Rの異常な愛情 ──或る男の日本語ラップについての妄想──

R-指定

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784864942553
ISBN 10 : 4864942552
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
R‐指定 ,  
追加情報
:
255p;19

内容詳細

R-指定が日本語ラップの魅力を語り尽くす──。
中学生で日本語ラップに出会い、人生が変わった最強のバトルMC。誰よりも日本語ラップを愛したR-指定がレジェンドたちの名盤・リリック・スキルを妄想&分析して徹底解説!日本語ラップへの異常な愛情が詰まった一冊。
Creepy Nutsや『フリースタイルダンジョン』、『オールナイトニッポン0(ZERO)』で活躍中のR-指定による大人気トークイベント「Rの異常な愛情──或る男の日本語ラップについての妄想──」がついに待望の書籍化。

【本書で語られるアーティスト】
SHINGO★西成と漢 a.k.a. GAMI
「普段のしゃべりと変わらない『話芸』としてのラップ」

餓鬼レンジャー
「YOSHIさんとポチョムキンさんに韻とフロウを学んだ」

般若
「生身で戦う男としての姿勢」

THA BLUE HERB
「無数の韻が塊になって襲ってくる」

RHYMESTER
「日本語ラップへの偏見と真正面から向き合い続けた」

Mummy-Dとの単行本特別対談も収録。
※掲載順

【著者紹介】
R‐指定 : 1991年大阪生まれのラッパー。中学生の時に日本語ラップと出会い、リリックを書き始める。高1で足を踏み入れた梅田サイファーの影響でライブ活動を開始。2012年からはMCバトルの全国大会UMBで3連覇を成し遂げる。テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』では2代目ラスボスとして出演。現在はDJ松永と共にCreepy Nutsとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HK さん

    最高。ラッパーR指定の日本語ラップへの熱意と分析力にただただ圧倒される一冊。現役ラッパーという当事者としての音の分析も素晴らしいが、話芸としてのラップをめざすなど「言葉」へのこだわりがとにかく印象的。そのマニアック/ジャーナリスティック/アカデミックな語りは最良の文芸批評に近い味わいで、こんなにも言論的な視点ですさまじい面白く音楽を語れることに驚嘆した。そして当意即妙に相手役をつとめた(本作はトークライブの書籍化)高木“JET"晋一郎にも心から賞賛を送りたい。

  • go さん

    今年一番食い入る様に読んだ本。めちゃめちゃ面白い。第2弾、第3弾も出して欲しい。R指定の日本語ラップ愛がすごい。そしてここまで分析してるのもすごい。身近にラップ好きの友達が欲しい、と思った。

  • kimrahimovic さん

    日本語ラップの名曲の、当時何がすごかったか、何が新しかったかを韻やフロウなどの技術を中心に語りたい、というR指定のジャーナリスト気質。TBAの章が白眉。

  • Takuya Kunimotz さん

    自分の知識が浅すぎてシンクロできないことが不甲斐ない。批評ではなく愛と考察が文字通り異常に振り切れている様がとても心に染みました。まさにプロの看板下げたNo.1ファンが良いことを言いまくっている。ディスクガイドとしても抜群の見応え。愛を持って語るRさんの憧憬に何よりも敬意を感じます。

  • おおぞらおとこ さん

    この本を読んで最近の自分のHIP HOPの聴き方を反省している。リリックを聞き流して、音として消化してしまっている。反省。やや誤植が多いことが気になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品