになり、今度は、ライヴハウスが僕達に連絡してくるようになった。シカゴ中の高校や大学がキャンパスで歌ってくれって依頼してくるようになった。その時、コートニーと会ったんだ。僕達がパフォーマンスしていた同じイベントで、彼も歌ってた。彼のソロ・パートが終わった途端、僕達は一斉に顔を見合わせた。同じことを考えてたんだ。そしてクラスに発表した。「ワン・チャンスの5人目のメンバーを紹介します」ってね。それがワン・チャンスの結成のいきさつだよ。アーティストとして進化していくために、僕達は当初のカルテットでやるというアイディアに戻ることをお互いの同意で決めて、テレルがグループを離れることになった。それから、ワン・チャンスは、ジョン、ミック、ロブ、コートニーの4人になった


-- メンバーそれぞれの担当パートや、グループ内における役割を教えてください。

One Chance:  メチャクチャ高いヴォーカルあるだろ、あれはミックさ!ミックはとても高いソウルフルでリッチな声域と本当にユニークなトーンの持ち主なんだ。あんなに高い音が出せるなんて!って思うくらいさ。いまだに僕らも唖然とするくらい。コートニーも高音のスムースなトーンの持ち主。ほとんどの曲でミックの高音にハーモナイズしているメインのメロディーラインを歌ってる。彼らの声はすごくキレイにブレンドするんだ。ロブはミッド〜低音。それに声で色んな<トリック>を聴かせてくれるんだ。それ以上に説明しようがないよ。僕達ですらどんなマジックを彼が使ってるのかわからないから、<トリック>って呼んでるくらいなんだ(笑)。ジョンはミッド〜低音。女性はみんな彼の話す声にべた惚れなんだ。艶めかしい語りは全部、彼。


-- あなたたちの地元シカゴといえば、最近ならR・ケリーやカニエ・ウェストに代表されるように、R&B/ヒップホップの伝統が息づく街ですが、影響を受けたアーティスト、関わりのあるアーティストがいましたら教えてください。

One Chance:  もちろん!僕達はあらゆる素晴らしい影響を受けてきたと思うよ。全員名前を挙げるのは大変だけど、もちろん、R.ケリーサム・クックコモンカニエ・ウエスト3ピース(地元のシカゴ拠点のR&Bグループ)、もっとたくさんいる。シカゴ以外では、ボーイズ・U・メンジョデシィニュー・エディションはR&Bのボーイ・バンドの先駆者だからね、僕達ももちろん影響を受けてるよ 。


-- ちなみに、2011年にはシカゴのラップ・デュオ、キッズ・イン・ザ・ホールのアルバム『Occasion』(収録曲の「Star」)にフィーチャーされていましたが、彼らとはどういう繋がりですか?

One Chance:  まず、僕達は<根>と<翼>を持っている。僕達のルーツ<根>は、僕達がスタートした場所で、僕達の翼は、僕達がどこへ旅立つかを意味している。僕達がどこへ行こうと、いつでも、シカゴの<音>には耳を傾けてるんだ。シカゴにいる友人の1人が、キッズ・イン・ザ・ホールを紹介してくれた。僕達の故郷にオマージュを送るだけでなく、彼らのような才能ある人達とコラボするのは最高のアイディアだと思ったんだ。それで一緒にやることにしたんだよ。


-- あなたたちは当初、アッシャーがJレコーズ傘下に興したUSレコーズの契約アーティストでした。聞くところによれば、ワン・チャンスのパフォーマンスを目にしたアッシャーがその非凡なコーラス・ワークに惚れ込み、即契約を交わしたそうですが、この時の様子を教えてください。

One Chance:  アッシャークライヴ・デイヴィスが僕達に注目してくれてるって聞いた時はブッ飛ぶかと思ったよ。若かったし、世界で最もビックなアーティストだけでなく、最も有名なエグゼクティヴが自分達に興味を持ってくれてるっていうんだから。夢が叶った!そう思ったよ。


-- アッシャーの作品や人となりについてはどう思っていますか?

One Chance:  アッシャーは素晴らしいエンターテイナーさ。彼は僕達のジェネレーションを代表するアーティストとして名を残すことは間違いない。ビジネスマンとしても最高さ。特に彼のブランド(レーベル、帝国、という意味で)に関しては手を抜かず、常に関わり続けるような人だよ。


-- 『In The Mix』のサントラで楽曲を発表した2005年、あなたたちはB2Kのリード・シンガーだったオマリオンのデビュー・アルバム『O』の収録曲「I'm Gon' Change」のバック・ヴォーカルに参加しています。コーナ・ボーイズが手掛けた曲ですが、ここに参加することになったキッカケを教えてください。

One Chance:  ほとんどの人が知らないんだけど、「I’m Gon Change」は、ワン・チャンスのために作られた曲なんだ。だからオマリオンのレコードでのバックグラウンドが僕達なんだよ。僕達は当時、コーナ・ボーイズリコ・ラヴと素晴らしい関係にあった。いつも一緒に音楽を作ってたんだ。最高の音楽をね!オマリオンのスタッフが曲を聴いて、曲が欲しいと言ってきた。そして、彼がレコーディングして、後は、もうご存知の通り。


-- ちなみに、B2Kについてはどう思っていました?

