ローランド・カーク伝溢れ出る涙

Roland Kirk (ローランドカーク)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309268255
ISBN 10 : 4309268250
フォーマット
出版社
発行年月
2005年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
ジョン・クルース著
サイズ15×21cm
312ページ

商品説明

ジャズのみならずブラックミュージックの先駆としても近年、再評価の高い、特異なアーティスト。嵐のような生涯をおくった盲目の黒人天才ジャズ・ミュージシャン、ローランド・カークの最初にして唯一の伝記、ついに邦訳。音楽ファン、待望の一冊。
「つまり俺達がまたあんたに会うまで輝かしい時(ブライト・モーメンツ)をそして人生という宇宙のピアノであんたの神秘の音を探し続けるんだ」

【目次】
5000ポンドの男の復讐
ど田舎オハイオの反響
探究者
笛吹き男参上
眠れる者と硬直せる者はパニックに陥る
黒い棒きれ
電気仕掛けの白んぼvs.第4のリングからやって来た盲目の開拓者
クラシカル・ジャジカル
モンクに捧げる3話
飛んでる技巧 ほか

内容詳細

嵐のような生涯をおくった盲目の黒人天才ジャズ・ミュージシャン初にして唯一の伝記。

目次 : 5000ポンドの男の復讐/ ど田舎オハイオの反響/ 探究者/ 笛吹き男参上/ 眠れる者と硬直せる者はパニックに陥る/ 黒い棒きれ/ 電気仕掛けの白んぼvs.第4のリングからやって来た盲目の開拓者/ クラシカル・ジャジカル/ モンクに捧げる3話/ 飛んでる技巧〔ほか〕

【著者紹介】
ジョン・クルース : ミュージシャン、詩人、短編作家。『ローリング・ストーン』『ミュージシャン』『シング・アウト』の寄稿家。ラサーンの未発表ライヴ集『ドッグ・イヤーズ・イン・ザ・フォース・リングス』の共同プロデューサー

林建紀 : 兵庫県生まれ。ジャズ・ライター、ローランド・カーク研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • R さん

    ラサーンの音楽のごった煮感がすごく好き。

  • 夕立改二 さん

    「イロモノ」あるいはもっとひどく「ゲテモノ」扱いされ、その音楽は「グロテスク・ジャズ」などとも呼ばれるローランド・カークだが高い技術と広範な音楽知識に支えられた演奏は力強く、とても集中している。複数の楽器の同時演奏について殊更取り上げられるがどの楽器を一本だけで演奏してもその楽器のどんな専門家も勝てないくらい各楽器に精通している。ソロはイメージ豊かで大きなふくらみを感じさせる。ジャズの歴史上最も速いテンポで音楽的に演奏できた人だがバラードの演奏も素晴らしい。作曲にも優れる。Bright moments.

  • kinkin さん

    天才かつ盲目のリード奏者ローランド・カークの評伝。3つの楽器を同時に吹くという特異性のためイカモノ扱いされているが、その真髄はブルースにあると思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト