新商品あり

Operetta Classical レビュー一覧

Operetta Classical | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

37件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • イギリスDECCレコードで2枚組であったホルムとクレン...

    投稿日:2019/08/26

    イギリスDECCレコードで2枚組であったホルムとクレンの懐かしい歌声を聴いて良い時代であったことを思い出しています。 パウリクの伴奏が何とも言えず、穏やかで、歌手達が歌いやすそうと感じました。何でも古いモノが良いとは限りませんが、青春時代の体験は忘れられないと思いました。

    RN さん |60代

    1
  • ウィンナ・オペレッタの代表的な作曲家の代表曲を集め...

    投稿日:2018/03/22

    ウィンナ・オペレッタの代表的な作曲家の代表曲を集めた5枚組ボックス。 いずれも抜粋で、聴きどころのみの収録。 1枚目は、エルンスト・メルツェンドルファー指揮、ハンガリー国立交響楽団&合唱団によるヨハン・シュトラウス2世『ヴェネツィアの一夜』で、あまり多くないこの作品の録音の中でも雰囲気があって良い。 1番の演奏はアラース盤だが、この演奏も悪くないだろう。 2枚目は同じヨハン2世の『ジプシー男爵』で、フランツ・マルスツァレク指揮、ケルン放送管弦楽団の演奏で録音された物。 この音源は1949年に録音された全曲盤からの抜粋で、ペーター・アンダースを始め当時のスターが歌っているのが特徴。 現在この音源はメンブランなどからも復刻されているが、この盤では復刻に使ったテープが悪かったのか音が歪む所がある。 3、4枚目は カールマンの『伯爵夫人マリツァ』『チャルダーシュの女王』を収録した物で、演奏は二枚目と同じ、マルスツァレク&ケルン放送管による。 こちらもケートや、ホフマン、クッシェといった当時のオペレッタの歌い手と、オケの息が合った名演奏が聴けるが、音質は年代相応といった所。 5枚目はレハールの作品集で、『微笑みの国』と『陽気な未亡人』を収録。 微笑みの国はこれまたマルスツァレクの指揮だが、オケが、大オペレッタ管弦楽団に変わっている。 マルスツァレクはケルン放送管とも微笑みの国を残しているので、2つ目の録音という事になる。 ややオケが荒いが、ホッペとホルムが主役を張っており、演奏は良い。 陽気な未亡人は、フランツ・バウアー=トイスル指揮、ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団の演奏で、あっちこっちの廉価レーベルから出ている音源だが、その独特のドライブ感のあるウィーン情緒たっぷりな演奏はなかなか。 とはいえ、解説書などもなく、意外とマニア向きな一枚と言えるかもしれない。

    レインボー さん |20代

    0
  • メンブランが発売した10CDボックスシリーズの一枚で...

    投稿日:2017/09/19

    メンブランが発売した10CDボックスシリーズの一枚です。 このCDはオペレッタからアリアやデュエット等を集めた内容。 オッフェンバックやスッペ、シュトラウスと言った金の時代のオペレッタの作曲家から、レハール、カールマン、リンケと言った銀の時代、シュトルツ、ライモンド等の20世紀に活躍した作曲家の作品まで収録しています。 収録作品は有名な曲(何故か超有名曲はありませんが)もある物の、大半が珍しい作品であり貴重です。 収録音源の原盤は、1950年代頃に制作された全曲盤や個々の歌手のアリア集が元となっています。 歌もスターから無名の人物まで歌っておりますが、好みはあるにしろどれも味があります。 オーケストラは、放送局のオケが大半で、ケルン放送管弦楽団とハンブルク放送管弦楽団を中心に、南西ドイツ放送管弦楽団や、グラウンケ交響楽団等オペレッタ演奏では有名な団体による演奏で指揮者も、シュテファン、マルスツァレク、ミュラー=ラムペルツ、スモラ、ゲーゼ、クレーマー、ヴァルター、シュトルツ、ドスタル等オペレッタを得意としたマエストロによる演奏です。 音質は年代を考えれば聴きやすいほうに入るでしょう。 CDは厚紙に入っています。

    レインボー さん |20代

    0
  • SP盤時代に録音されたオペレッタや、コミック・オペラ...

    投稿日:2017/01/26

    SP盤時代に録音されたオペレッタや、コミック・オペラのアリアやデュエット、ポプリ等を復刻したアルバムです。 登場する歌手は、リヒャルト・タウバーやエリザベート・シューマン等こんにちでも知られるスターを別にすれば、あまり知られていない歌手が多く、指揮者もブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラーあたりが最も知られたアーティストですが、オケはベルリン国立歌劇場管弦楽団やメトロポリタン歌劇場管弦楽団等の有名な団体が吹き込んでいます。 収録音源は他のレーベルからも復刻されている有名な音源が多数あったりしますが、この盤以外では復刻がないような珍しいのもあり、資料的な意味でも貴重な盤です。 発売元のパールは復刻専門のレーベルで、原音重視の復刻が特色で、この盤でもそうです。 当然ノイズも多少ある等、それなりな音質もありますが、古い録音に慣れていれば問題ないでしょう。 基本的にはファン向きの一枚です。

    レインボー さん |20代

    0
  • 20年以上前に、輸入盤レコードで知られざるオペレッ...

    投稿日:2016/09/03

    20年以上前に、輸入盤レコードで知られざるオペレッタのアリアを楽しんだ思い出があります。まさに、おそらくそこら辺の音源と思われます。大音量で聞くこともないので録音の古さ、monoかstereoかの記載もない中、ゆったりとした良き時代の音楽に浸るには最高のセットだと思います。オペレッタスキの方は必携のセットとなるでしょう。

    なにわのムシークフェライン さん

    0
  • 1998年、バート・イシュルにて開催されたレハール...

