CD 輸入盤

Godbluff

Van Der Graaf Generator (ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1637
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1975
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
彼らは”progressive rock”が様式に囚われ...

投稿日:2013/11/29 (金)

彼らは”progressive rock”が様式に囚われ出したのに気付いたのだろうか。一般にこのジャンルに属するとされるバンドがますます様式化して、真に”progressive”であることを辞めてしまったのに、また時代にも迎合することなく、自らの新たな表現方法、語彙をこのアルバムで見いだしたように思える。Hammillのヴォーカルは歌謡的に一見(一聴)聞えるが、結構、すでにパンキッシュな部分もあり、歌謡的に聞こえるのは実はインストゥルメンタルがしっかりしていて、露骨にではなくクラシカルな部分があるからではないだろうか(特に終曲のJacksonとBantonの掛け合いはクラシック?)。Evansはいつもながら、西洋人的に拍数を数えてドラムを叩くのではなく(もちろん実際は数えたりしているのだろうが)、黒人のジャズ・ドラマーのように反射的・感覚的に叩いているように聞こえ、個人的には評価したい。とにかく、一般の”progressive rock”を期待していると当てがはずれるかもしれないが、柔軟に音楽を聞ける方は感動されるのではないだろうか。その意味でジャンルはVdGG。

naoko さん | 鳥取県 | 不明

0
★
★
★
★
★
後期V.D.G.G.の代表作のひとつ。ヴォーカル...

投稿日:2009/07/02 (木)

後期V.D.G.G.の代表作のひとつ。ヴォーカルも演奏も前期を上まわる表現力と深みを出している。以前からバンドの中心ながらピーター・ハミルのヴォーカルの存在がより際立っている(それでいてバンドの演奏もいい)。

黒いガチャピン さん | 所在地 | 不明

1
★
★
★
★
★
一般的には次作の評価が高いが、これが真の...

投稿日:2007/07/30 (月)

一般的には次作の評価が高いが、これが真の最高作ではないだろうか。

清心異常者 さん | 21世紀 | 不明

0

Van Der Graaf Generatorに関連するトピックス

おすすめの商品