One Chance:  デビューしたころは人気だったよね。彼らはエンタ―テイメント性を重視するという基本に戻ったアプローチを広めてくれた。


-- Jレコーズでは、サントラ『In The Mix』収録曲のほかに、D4Lのファボのラップをフィーチャーした「Look At Her」やヤング・ジョックをフィーチャーした「U Can't」というシングルを発表し、2006年に『Private』というアルバムを作っていましたが、結局アルバムはお蔵入りとなりました。嫌な思い出かもしれませんが、どんなアルバムだったのか、またお蔵入りになった経緯と当時の心境を話してください。

ジョン:  ファボをフィーチャーした「Look At Her」やヤング・ジョックをフィーチャーした「U Can't」が収録されたアルバムは完成していたんだけど、結局リリースされなかった。正直、どうしてお蔵入りになったのか今でもわからないんだ。多くの人が驚いた。もちろん、僕達は特にね。だって、その2枚のシングルでインディーとしてはかなり成功していたわけだから。ジョンがまず、「Look At Her」をあらゆるラジオ局に売り込んで行ったんだ。全米R&Bビルボード・チャートを昇っていくようになるまで。あの曲が成功した陰には、血と涙がにじむような努力が隠されていたんだよ。たくさんの素晴らしいファンの人達が聴く耳を持ってくれたおかげ。だからそんな意味不明な業界のしきたりだかなんかで、僕達のそんな栄光を蔑まれたことは本当に悲しいことだった。ハートビートでビートが作られている。僕達は自分達の愛することをするために命を捧げている。自分達の音楽には魂を込めているから、そういう出来事は本当に辛かったよ。

One Chance:  でもクリエイティヴの場に持ち込まれるネガティヴなエネルギーを乗り越えていくには、クリエイトしていくしかないんだ。ジョンが言ってるように、<古址を再建し、歌うだけの価値のある歌を書く> それしかない。だから、僕達は書き続けて、歌い続けるんだ。


-- アルバムのタイトル曲ではエイコンと共演していたようですが、シングルで共演したD4Lのファボやヤング・ジョックも含め、アトランタ周辺のアーティストと交流を持つようになったキッカケは何でしょう?

One Chance:  「Look At Her」を作った当時、そういったトレンドでもあったし、あのサウンドを引っ張っていってくれるアーティストをフィーチャーしないわけにはいかないと思ったんだ。それで、フォボに参加してもらった。「Look At Her」のヒットの後は、アトランタのホットなアーティストにフィーチャリングとして参加してもらうのが楽になったよ。彼らの方が僕達を探してくるようになったからね。


-- J・レコーズを離れた後、あなたたちはT・ペインと出会い、2009年にT・ペイン主宰のナッピー・ボーイ・エンタテインメントと契約しますが、その経 緯を話してもらえますか?

One Chance:  実際にT・ペインと初めて会ったのは、まだJレコーズと契約していた時だった。『Private』アルバムに収録する予定だった(結局)お蔵入りになった曲のいくつかを彼がプロデュースしてくれたんだ。Jレコーズでの仕事で僕達は仲良くなった。それで、僕達がJレコーズを離れてから、アトランタでの彼のパーティーに参加したんだ。そして、T・ペインと話し合って、ナッピー・ボーイ・エンターテインメントと契約することになったんだよ。


-- あなたたちはT・ペインの4thアルバム『Revolver』(2011年)に収録されていたバラード「Drowning Again」では上品で爽やかなハーモニーを聴かせていますが、この曲に参加した時の様子を教えてください。

One Chance:  「Drowning Again」を作ってレコーディングしたのはすごい経験だったよ。僕達全員でヴォーカル・ブースに入って、一緒に同時にレコーディングしたんだ。モータウン時代にアーティストがやっていたようにね。本当にビックリするほどオーガニックなやりかただったよ。


-- ナッピー・ボーイからは、今回の日本盤アルバムのベースとなる『Ain't No Room For Talkin'』というミックステープをフリー・ダウンロードで配信していました。あなたたちはそもそもこのミックステープを通常のセルCDとして出すつもりはなかったのですか?

