新商品あり

Organ Classical レビュー一覧

Organ Classical | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

36件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 今までに無かったオルガンの作品で、クラシックの名曲...

    投稿日:2020/11/02

    今までに無かったオルガンの作品で、クラシックの名曲を中心にスターウォーズや宇宙戦艦ヤマトの曲までも演奏しているのが素晴らしいですね。

    ユウムジカ さん

    0
  • 新潟市出身で,シャルトル国際オルガンコンクールで優...

    投稿日:2020/07/11

    新潟市出身で,シャルトル国際オルガンコンクールで優勝後,ヨーロッパ10カ国以上の各地で演奏,デンマーク・ドイツへの留学経験ももつ石丸由佳。「宇宙」をテーマに,一見ノンジャンルで幅広いピースからの選曲は,中学時代に吹奏楽へ没頭し,様々な楽器を吹いたという自身の旺盛な好奇心の反映だろうか。さながら,パイプオルガンがもつ幅広い可能性への入口を示す,壮大な音絵巻を観ているように感じられる。大バッハ・ホルスト・映画音楽など,聴き手の好みに応じて、これを基にそれぞれの世界を聴き進んでいく楽しみがありそうだ(その余白を考えて,評価には星一つを残した)。今春より地元・りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の第4代専属オルガニストに就任し,6月には同地でのソロリサイタルも無事終えた石丸。彼女が紡ぐ音楽のオデッセイ(冒険)への期待を抱かせる一枚。

    ましまろ さん

    0
  • イゾワールの良さはバッハよりもこの方が出ていると思...

    投稿日:2018/08/05

    イゾワールの良さはバッハよりもこの方が出ていると思う。よく聴きに行ったサン・セヴラン教会の音が聴けるのもうれしいし、解説も美しい。

    おっさん さん |60代

    0
  • 17世紀のブクスデフーデ、バッハから20世紀のディスト...

    投稿日:2018/03/07

    17世紀のブクスデフーデ、バッハから20世紀のディストラーまでの300年以上のオルガンの歴史を振り返るアルバム。 ディストラーという作曲家は寡聞にして存じませんでしたが、ナチス政権下のドイツでポリフォニーを多用したオルガン曲などを作曲したため、「退廃音楽家」の烙印を押され、自殺に追い込まれたという不幸な生涯をおくった音楽家だそうです。 彼のパルティータを聞きますと、聖歌を基にした中々魅力的な音楽で、バッハのオルガン曲をお好きな方であれば、おそらくは気に入ると思われます。 大木麻理さんの演奏は、端正かつダイナミック。また録音は極めて素晴らしく、UHQCDという録音方式は初めて聞きましたが、SACDあるいはそれ以上の音であると感じました。

    Torco さん

    0
  • とても、わかりやすかったです。 副教材にも使わせて...

    投稿日:2015/06/18

    とても、わかりやすかったです。 副教材にも使わせていただいてます。良く知られている選曲もよいですね。 こういうので古楽器のDVDのシリーズがあれば嬉しいです。

    AKB さん

    0
  • 素晴らしいです。オルガンという地味なイメージを見事...

    投稿日:2014/10/14

    素晴らしいです。オルガンという地味なイメージを見事にぶち破ってくれています。アグレッシブな演奏内容で、ワクワクして耳を傾けてしまいます。

    nao さん |40代

    1
  • まずこのアルバムは選曲が見事です。ブルーンスの出だ...

    投稿日:2014/04/27

    まずこのアルバムは選曲が見事です。ブルーンスの出だしは夭折の音楽がいかに才能豊かな才人だったかを示すに十分な魅力があります。ラドゥレスクは電子音楽みたいでオルガンの多彩な魅力を伝えています。そして、磐石のバッハ。福本さんの演奏はとても温かみがあり、実に丁寧な仕上がりです。歴史的なオルガンでの演奏も録音してもらいたいですね。

    ヴァニタス さん |0代

    0
  • オリヴィエ・ヴェルネはマリ=クレール・アランやガス...

    投稿日:2012/10/23

    オリヴィエ・ヴェルネはマリ=クレール・アランやガストン・リテーズに学んだことがあり、曲目にもジャン・アランとガストン・リテーズの曲が含まれている。演奏は技術も音楽性も第一級。オルガンは、6400本のパイプを持ち、重さ35トン、色光でライトアップするとSFに出でくる未来都市のようなデザイン。聖堂のかなり高い位置にあるが、このディスクの音像は正面から見たような印象である。録音は深々とした低音にささえられた重厚感のある音質だが、もう少しソリッドな音が欲しいところもある。音場感は自然。エンジニアはEric Baratin、マイクロフォンはショップスのKFM360(ボールバウンダリーマイク)、録音機はZAXCOM Fusion(ハイレゾルーション・レコーダー)、編集機はピラミクスである。曲・演奏・録音の三拍子揃ったディスクで、オルガン好きの方は必聴。

    colourmeister さん |60代

    0
  •  震災による破壊から再生成った水戸芸術館のオルガン...

    投稿日:2012/07/20

     震災による破壊から再生成った水戸芸術館のオルガン演奏を生で聴いてその美しい音に魅了され、オルガンのCDを探し求めた。そのときこのレーベルに出会い、AlbrechtのSACDを数枚購入した。それが想像以上の好録音で実にリアルな美しい音であり、芸術館の生演奏を彷彿させる出来栄えだった。そこでさらに演奏家を変えて本盤を求めたら、これまた同様の好録音で楽しめた。音が美しい上に、録音されている音楽が普段耳慣れた曲で占められているのも、ゆったりした気分になれて悪くない。それにこのレーベルはおしなべて値段が安い。このApkalna盤に至っては1,000円しなかった。ありがたいことである。ただ一つ困ったことは、このレーベルをどう読むのか見当つかないこと。どなたか教えてください。 

    愚猿 さん |80代

    0
  • アーレント・オルガンといえば、現存する名だたるシュ...

    投稿日:2012/07/12

    アーレント・オルガンといえば、現存する名だたるシュニットガー・オルガンの修復で有名ですが、ユルゲン・アーレントのオリジナルとしては、カザルス・ホールのオルガンが真っ先に想い起こされます。そのSACDも手元にありますが、このヘルツォーゲンアウラハのアーレント・オルガンと比べると、カザルス・ホールのそれは随分と直接音の比率が高いように聴こえます。プリンツィパル系のパイプは、ボリュームを下げないときびしいな、と感じる部分もいくつかあります。ヘルツォーゲンアウラハのオルガンはまだ建造されてからそれほどの年月を経ていないようですが、響きはなかなかに熟成されたかのようなまろやかさがあります。ペダルの16フィート管も、プリンツィパルバス、ズプバス、ポザウネンバスといった陣容で、カザルスホールのペダルパイプ群とそっくりなのに、ディスク冒頭のブクステフーデのプレリュードでは、一瞬32フィート管があるのかと錯覚したほどの豊かな低音域に、すこぶる安定感とダイナミズムを堪能しました。この、聖オットー教会の空間容量が大きく、かつ適度な残響時間を確保しているのでしょう。特に低音域の豊かさは、天井方向への空間が高く得られているのではないかと思われます。  この名器と優れた音響特性に助けられているためか、演奏もなかなかの出来栄えだと評価しておきます。

    DP−900で聴いています さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%