KING OF STAGE 〜ライムスターのライブ哲学〜

RHYMESTER

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835639970
ISBN 10 : 4835639979
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

ライムスター初のオフィシャルブック!
30年にわたって最前線を走り続けてきた理由
ヒップホップのキングが明かすサバイブ術

2019年に結成30周年を迎えたライムスターが初のオフィシャルブックを刊行します。題して『KING OF STAGE〜ライムスターのライブ哲学〜』。グループが結成30周年を記念して行った全国ツアー「KING OF STAGE VOL. 14〜47都道府県TOUR 2019〜」と並行して「ぴあアプリ」にて連載した「RHYMESTER: One for the Road〜47 都道府県ツアー日記〜」の待望の書籍化です。

ここでメンバーが初めて明かすライブアーティストとしての心得は、まさに30年の歳月をかけて研ぎ澄ましてきた「ステージの王」の創意工夫の集大成。ライムスターが日本の音楽シーンで生きながらえてきた理由、ライムスターが日本でヒップホップを表現することに向き合ってきた試行錯誤の歴史、そしてライムスターという世界的にも稀有なキャリアを歩むヒップホップグループの本質、そのすべてが詰まった一冊といえるでしょう。ライムスターのファン、ヒップホップのファンはもちろん、ミュージシャンとミュージシャン志望者も含めた多くのクリエイターにも強くおすすめしたい内容です。

なお、書籍化にあたってはライムスターのライブパフォーマンスの魅力にさらに多角的に迫るべく追加取材を行って併録。「King of Stage」の成り立ちを追うライムスター2万字インタビュー、Mummy-Dが説く裏方スタッフとの「チーム論」、DJ JINがDJ松永(Creepy Nuts)とDJ DAISHIZENを招いてライブDJの実態を語らう「ライブDJ鼎談」、宇多丸がゴスペラーズの盟友村上てつやとMCについて意見交換する白熱の「ライブ哲学」対談のほか、写真集『RUFF, RUGGED-N-RAW: The Japanese Hip Hop Photographs』でもおなじみcherry chill willの撮影による初出のツアー写真も掲載。

【CONTENTS】
・ライムスター47都道府県ツアーグラビア(Photo by cherry chill will)
・はじめに
・ライムスター 2万字インタビュー「King of Stageへの道」
・RHYMESTER: One for the Road〜47都道府県ツアー日記〜
・Mummy-D「チーム論」
・DJ JIN×DJ松永(Creepy Nuts)×DJ DAISHIZEN「ライブDJ鼎談」
・宇多丸×村上てつや(ゴスペラーズ)「対談:ライブ哲学」
・ライムスター「King of Stage」全スケジュール
ほか

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちあき さん

    日本語ラップのパイオニアとして活動を続けてきたグループのオフィシャルブックであり、その活動の柱であるライブについてさまざまな角度から語った本。ツアー旅日記ありラップ再入門的な要素もあり、細く長くサバイヴしていくためのビジネス書として読める部分もある。ライムスターのコアなファンでなくても、「セトリ」という言葉を日常語として使うくらいライブが好きだったり、ポップミュージックに関する本をよく読む人であれば絶対おもしろいはず。オススメです。

  • go さん

    むちゃくちゃちゃんとしてる人らだからこそ生き残っている感じはする。理想の大人です。

  • Masaaki Kawai さん

    グループとしてと、個人のライブ哲学、これまでインタビューとかで知ってた部分を改めて知れた。ライバルはバンド、自分たちには生演奏がないけど、どうやって対抗していくか。それによって作られたking of stage。やっぱりRHYMESTERは、何かが「ない」ってことに対してどうしていくかを考えてきた存在、そこが良い。日本のオリジネーターとして前世紀から過ごしてきた今も全盛期なのは、そういうとこに原因があるんよね。

  • T-MIYA さん

    3人への印象が変わった。Dさんは硬派で職人気質なイメージがあったけど、実はそれはメディア露出の多い宇多さんの方で、中核にある"決して譲れない美学"を熱く強く感じた。Dさんはより俯瞰していて、"美学"を保ちながらも柔軟にトライアンドエラーを繰り返す。そんな2人に強く信頼されているJINさんは、想像以上にプロフェッショナルだった。ある意味、一番プロなのはJINさんなのかもしれない。この3人が培ってきた"ライブ哲学"はまさしくKING。ファンに限らず、"創造"を志す人なら間違いなく読む価値がある。

  • Tomoko Suzuki さん

    ラップグループの大御所、ライムスターの初書籍。コロナ禍直前の2019年に行われた47都道府県ライブツアーの道中記と、ライブに関する方法論などあれやこれや。右左ではなく奥と手前、というのが目から鱗でした。巻末の対談がどれもそれぞれ楽しく。DJさん達の苦労と苦悩、MCの色々な役割、スタッフさんを含めてのチーム感。ずっと文化祭を続けてる感じに、胸が熱くなりました。また生で観たいなあKING OF STAGE。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

RHYMESTERに関連するトピックス

  • RHYMESTERの「人間交差点」が7インチで復刻 結成30周年を迎えた日本が誇るヒップ・ホップ・グループ、RHYMESTERの2015年名曲「人間交差点」が7インチで... HMV&BOOKS online|2019年12月10日 (火) 18:30
    RHYMESTERの「人間交差点」が7インチで復刻
  • Rhymester Interview到着! 日本を代表する最強のHip Hopグループ、Rhymester18年の集大成!初の2枚組ベスト『メイド イン ジャパ... HMV&BOOKS online|2007年01月11日 (木) 21:00
    Rhymester Interview到着!

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品