One Chance:  僕達がアルバムを売らなかったのは、ただ僕達の音楽を聴いてもらいたい、僕達の長年サポートし続けてくれる誠実な素晴らしいファンの人達に少しでも新しいものを楽しんでもらいたい、という思いが強かったから。


-- アルバムは、T・ペインをはじめ、ヤング・ファイル、ビショップ・ジョーンズといったナッピー・ボーイのクリエイターがプロデュースにあたっていますが、彼らとの作業がどのように進められたかをお話しください。

One Chance:  ほとんどのアーティストがそれぞれユニークなレコーディング方法を確立してるよね。大抵の場合、お互いに忙しいスケジュールの中で進めるために、プロデューサーからトラックを受け取って、聴いて、コンセプトを膨らませていく。曲のコンセプトが決まったら、曲を書いて、録音する。その時、マジックが起こるんだ。コンセプトの1粒の種から生まれたものが自分の最高のヴィジョンにまで膨らんで成長していくのって言葉では表現できないほど最高のフィーリングだよ。とてつもない達成感を感じるよね。


-- ミックステープからのシングルとしてミュージック・ヴィデオも公開された「Sexin On You」はセクシーなスロウ・ジャムで、いわゆるBaby Makin' Musicと呼ばれる曲だと思うのですが、これをシングルとして選んだ理由は?

One Chance:  「Sexin On You」をシングルとして選んだのは、素晴らしいR&B曲と定義されるオーガニックな要素の全てが詰まっていたから。セクシーなレコードで女性のみんなが悦んでくれるのはわかっていたし、男性も悦んでくれると思う、だって、女性達が・・・・・・、わかってくれるだろ?僕達の目的は<悦ばせること>だから(笑)


-- リリックに関して、心がけていることは何でしょう?

One Chance:  リアルな物を書くようにしてるよ。自分達が実際に体験したようなことを書くようにしてる。コンセプトも複雑にしすぎないように心がけてる。僕達はエモーショナルなヴォーカリストだから、自分達の自然なヴァイブを殺してしまうことになるからね。 考えすぎるとクリエイティヴィティを殺すって言うだろ?何でも心にしたがってやらなきゃ。


-- T・ペインの『Revolver』に収録されていた曲と同名異曲の「Rock Bottom」はオーセンティックなバラードですが、これはワン・チャンスの原点に返ったような曲だと思ったのですが、どうでしょう?

One Chance:  T・ペインの曲とは同じタイトルだけど、僕達の「Rock Bottom」は彼の曲の前に作られたんだ。この曲は僕達の曲で、当時、グループのメンバーみんなが愛する人達と辛い状況にあって、「Rock Bottom」(どん底)を味わってたから生まれた曲なんだ。


-- ゲストにはナッピー・ヘッズのダウボーイや、ナッピー・ボーイ所属ラッパーのヤング・キャッシュも参加していますが、彼らのラップについては?

One Chance:  サウスのラッパー達は大好きなんだ。彼らのエネルギーと仕事ぶりがね。どんなジャンルの人達だろうと、クリエイティヴな人達と一緒にいるは楽しいよね。エネルギーってのは伝染していくものだから!


-- そんなナッピー・ボーイ印のアルバムを日本リリースしたばかりのあなたたちですが、現在は既にナッピー・ボーイを離れてしまったと聞いています。差し支えなければ、その理由と、現在はどういう状況(どこのプロダクションに属している)なのかをお話しください。

One Chance:  そうなんだ、ナッピー・ボーイ・クルーのみんなとコラボはしたけれど、言う通り、レーベルとの関係は解消することにしたんだ。グループにとって、クリエイティヴな面で、それがベストな選択だと判断した。


-- メンバーのロブ・ブレントとマイケル・ゴードンはソロとしても活動していると聞いています。できれば、それぞれの活動について具体的にお話しください。

One Chance:  僕達は共にグループとして、そして、個人的にあらゆるクリエイティヴなアプローチを模索中なんだ。ロブとコートニーはそれぞれソロのプロジェクトをやっているし、ミックとジョンは画期的なポップグループ、ジュピター・アイランド(Jupiter Island)を結成した。楽しみにしててくれよ。


-- ここ10年くらい、R&Bの世界ではヴォーカル・グループにとっては厳しい時代が続いています。実際、あなたたちはそういう状況であることを実感していますか? また、そんな中、数少ないグループとして今後どうやって活動していこうと思っていますか?

