CD

Toto Iv: 聖なる剣

TOTO (トト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MHCP939
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター

商品説明

1982年度グラミー賞で7部門受賞という快挙を成し遂げたTOTOの大ヒット作、通算4作目の『聖なる剣』(1982年発表、全米最高位4位)。パワフルでハードな部分も交えたポップ感覚溢れるサウンドが印象的。M1 "ロザーナ"(全米2位)、M2 "メイク・ビリーヴ"(全米30位)、M3 "ホールド・ユー・バック"(全米10位)、M10 "アフリカ"(全米1位)といったヒット曲を収録。

内容詳細

【1982 - 25th グラミー賞 Album Of The Year】
【1982 - 25th グラミー賞 Record Of The Year】 - 「Rosanna」

82年度グラミー賞で7部門受賞という快挙を成し遂げたTOTOの大ヒット作。スタジオ・ミュージシャンとしてもポップス・シーンを牽引した、メンバーたちのパワフルな演奏が圧巻。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
グラミー賞を独占し、TOTOのアルバムでイチ...

投稿日:2012/02/17 (金)

グラミー賞を独占し、TOTOのアルバムでイチバン売れたんじゃないだろうか?本作はデビュー作と2ndの頃にあったプログレ色が無くなり、前作で打ち出されたロック色も薄れ、万人に受け入れられやすい、わかりやすい作品となった。@の“Rosanna”とIの“Africa”の大ヒットで、Journeyなどと並び、アメリカン・ロック・バンドの代表のようになった。凄腕スタジオ・ミュージシャンが集まって作られたグループだけに、技術力・演奏力には元々定評があり、楽曲も魅力的であったので、売れるためにはタイミングだけだったような・・・。Bの“I Won’t Hold You Back”もスマッシュ・ヒットをして、その後のSteve Lukatherのバラード・ソングを作り上げていくプロセスでの一つの形を作り上げたような気がする。このアルバムで私がお薦めしたい曲は4曲ある。先ず1曲目は、アナログLPで言うところのA面ラスト・ソング、本作ではDの“It’s A Feeling”。この曲は、Steve Porcaroの作で、彼の囁くような優しげなリード・ヴォーカルが特徴的な曲である。曲調は、都会的で洗練されたLAよりもNY的な曲で、地味ですが凄く気に入っています。B面のトップを飾るEの“Afraid Of Love”〜Fの“Lovers In The Night”は本作の中でもロック色が前面に出されたカッコイイ曲です。E〜Fへの繋ぎがカッコ良くされており、Fのリフがクールなんですよね。あとはHの“Your Love”が黒くて渋いです★彡

nikki さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
完璧の音を求める彼らの奏でる音は繊細で素...

投稿日:2010/12/14 (火)

完璧の音を求める彼らの奏でる音は繊細で素晴らしいです。シットリとする曲やアップテンポでハードなど凄いです。聞いててリラックスできます。いや綺麗な音

THE SHEEP さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
当時はLP2500円位の時代に2000円で販売さ...

投稿日:2009/07/18 (土)

当時はLP2500円位の時代に2000円で販売されて、トトも売る為には大変なんだとか思わせましたが、内容は素晴らしく、売れないわけが無い一枚でした。ただここにロックの感触は無く、すっかりポップロックと言うか、売れる音をとことんまで追求した感が有ります。聞き手の期待を裏切るのもロックミュージシャンの悪癖ですが、ここでもトトはトトらしくを貫いています。これ以降も更なる気持良いロックを醸し出してくれるはず、と思いきや、ボーカルのボビーキンボールを解雇。彼の存在価値が読めていなかったのはトト最大の失策でした。よってこの作品が最も売れた最高傑作という、何となく納得出来ない様な形になってしまいました。もっと出来た筈なのに。

どらん さん | 埼玉県 | 不明

1

TOTOに関連するトピックス

おすすめの商品