CD

【中古:盤質B】 Quick One

The Who (ザ・フー)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
帯不良
コメント
:
帯ケース貼付
:
HMV record shop コピス吉祥寺
※店頭でも販売している商品のため、完売の場合はキャンセルさせて頂きます

基本情報

カタログNo
POCP2331
日本
フォーマット
CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

デビュー・アルバムから一年後1966年に発表された作品。軽快なM1、ジョン・エントウィッスル作M2、4の奇妙な味と来て、超名カヴァー「恋はヒートウェーヴ」(マーサ&ヴァンデラス)のカッコ良さで完全にノックアウト! (当時米盤は「ハッピー・ジャック」に差し換えられた) と思ったらいきなりキース・ムーンの訳解らじナンバー、と良く言えば凡百のビート・バンドにはないヴァラエティの豊富さで楽しませてくれる。後のロック・オペラの原点とも言える組曲M10なども見逃せないし、なかなか侮れない発見のある一枚。

収録曲   

  • 01. ラン・ラン・ラン
  • 02. ボリスのくも野郎
  • 03. アイ・ニード・ユー
  • 04. ウイスキー・マン
  • 05. 恋はヒートウェイブ
  • 06. くもの巣と謎
  • 07. ふりむかないで
  • 08. 恋のマイ・ウェイ
  • 09. ソー・サッド・アバウト・アス
  • 10. クィック・ワン

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
☆
ロック界で五指に入るベーシストと五指に入...

投稿日:2017/05/29 (月)

ロック界で五指に入るベーシストと五指に入るドラマーが同居していたのがフー。彼らが同時代の英国バンドの中で最も早くR&B離れをしてしまったことを物語ります。でもエントウィッスルとムーンは、もともとR&Bに影響を受けていなかったのではないでしょうか。それぐらい独自性ある演奏です。この盤は、「マイ・ジェネレイション」とこのアルバムの間に制作されたEPも含んでいます。そちらではビーチボーイズ顔負けのアカペラを聴かせたりします。懐の深いバンドだなあ、と。 6 Cobwebs And Strange はキース・ムーンの破壊的ドラミングが全て。これを聴いて彼のルーツがブルーズではなく、ブラスバンドだという確信を持ちました。明るさ、ポップさの中に破壊衝動を感じさせるフーの根幹は、ムーンとエントウィッスルだと思います。10 A Quick One, While He’s Away は、アビーロードB面のようなつくりで、夫がいない間の妻の情事の様子を(主人公を変えながら)歌いつないでいきます。物語をつくらせたらキンクスが上、という声もありますけれど、やっぱりこうした曲は彼らのお株です。 アディショナル・トラックを入れて全部で1時間近く。最後の「威風堂々」まで来ると肩で息をしたくなるほどぎっしり中身が詰まっています。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
それほど良い音なら、劣化ゼロのWAVEデータを...

投稿日:2009/03/10 (火)

それほど良い音なら、劣化ゼロのWAVEデータを収録したCD-ROMで出して欲しい。もしくは、高音質なプレス原盤があるのならLPで。SHM-CDとはあまりに問題有り過ぎるし、はっきり言ってリマスターが無駄になるだけ。 で、この価格のうち¥7000程度は、パッケージとオマケ代と考えて良いのだろうか? 食品(お菓子)が「食玩」となったように、音楽もついに「音玩」として売られるようになったのか?

オーディオ・ファン さん |   | 不明

5
★
★
★
☆
☆
The least Universal could have done was ...

投稿日:2008/09/28 (日)

The least Universal could have done was make a few more available. By the time I heard about it, it was already sold out! Surely with demand, more copies can be pressed!

Tiko さん | Nagoya | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Who

ハイ・ナンバーズはサンデンの代わりにキース・ムーンを迎え、バンドには黄金のラインアップが揃った。またこの時期、カネに困ったミーデンがハイ・ナンバーズのマネージメント権を、キット・ランバートとクリス・スタンプという二人に売り渡すという事件が起こったが、かねがねミーデンのやり方に不満を持っていたバンドにとってはこれはかえって良い出来事といえた。彼らはバンド名を再びザ・フーに戻し、再スタートを切る。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品