One Chance:  僕達はいわゆるトレンドには目を向けないんだ。何が最新で何が古いかとかね。次を予知するには作るしかないと信じているから。僕達は自分達の夢、そして、自分達に正直にい続けるようにしている。自分の夢を追いかけ続ければ、いつか、その夢がクルッと振り返って、自分をキャッチしてくれる。そう信じてるんだ。僕達は心から愛する音楽を愛を込めて作り続けるだけ。それだけは確かだよ。

最後に、ワン・チャンスをずっとサポートし続けてくれている誠実のファンの皆に感謝したい。僕達が愛する音楽を続けることが出来るのは皆のお かげ。そして、日本の新しいリスナーのみんな、ようこそ!両手を広げて、みんなを歓迎するよ!Big Tix/P-Vineの方々、サポートしてくれてありがとう!日本でパフォーマンスするのを楽しみにしてるよ!   「このアルバムをヒットさせようぜ!!!」


One Chance 『Ain't No Room For Talkin』  [2012.11.7 Release]

遂に!R&Bシーンに現存する最強のモンスター・グループと奇跡の契約!アッシャーの完全バックアップによりシーンに登場し、その後はT- ペインのレーベルに所属!更にドレイクもその実力を大絶賛!規格外のスケールを持ち、誰もがデビューを夢見たあのワン・チャンスが、遂に禁断の日本デビューを飾る!
One Chance『Ain't No Room For Talkin』をご購入頂いたお客様に<BIG TIX>シリーズの音 源を“いい トコ取り”したSPECIAL MIX CD(mixed by DJ HARU)をプレゼント!
* 先着特典となっておりますので、終了の際には何卒ご了承下さい。






※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Ain't No Room For Talkin

CD

Ain't No Room For Talkin

One Chance

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,530

発売日:2012年11月07日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

参加作品

  • In The Mix

    CD 輸入盤

    In The Mix

    ユーザー評価 : 5点 (3件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,650
    会員価格(税込) : ¥1,436
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,237

    発売日:2005年11月29日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Occasion

    CD 輸入盤

    Occasion

    Kidz In The Hall

    価格(税込) : ¥2,959
    会員価格(税込) : ¥2,723
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,723

    発売日:2011年11月22日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Revolver

    CD 輸入盤

    Revolver

    T-pain

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,530
    会員価格(税込) : ¥1,392

    発売日:2011年12月06日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

インタビュー中に出てきたアーティスト

  • Write Me Back

    CD 輸入盤

    Write Me Back

    R. Kelly

    価格(税込) : ¥2,530
    会員価格(税込) : ¥1,518

    発売日:2012年07月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • At The Copa

    SHM-CD 限定盤 紙ジャケ

    At The Copa

    Sam Cooke

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,934
    会員価格(税込) : ¥2,699

    発売日:2012年10月31日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Dreamer The Believer

    CD 輸入盤

    Dreamer The Believer

    COMMON

    価格(税込) : ¥1,980
    会員価格(税込) : ¥1,450

    発売日:2011年12月20日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • My Beautiful Dark Twisted Fantasy (Couple On The Couch Cover)

    CD 輸入盤

    My Beautiful Dark Twisted Fantasy (Couple On The Couch Cover)

    Kanye West

    ユーザー評価 : 4.5点 (9件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,090
    会員価格(税込) : ¥1,818
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,567

    発売日:2010年11月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Twenty

    CD 輸入盤

    Twenty

    Boyz II Men

    ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,619
    会員価格(税込) : ¥2,279

    発売日:2011年10月17日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Forever My Lady -Ecopak

    CD 輸入盤

    Forever My Lady -Ecopak

    Jodeci

    価格(税込) : ¥1,870
    会員価格(税込) : ¥1,627

    発売日:2008年11月04日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Cool It Now

    SHM-CD

    Cool It Now

    New Edition

    価格(税込) : ¥1,885
    会員価格(税込) : ¥1,735
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,602

    発売日:2012年10月17日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • B2k Presents ...you Got Served

    CD 輸入盤

    B2k Presents ...you Got Served

    B2k

    ユーザー評価 : 4.5点 (8件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,254
    会員価格(税込) : ¥1,021

    発売日:2009年08月04日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Ollusion

    CD

    Ollusion

    Omarion

    ユーザー評価 : 3点 (1件のレビュー)
    ★★★☆☆

    価格(税込) : ¥2,200
    会員価格(税込) : ¥2,024

    発売日:2010年01月27日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Down 4 Life

    CD 輸入盤

    Down 4 Life

    D4l

    ユーザー評価 : 5点 (5件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,420
    会員価格(税込) : ¥2,105
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,815

    発売日:2005年12月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Hustlenomics

    CD 輸入盤

    Hustlenomics

    Yung Joc

    ユーザー評価 : 3.5点 (5件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,420
    会員価格(税込) : ¥2,105
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,815

    発売日:2007年08月28日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です