CD Import

Complete Symphonie, Notre Dame Intermezzo : Paavo Jarvi / hr Symphony Orchestra (3CD)

Schmidt, Franz (1874-1939)

User Review :5.0
(5)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4838336
Number of Discs
:
1
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

Three CDs. Stunning new live recording of a composer whose `rediscovering' in the last few years has continued to excite audiences enriching their account of the music of the late romantic/early modern period. Includes the famous Intermezzo from his opera Notre Dame.

Track List   

  • 01. Schmidt, F: Symphony No. 1 in E major
  • 02. I. Sehr langsam - Sehr lebhaft
  • 03. II. Langsam
  • 04. III. Schnell und leicht
  • 05. IV. Lebhaft, doch nicht zu schnell
  • 06. Schmidt, F: Symphony No. 2 in E flat major
  • 07. I. Lebhaft
  • 08. II. Allegretto con variazioni. Einfach und zart
  • 09. III. Finale. Langsam
  • 10. Schmidt, F: Notre Dame
  • 11. Schmidt, F: Symphony No. 3 in A major
  • 12. I. Allegro molto moderato
  • 13. II. Adagio
  • 14. III. Scherzo. Allegro vivace
  • 15. IV. Lento - Allegro vivace
  • 16. Schmidt, F: Symphony No. 4 in C major
  • 17. I. Allegro molto moderato - Passionato
  • 18. II. Adagio - Piu lento - Adagio
  • 19. III. Molto Vivace
  • 20. IV. Tempo primo un poco sostenuto - Passionato - Tempo primo. Allegro molto moderato

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヤルヴィの巧みな指揮でシュミットの音楽独...

投稿日:2022/01/14 (金)

ヤルヴィの巧みな指揮でシュミットの音楽独特の音楽構成、その響きを堪能できます。オケの響きも美しく、録音も優秀です。

ウィーンベルリン さん | 茨城県 | 不明

1
★
★
★
★
★
だいぶ増えてきたシュミットの交響曲におい...

投稿日:2021/08/11 (水)

だいぶ増えてきたシュミットの交響曲において、「ドイツ語圏のオーケストラ」による全集はルイジ&MDRに続いて2つ目であると記憶している。わたしとしては作曲者本人の弟子であるルドヴィト・ライテルの決してアンサンブルなどが洗練されてはいないが慈しみに溢れた交響曲第4番が忘れられないものの、パーヴォ・ヤルヴィの全集は系統としては毛色が違い、音色の洗練という意味ではシナイスキー盤に近く、さらにそこにパーヴォならではの表情付けがさりげなくスパイスとして散りばめられているのが大きな特徴である(シナイスキー盤はあれはあれで良い意味で「楽譜を純粋に音化し、また何も足していない演奏」である)。分析的に聴くこともできれば、一流の演奏として聴くことも出来るという両面で非常に高い水準を誇っている。全集化している演奏は正直どれも捨てがたいほど高水準のものが揃っているが、この最新録音をファーストチョイスとして推すことに躊躇はしない。

Seiru さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
フランツ・シュミットは後期ロマン派の辿り...

投稿日:2021/05/16 (日)

フランツ・シュミットは後期ロマン派の辿り着いた頂点、私はそう思って敬愛してきた作曲家です。ベートーベンからブラームスを経てきた王道の純交響曲をR.シュトラウス、ブルックナー、マーラーらに加えて12音の空気もほんのり吸って書き上げた集大成といったところでしょうか。その他作品を含めて実は構成上結構ゲテモノ的なところがあるものの、どれも最上級の「格調高さ」を感じさせます。 そしてこの作曲家の重要性は一流の音楽家が丹精込めた録音を残していっていることからもうかがえます。ヤルヴィ一家に至っては父ネーメにパーヴォが交響曲全集、クリスチャンが七つの封印の書と3人ともです。 今回の録音がフランツ・シュミットの名を知らしめることになるよう願います。

TIKHON さん | 奈良県 | 不明

2

Symphonies Items Information

Recommend Items