Blu-spec CD 2

Union: 結晶 <Blu-specCD2/紙ジャケット>

Yes (イエス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP31322
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2
その他
:
限定盤, 紙ジャケ

商品説明

<ソニーミュージック・プログレッシヴ・ロック紙ジャケット・コレクション Vol.2 ブリティッシュ・ロック編>

「こわれもの」「危機」を生んだイエス黄金ラインナップからなるABWHとかつてイエスに在籍した主要メンバーのクリス・スクワイア、アラン・ホワイト、トニー・ケイ、トレヴァー・ラヴィンが合体し誕生した新生8組イエスの唯一の作品。アルバム未収録曲やエディット・ヴァージョンをボーナス・トラックとして2曲収録。1991年作品。アートワーク:ロジャー・デーン

■完全生産限定盤/Blu-specCD2/紙ジャケット(E式シングル・ジャケット)/内袋/ボーナストラック収録/リマスタリング/1991年作品


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

ブリティッシュ・プログレを代表するバンド、イエスが1991年に発表したアルバム。リーダーのジョン・アンダーソンが考えるイエス・ビッグ・バンド構想を具現化させた唯一無二の作品となっている。ボーナス・トラックを4曲収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ウェイティッド・フォーエヴァー
  • 02. ショック・トゥ・ザ・システム
  • 03. マスカレード
  • 04. リフト・ミー・アップ
  • 05. スタート・ザ・デイ
  • 06. セイヴィング・マイ・ハート
  • 07. ミラクル・オブ・ライフ
  • 08. サイレント・トーキング
  • 09. ザ・モア・ウィ・リヴ - レット・ゴー
  • 10. アンコールワット
  • 11. デンジャラス
  • 12. ホールディング・オン
  • 13. イーヴンソング
  • 14. ウォーター・トゥ・ザ・マウンテン
  • 15. ギヴ&テイク (ボーナス・トラック)
  • 16. リフト・ミー・アップ (ラジオ・エディット、アカペラ・オープニング) (ボーナス・トラック)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
確かに皆さんの仰る通り、まとまりのない仕...

投稿日:2011/07/09 (土)

確かに皆さんの仰る通り、まとまりのない仕上がりとなっています。メンバーのコメントでもあまり好印象ではないみたいです。本当かどうかは定かではありませんが、「Masquerade」はHoweの演奏ではないとの話もありました。但し、個々の曲は良い曲も揃っているので、悪くはないと思います。「I Would〜」や「Masuerade」「Lift Me〜」「Saving〜」「Miracle〜」「The More〜」など結構気に入った曲があります。

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
’91年の言わゆる複雑怪奇なYES・BIG・BAND時...

投稿日:2010/05/15 (土)

’91年の言わゆる複雑怪奇なYES・BIG・BAND時代の産物で、音楽的に散漫と評される一枚。リーダーが何人もいるから当たり前で、プロデューサーもさぞ困った事でしょう(笑)。このアルバムの楽しみ方は、これ程のビッグ・ネームが入替りでいろんな曲を聴かせてくれる、と言う懐を広く持った聴き方が正しいでしょう。そうすると各々の楽曲は完成度は高いし二重三重の楽しみがあります。ただリーダー曲が無いだけ。YESのアルバムでなかったら評価は高かったはず。90年代に入り多くのこの手のバンドに失望を抱かせられた中、このバンドだけはプログレ然として孤軍奮闘なのか楽しませてもらいました。不思議と言うかやっぱりジョンのハイトーン・ヴォイスがこのバンドのキメになるんですねェ。クレジットの無いトレヴァー・ラビンは可哀想ですが…。

birdy さん | 岩手県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
決して悪くないアルバムだが、個人的に好き...

投稿日:2009/01/27 (火)

決して悪くないアルバムだが、個人的に好きなのは、7曲目の『ミラクル・オブ・ライフ』まで。弦楽器マスターのスティーブ・ハウの『マスカレード』、幻想的かつ大陸的な雰囲気を感じさせる『ミラクル・オブ・ライフ』など、このあたりは流石という感じ!

ロケポン さん | 奈良県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Yes

‘68年の結成以来現在に至るまで長い歴史を誇るイエスだが、圧倒的な統率力を持ったリーダーが不在であったことから、その間のメンバー・チェンジは激しく、複雑だ。オリジナル・メンバーはジョン・アンダーソン(vo)、クリス・スクワイア(b)、ピーター・バンクス(g)、トニー・ケイ(key)、ビル・ブラッフォード(ds)の5人で、’69年に イエス・ファースト・アルバム でレコード・デビュー。

プロフィール詳細へ

Yesに関連するトピックス

おすすめの商品