Free Soul 20周年


Free Soul再始動第2弾が登場!

90年代に一世を風靡した日本が誇る音楽ムーヴメント、Free Soulが、発起人でもある橋本徹氏監修・選曲でここに再びよみがえる! ジャンル、時代を超えて世の中のグルーヴィー&メロウで良質な音楽を紹介し続けた伝説のコンピレイションの真髄がここに!

Free Soul〜2010s Urban-Mellow
 【発売日: 12月20日】
スペシャル・イシューとなる再始動第2弾は、2010年以降の最新 Free Soul音源を橋本徹氏が監修・選曲!P-VINE がリリースしてきた珠玉の音源に加えて、他レーベルからリリースされてきた重要音源もライセンス収録!フランク・オーシャン/クアドロン/インク/ボノボ&エリカ・バドゥ/オマー/ジル・スコット/グレッチェン・パーラトなど、タイトルのように2010年代ならではのアーバンでメロウな楽曲をふんだんにセレクトした Free Soul ならではの素晴らしいセレクション!


クリスマスに聴きたいFree Soul〜橋本徹presents第2弾〜

Café Après-midi Christmas 街が華やぐ季節、色とりどりのイルミネイションや花飾りに彩られた“クリスマスに聴きたいFree Soul”を10枚、というテーマの選盤依頼。何と言っても真っ先に思い浮かんだのは、2005年に編んだ『Café Après-midi Christmas』だったが、信じられないことに廃盤(これもレーベル再編の影響でしょうか)。ダニー・ハサウェイ「This Christmas」/ロータリー・コネクション「Christmas Love」/フレンチ・インプレッショニスツ「Santa Baby」といったFree Soul的に欠かせない曲はもちろん、ペイル・ファウンテンズ/XTC/ロイ・ウッド/ビーチ・ボーイズ/チェット・ベイカー/ローラ・ニーロ/NRBQ/プリテンダーズなどの、僕が愛してやまない名クリスマス・ソングが25曲も詰まっているのに。冒頭を飾るポール・マッカートニー「Wonderful Christmas Time」の歌詞に託したのは、僕の理想のクリスマスへの想い――“とてもいい雰囲気だ。気分もいい。気心の知れた仲間たちと一緒にいる。それだけでいい。ただただ素敵なクリスマス・タイムを過ごすだけ”。
Free Soul. the classic of Jackson Five
気を取り直して『Free Soul. the classic of Jackson Five』を、と思ったが、何とこちらも現在、新品では入手困難になっているとの知らせ。う〜む、残念すぎる。最高にハッピーでグルーヴィーなクリスマス・メドレーがオープニングを飾っているというのに(そしてクリスマスでなくても心弾む問答無用の傑作が全25曲)。このジャクソン・ファイヴ盤はFree Soulコンピの中でも指折りの5万枚を超えるセールスを記録しているのだから、ぜひFree Soul20周年を機に再プレスを、と願わずにいられない。コンピレイションは大切な人への音の贈り物、と考えている僕のささやかなクリスマス・ウィッシュです。

10件中 1-10件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,100
    会員価格 (税込)
    ¥1,012
    発売日
    2011年12月11日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥935

    Free Soulファンに薦めたい近年屈指のクリスマス・ソングとして、CD化が熱望される知る人ぞ知る存在だった絶品のハートウォーム・グルーヴ、ディーン・グレッチの「What Do You Want This Year For Christmas」(今年のクリスマスには何が欲しい?)を中心とした、アプレミディ・レコーズからのシーズンズ・グリーティングス。ベニー・シングス&クララ・ヒルが親密でメロディアスな心温まる男女デュエットを聴かせるケニー・ロギンス「On Christmas Morning」のカヴァー、かけがえのない冬の情景をフォーキー&アコースティックに描く名SSWのマイケル・ディーコン、ポスト・ブロッサム・ディアリーと讃えられるインティメイトな歌声で軽やかにクリスマス・ワルツを奏でるジャネット・サイデル、坂本龍一がフランス印象派〜ビル・エヴァンスへの敬愛から綴った「戦場のメリークリスマス」のテーマのドス・オリエンタレス(ピアノはウーゴ・ファットルーソ)によるナイス・リメイクも収録したエヴァーグリーン・ギフト。

