CD

More 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP5403
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ, リマスター

商品説明

ピンク・フロイド「デビュー50周年」全オリジナル・アルバムを紙ジャケット仕様で遂に復刻(ソニープレス国内盤初CD化)。長年再紙ジャケ化を望まれるも許諾が降りなかったものが、交渉の末、遂に16年振りに実現。UKオリジナル盤ジャケットや付属品等を可能な限り丁寧に復刻(過去紙ジャケと異なり/A式=>E式フリップバック/表コーティング/日本初版帯復刻/内袋他)。
2011年リマスター。

今作は1971年に公開されたバルベ・シュローデル監督の同名映画のサウンドトラックにしてシド・バレット脱退後の4人体制で制作された初のアルバム。バンド自体がもともと持っていた資質である映像を想起させる音楽性がストーリーと見事にマッチした高い完成度を誇る。さまざまなスタイルの楽曲を実験的なサウンド・エフェクツなどを駆使した秀逸なアレンジでまとめ上げており「グリーン・イズ・ザ・カラー」や「シンバライン」といったのちのライヴでの重要なレパートリーにもなったナンバーも収録。当時の彼らが音楽的に幅広いヴァリエーションを持っていたことを窺わせる作品。全英チャート9位。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

シューローダー監督による映画『モア』のサントラ盤として1969年に発表されたアルバム。シド・バレットはすでに脱退しており、デヴィッド・ギルモア色の出た新生ピンク・フロイドの出発作となった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
モアはサントラながら、フロイドの視覚的表...

投稿日:2012/07/27 (金)

モアはサントラながら、フロイドの視覚的表現が花開いた傑作!けだるい土曜の午後の逸楽に身をゆだね楽しんでさい。

stella さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
MB「クライング ソング」の歌詞は、ウォーターズの作詞...

投稿日:2008/05/13 (火)

MB「クライング ソング」の歌詞は、ウォーターズの作詞した歌詞のうちで、俺が知っているものの中でも一番好きな詞だ( 彼の創った全作品中、俺の知っている原詩、訳詩全ての中で)。 楽曲について、完成度に幾分バラツキが感じられる本アルバムであるけれど、良いと思える曲の評価をする以上に、この曲の歌詞に受けた感銘を数字化して60点以上の評価を与えたいと思っている。(ちなみに、彼の作詞したものとしては、他に「 グランチェスター牧場 」や「 イフ 」も内容が素晴しいと思っているのだが、このアルバムについて友人と話をしていたら「モアは、どれも、どうもイマイチ。」と言われてしまった。)

星影のステラー・リージョンズ さん | 宮城県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ak.ahmさんに同感。もっと評価が上がっても...

投稿日:2008/02/11 (月)

ak.ahmさんに同感。もっと評価が上がってもいい作品だと思います。一部、トリップ気味?の曲には目をつぶるとして、フロイドを評価する上で外せないであろう数曲のキラーチューンに対して「最高」評価を捧げます。

sman さん | 大阪 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品