CD 輸入盤(国内盤仕様)

At Onkel Po's Carnegie Hall Hamburg 1982

Woody Shaw (ウディ・ショウ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKJ2016
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ジャズ本来の熱さを証明する必聴音源!! ウディ・ショウ1982年ライヴ
コロンビア盤『United』で初めて顔を揃えたクインテットのライヴならではの熱気


1970年代から80年代半ばにかけて、ハンブルグ及び、ドイツ全土のジャズ・シーンの中心を占めていたOnkel Po’s Carnegie Hallでのライヴ音源を作品化するシリーズ。 1982年、ウディ・ショウの未発表演奏。
 ウディ・ショウは、フレディ・ハバードの良きライバルでしたが、フレディがあまりの技術の高さ故に「自分の声」を確立することにやや苦労したのに対し、ウディ・ショウは、音程のインターヴァルを大きくとる独自のフレージングを若くして確立し、フレディよりも鋭角的かつスリリングなスタイルで高い評価を得たのでした。
 そして、ウディ・ショウは1970年代中頃から自らのグループを率いて活躍しましたが、これは1982年演奏で、スティーヴ・トゥーレ、マルグリュー・ミラー、スタッフォード・ジェームス、トニー・リーダスを加えたクインテットによる覇気に満ちた演奏をたっぷりと楽しむことができます。
 このクインテットは、1981年3月7日録音の米コロンビア盤『United』で初めて顔を揃え、以降1983年初頭までの間にenja、Elektra Musician、Redといったレーベルにいくつもの力作を残していますが、ここに発掘された演奏は、それらを補完し、クインテットの魅力を余すところなく伝える充実した内容。どの演奏も10分を超え、20分にも迫るものも3曲!華麗でありながら、内から湧き上がる魂ゆえか、ウディ・ショウのソロは圧倒的な重量感もある演奏。その演奏に負けじとトゥーレのトロンボーンも炸裂!ライヴならではの熱気がオリジナル・ヴァージョンとは異なる衝撃を与えてくれます。(輸入元情報)

メンバー:
Woody Shaw(tp, flh), Steve Turre(tb), Mulgrew Miller(p), James Stafford(b), Tony Reedus(ds)

録音:1982年1月13日 ドイツハンブルグ オンケル・ポー・カーネギー・ホール
原盤CD / N.77045、LP / N.78045
日本語帯、解説付

収録曲   

  • 01. Katrina Ballerina (19:28)
  • 02. Announcement (1:48)
  • 03. Joshua C. (17:31)
  • 04. Sunbath (19:02)
  • 05. Announcement II
  • 06. To Kill A Brik (13:11)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Woody Shaw

アメリカ、ニュージャージー州出身のトランペット奏者。初レコーディングは1962年18歳でエリック・ドルフィーとの共演。60年代後半〜70年代にかけて、フレディ・ハバードと並ぶ実力派として注目される。

プロフィール詳細へ

Woody Shawに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品