SHM-CD

Piano Concertos Nos.20, 27 : Clifford Curzon(P)Britten / ECO

Mozart (1756-1791)

User Review :3.5
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
UCCD52090
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
SHM-CD

Product Description

デッカ定盤PREMIUM
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第27番
サー・クリフォード・カーゾン


【グリーン・カラー・レーベルコート】【HRカッティング】
オペラと並んで最もモーツァルトらしいジャンルといわれるピアノ協奏曲。その中でもこの2曲はとりわけ人気の高い作品です。貴重な短調作品である第20番と、モーツァルトの“白鳥の歌”とうたわれるほど美しい第27番。今もなおカルト的な人気を持つイギリスの名ピアニスト、カーゾンとブリテンとによる、あまりにも美しい録音は今なお光彩を放っています。(メーカー資料より)

【収録情報】
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
2. ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595

サー・クリフォード・カーゾン(ピアノ)
イギリス室内管弦楽団
指揮:ベンジャミン・ブリテン

録音:1970年9月 スネイプ

Track List   

  • 01. Piano Concerto No.20 In D Minor. K.466 1. Allegro
  • 02. Piano Concerto No.20 In D Minor. K.466 2. Romance
  • 03. Piano Concerto No.20 In D Minor. K.466 3. Rondo (Allegro Assai)
  • 04. Piano Concerto No.27 In B Flat. K.595 1. Allegro
  • 05. Piano Concerto No.27 In B Flat. K.595 2. Larghetto
  • 06. Piano Concerto No.27 In B Flat. K.595 3. Allegro

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
ソロもオケもしっくり来ず、どこかちぐはぐ...

投稿日:2021/04/16 (金)

ソロもオケもしっくり来ず、どこかちぐはぐな感じである。カーゾン、ブリテンの名にこだわってはいけない。今では、2種の内田、バレンボイムもあるし、ラローチャ、ピルスの旧盤等もある。名前に頼ることなくず聴こうではないかと自分に言いきかせ、名前にこだわるのは、2流3流の評論家に任せよう。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
カーゾンのK.595は短期間に3回録音されてい...

投稿日:2021/03/21 (日)

カーゾンのK.595は短期間に3回録音されている。64年セル/ウィーン・フィル、67年ケルテス/LSO、70年当盤。録音後すぐに発売されたのはケルテス盤だけだった。 短期間に録音された割にはそれぞれ個性がある。中ではこのブリテン盤が最も感銘を受ける。 柔らかく芯のある音。アレグロでも落ち着いた節度ある表現。音楽的密度が高く、例えば第2楽章のピアノパートは音符が少ないけれど、表現が薄くならない。 ブリテンはレガートの効いた演奏だが、粘ったり引きずったりしないので品格がある。当たりが柔らかいので、結構しっかり鳴らしているのに強面にならない。 K.466でもカーゾンは適度な陰影があり、端正なのに密度が高い。 いずれも格調の高い名演だ。

Cherubino_492 さん | 東京都 | 不明

0

Recommend Items