  • Various

    価格 (税込)
    ¥2,515
    会員価格 (税込)
    ¥2,263
    発売日
    2013年01月13日

    ちょうど1年前に作ったコンピレイション。ロマンティック&メロウなサロン・ジャズ〜ボサのフィーリングと華やいだグルーヴが溶け合う構成と、上品で美しいジャケットは、やはりクリスマス・シーズンに相応しい。選曲の核としたのは、ディケンズの「クリスマス・キャロル」も織り込まれた、昨年発表されたばかりだったトレイシー・ソーン「Joy」。“Because of the dark, we see the beauty in the spark”(暗闇が深いからこそ、私たちはそこに美しいきらめきを見る)――これほど深く、優しく、温かいクリスマス・ソングはない、と一聴して感じたから。星の瞬きのように始まるケニー・ランキン「Haven’t We Met」のカヴァー、AORの貴公子によるアイズレー・ブラザーズ「For The Love Of You」のカヴァー、汚れのないイノセンスに胸を打たれる子供たちの合唱によるビーチ・ボーイズ「God Only Knows」……夜空にきらめく星座のように珠玉のラヴ・ソングが連なる。

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,619
    会員価格 (税込)
    ¥2,410
    発売日
    2011年10月05日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,226

    東京屈指の高感度レーベル、グランド・ギャラリーの豊富な音源から、メロウ&グルーヴィーなFree Soul的心地よさに、心を癒すチルアウト・フィーリングをまぶして、名作ばかりを選りすぐった2枚組。高校生の頃から好きで(プロモーション・ヴィデオは最初「ポッパーズMTV」で観ました)『Café Après-midi Christmas』にも収めたプリテンダーズのクリスマス曲「2000 Miles」を、カフェ・アプレミディでのライヴ盤も素晴らしかったTICAがカヴァー。“Free Soul Underground”のDJ仲間、山下洋はFree Soulクラシックのアル・クーパー「Back On My Feet」をギター・石井マサユキ/ベース・井上富雄/ドラム・白根賢一/キーボード・堀江博久というバンド・メンバーでグルーヴィーに、松田岳ニ(Cubismo Grafico)は美しいスティールパンと櫛引彩香の歌声をフィーチャーして荒井由実×村井邦彦による「星降る真夜中」をロマンティックに。他にもスティーヴィー・ワンダー/マーヴィン・ゲイ/ダニー・ハサウェイ/ミニー・リパートン/スピナーズ/ジャクソン・シスターズ/ブラン・ニュー・ヘヴィーズなどのFree Soul人気曲のカヴァーが目白押しだが、オープニングで曽我部恵一が歌うハイ・ファイ・セット「個人的メッセージ」の阿久悠による歌詞に、僕はFree Soulへの心象を重ねる。

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,090
    会員価格 (税込)
    ¥1,923
    発売日
    2009年11月11日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,776

    販売終了

    コンピレイションの幕開きを飾るのは、Free Soulを象徴する一曲とも言えるだろうビル・ウィザースの「Lovely Day」。こんな曲をクリスマスの朝に聴いたら、素敵な一日になることは約束されたようなもの。『Free Soul〜2010s Urban-Mellow』にもジル・スコットの好ヴァージョンを収めた。そして15周年記念デラックス・エディションで追加収録されたラヴ・アフェアーの「Everlasting Love」は、高らかに鳴り響くメロディーが、クリスマスのファンファーレのように、永遠を誓う愛をポジティヴに盛り立ててくれるはず。というか、僕にとってはかけがえのない1994年の輝きを永遠に封じ込めた宝物のような名曲揃い。

  • Nina Simone

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,090
    会員価格 (税込)
    ¥1,923
    発売日
    2010年03月03日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,776

    販売終了

    ニーナ・シモンのFree Soulコンピを作ることができたときはとても嬉しかった。シャーデー/エリカ・バドゥ/ローリン・ヒル/メアリー・J.ブライジ/アリシア・キーズ/インディア・アリー/ジル・スコット/ミシェル・ンデゲオチェロ/カサンドラ・ウィルソン/コリーヌ・ベイリー・レイといった女性アーティストたちも、深い敬愛の情を言葉と音楽にしている。山下洋も二見裕志も小林径も、Free SoulのDJ仲間は皆、ニーナ・シモンが好きだった。ここで聴けるすべてが名演だが、Free Soul的な観点から1曲だけ特筆するなら、ファイヴ・ステアステップスのカヴァー「O-O-H Child」か。高揚感あふれるグルーヴと、伸びやかで包容力に富んだ彼女の慈愛に満ちている。“Ooh child, things are gonna get easier(少しずつ良くなるさ)/Ooh child, things’ll get brighter(いつかもっと明るくなるよ)/If you tired of the crying, come on(泣くことに疲れたら、こっちにおいで)”――クリスマスに讃美歌のように聴きたい。

  • Michel Legrand

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥17,710
    会員価格 (税込)
    ¥6,167
    発売日
    2013年04月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥6,167

    僕のDJでは20年以上キラー・チューンであり続けている、ときめくような名曲「My Baby」。イントロのピアノが流れた瞬間、フロアから歓声が上がるほどだが、もともとは『モン・パリ』のサントラ盤(何と映画で“My Baby”を妊娠するのはマルチェロ・マストロヤンニ)に収められ、長年CD化が切望されてきた。それが2013年、このミシェル・ルグランによるジャック・ドゥミ映画の作品集でようやくCDに。とはいえ11枚組、なかなか手が出せないという方もきっと多いだろう。そこで来春、Free Soul20周年で企画されているユニバーサルからのコンピ『Ultimate Free Soul Collection』にエントリー。盆も正月もクリスマスも、この曲があればFree Soulファンは笑顔で過ごせるはず。