    投稿日:2016/08/01

    1998年、バート・イシュルにて開催されたレハールとその周辺のオペレッタの作曲家のアリアやデュエットを集めたコンサートのライブ盤。 マルチェロ・ヴィオッティ指揮、ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、歌手はエヴァ・リント、アンドレア・ロスト、トーマス・ハンプソン、そして三大テノールのうちの2人、プラシド・ドミンゴに、ホセ・カレーラスとなかなかに豪華。 演奏は完全にコンサート仕様で、オペレッタの全曲とはまた違うが、出演者全員で歌う14のメドレーや15の微笑みの国は圧巻。 録音は問題なく聴ける水準です。

    レインボー さん |20代

    0
  • このCDで振っているマルセル・カルヴァンはフランスの...

    投稿日:2015/08/02

    このCDで振っているマルセル・カルヴァンはフランスの指揮者で、オペレッタやポピュラー音楽の録音を中心に活躍した指揮者です。 このCDはオペラやオペレッタの序曲やメドレー、ワルツといった管弦楽作品を集めた物です。 1〜7、14が、ラムルー管弦楽団、9がブッフ・パリジャン座劇場管弦楽団、8、10〜13が名無しの管弦楽団を指揮した物です。(記載はありませんがいくつか歌入りの物があります) 演奏は特筆する程ではないですが、ツボを抑えた演奏でしょう。 メサジェ、オードラン等の珍曲も入っており、貴重です。 尚、最後のスッペの軽騎兵は残響が残っている中、ブチッと切れるのが難点です。 1933〜1948年にかけての録音で、音質は録音年を考えれば良好でしょう。

    レインボー さん |20代

    0
  • 1950年代から1960年代にかけて、ドイツのオケを起用し...

    投稿日:2015/07/15

    1950年代から1960年代にかけて、ドイツのオケを起用して制作されたオペレッタ全曲盤を復刻した物である。 このCDの最大の売りは何といってもその収録曲であり、定番所の作品から、このボックスでしか聴けないような大変珍しい作品までが収録されており、オッフェンバックからリンケ、シュトルツ、ジョーンズまでのオペレッタを体系的に聴ける内容となっている。 演奏は上記の通り、ドイツオケによる物で、マルスツァレクやシュヒター、シュテファン、シュミット=ベルケ、シュレーダーと言ったオペレッタを得意とした指揮者によるタクト、ケルン放送管弦楽団やミュンヘン放送管弦楽団、ハンブルク放送管弦楽団、ヘッセン管弦楽団といったこれまたオペレッタ録音で同じみのオケ、さらにショックや、ローテンベルガーらによる歌(ちなみに全てドイツ語)による正統派の演奏は悪くないです。 唯一の難点はCDが厚紙に収納されているのですが、これが取り出しにくい(下手すると記録面を傷つけてしまいそうな)事でしょうか。 極上とは言えない物のまずまずの復刻で、年代のわりに聴きやすい音質と言えるでしょう。 値段はハッキリ言って高いですけど、オペレッタ好きなら手に入れておいて損はないでしょう。

    レインボー さん |20代

    4
  • ナクソスが全3枚発売したウィンナ・オペレッタのアリ...

    投稿日:2015/03/19

    ナクソスが全3枚発売したウィンナ・オペレッタのアリアを集めたCDの2枚目にあたるCDです。 カールマンとレハールを中心にシュトルツとヨハン・シュトラウス2世の作品が収録されています。 イングリット・ケルテシ(ソプラノ)ヤーノシュ・ベルケシュ(テノール)の歌で、ラースロー・コヴァーチ指揮、ハンガリー・オペレッタ管弦楽団の演奏です。 但し、冒頭に収録された『ヴェネツィアの一夜』序曲は、アルフレッド・ヴァルター指揮、スロヴァキア国立フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。 演奏はどれも良くも悪くも安心して聴ける模範的な物で、あと一つ何か欲しいかなと言った所です。 しかし、音も悪いと言う訳ではないですし、値段も安いので、入門用として良いと思います。

    レインボー さん |20代

    1
  • EMI原盤のレハールのオペレッタを集めた物です。 これ...

    投稿日:2015/02/19

    EMI原盤のレハールのオペレッタを集めた物です。 これらは元々10年前位にそれぞれ単品で発売されていましたが、今回まとめて大幅に安く発売されました。 レハール以外にもイェッセル『シュヴァルツバルトの乙女』ヨハン・シュトラウスのオペレッタ二重奏集も収録されています。 全てハイライト収録ですが、これは元々の音源がそのようで全曲盤というのはないみたいです。 ハイライト盤とはいえ歌手には、ローテンベルガー、プライ、ゲッダ、ケート、ショック等の名だたる歌手が参加している上、指揮者には、シュミット=ベルケ、マッテス、シュヒター、フォックス、ミヒャルスキーと言ったオペレッタを降らせた上手い指揮者を集め、その上、グラウンケ交響楽団、ベルリン交響楽団、FFB管弦楽団とオペレッタを多数録音している団体の演奏という何とも豪華な組み合わせ、悪くなるわけがありません。 録音年代の1950年代から1960年代にかけて録音されたオペレッタには、ポップス風の軽めに編曲された演奏がありますが、このCDの音源は原曲重視のスタンダードなフルオーケストラによるアレンジなのも良い所。 流石に音質面で難もないわけではありませんが、年代を考えれば十分聴ける音質です。

    レインボー さん |20代

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%