トップ > 商品情報 > アニメに関する意識調査B

アニメに関する意識調査B

2010年7月7日 (水)

※当調査結果を引用いただく際は「HMVジャパン調べ」と明記の上、当URLへのリンクをお願いいたします。

アニメファンになったきっかけは、男性「ガンダム」、女性「セーラームーン」きっかけとなった作品のテイストがその後のジャンル嗜好性に影響していた!アニメを観る上で最も重要なのは圧倒的に「ストーリー」(60.6%)!アニメファンの約3割が寝不足を実感。

HMVアニメジャンル専門ツィッターやってます!

■調査名:
アニメに関する意識調査
■調査期間:
2010年5月26日(水)〜6月14日(月)
■対象:
HMVユーザー(ONLINE、MOBILE)
男女合わせて2,141名

※年齢層は10代〜40代以上までと幅広く、中でも20代・30代の回答が6割を占めました。男女比は男性68%、女性32%と男性が女性を2倍近く上回る結果となりました。

男女比(%)

年齢構成(%)

10代 15.8%
20代 34.5%
30代 28.5%
40代 18.8%
50代 2.1%
不明 0.2%

HMV ジャパン調べ

Q9≫アニソンの魅力は?

作品のイメージに直結することがやはりアニソンの最大の魅力。
その他にはこんな意見が!
「声優の声で歌が聴けるのがいい」
「歌を聴くだけで物語を見た気分に」
「個性がある」
「ジャンルレスなところ」

Q10≫アニメのDVDやBlu-ray Discの所有枚数は?

DVD、Blu-ray Discの所有枚数は、半数強が「10枚以下」という結果に。
最高枚数は「25,000枚(30代男性)」!!
全体的に女性よりも男性のほうが所有枚数が多い傾向に。

Q11≫1ヶ月でアニメに費やす金額は?

男女・年代の差なく、1ヶ月にアニメに費やす金額は「5千円以下」64.4%に。
「隠れオタク」と自己認識する40代男性の「20万程度」や、「熱心なファン」と自己認識する30代男性の「50万円」など驚愕の金額も!

Q12≫今後期待の作品は?

一番期待を集めたのは、「黒執事II」、続いてごく僅差で「バクマン。」となりました。
選択肢以外では、話題の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」や、「機動戦士ガンダムUC」へ期待が集まりました。
ここに挙がった作品が気になる方は、HMVアニメ!で関連商品をチェック!

意識調査① | 意識調査② | 意識調査③  | 名セリフ  | HMV アニメ

HMV アニメ

過去に調査した結果「HMV独自調べの意識調査結果」