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,515
    会員価格 (税込)
    ¥2,313
    発売日
    2011年03月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,139

    気の置けない仲間たちが集うクリスマス・パーティーにうってつけの一枚。リリースが震災直後だったこともあり、“音楽を聴いて笑顔になる”というテーマを設けた、ナチュラル&グルーヴィーで多幸感あふれるセレクション。互いにちょっと気になる男女の仲も近づけてくれるような、美しいメロディーと軽やかなスウィングが醸しだすフレンドリーな雰囲気は、まさしく至福の音楽。ジョアン・ジルベルト〜アントニオ・カルロス・ジョビン〜バート・バカラック〜トニーニョ・オルタといったサロン・ジャズ定番の洒落たカヴァーはもちろん、Free Soulファンにはオマー「There’s Nothing Like This」(最高のセルフ・リメイク版を『Free Soul〜2010s Urban-Mellow』に収めました)を彷彿させるエリー・ブルーナ「1986」やシャーデー「Kiss Of Life」のカヴァー、さらにヴィンス・アンドリュース「Love, Oh Love」(こちらのオリジナルは『Free Soul meets P-VINE』に収録)/セルジオ・メンデス&ブラジル’66「Tristeza」のハッピー・ジャズ・リメイク、マリーナ・ショウ〜メタ・ルースでお馴染みの「Mon Cherie - Rosie」あたりも推薦。“宴のあと”的なギルバート・オサリヴァン「Alone Again」カヴァーの切なさには、誰もが胸を締めつけられるはず。

  • 評価:4点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (1)

    Raphael Chicorel

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,530
    会員価格 (税込)
    ¥2,328
    発売日
    2005年02月06日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,150

    “これ以上素敵なレコードなんて考えられない。ハートウォームな歌声に瞳を輝かせ膝でリズムを取る「You’re My Reason」、ブレイクから弾むピアノがグルーヴィーな「The Bird」”――そう「Suburbia Suite」に僕は最大級の讃辞を寄せた、レイ・タブス(『Free Soul meets P-VINE』にマーヴィン・ゲイ「What’s Going On」のカヴァーを入れたペニー・グッドウィンもプロデュースしています)のピアノ・トリオを迎えたハッピー・ジャズ。“クリスマスが訪れ、過ぎ去っても、重要なことじゃない。あなたが共に歩んでくれることが、私のクリスマス・ホリデイ”と歌われるラヴ・ソング「You’re My Christmas」もお忘れなく。

  • 評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    CD

    Woman

    Rhye

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,409
    会員価格 (税込)
    ¥2,217
    発売日
    2013年07月10日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,048

    2013年のベスト・アルバムに挙げられる方もきっと多いだろう、シャーデーの不朽の名盤『Love Deluxe』が20年越しに輪廻転生したような、ミロシュのシルキーな歌声とロビン・ハンニバルのクールでエレガントなサウンド・スタイリングが光る名作。特にピアノのイントロから引き込まれる「The Fall」は、艶かしい恍惚に誘われる、まさに“Make Love Tonight”のための音楽で、クリスマスの夜に聴きたい。満を持して、『Free Soul〜2010s Urban-Mellow』の続編となるユニバーサル盤に収録予定。

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,515
    会員価格 (税込)
    ¥2,313
    発売日
    2013年10月31日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,139

    先日リリースされたばかりの、アプレミディ・レコーズの看板シリーズ『音楽のある風景』四季編のHMV限定スペシャル盤。清々しいギター・カッティングに導かれ、Free Soul的高揚に心昂るアコースティック・グルーヴィンな前半、AORとブラジルを結ぶようなブリージンなアーバン・リゾート〜シティー感が幸せを運んでくれる中盤(そうそう、僕の近作コンピでは最もFree Soul好きにお薦めの、A・トレイン「Baby Please」を筆頭にキラー・ナンバーがずらり並ぶ『Urban-Resort FM 78.4』を、今回の10枚にリストアップするのを忘れていました)、「Lovin’ You」「Close To You」といった名ラヴ・ソングの好カヴァーもメロウに連なる後半と、昼から夕方そして夜へとグラデイションを描く選曲は、大切な人と過ごすクリスマスに。2014年初頭に出るアプレミディ・レコーズ新作『Urban-Mellow FM 77.4』も、とても充実した『Free Soul〜2010s Urban-Mellow』の兄弟編となっているので、こちらもぜひご期待ください。

チェックした商品をまとめて