DVD

鮫肌男と桃尻女

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBD1006
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
製作年
:
1998
フォーマット
:
DVD
監督
:
音楽
:
追加情報
:
イントロダクション
プロダクション・ノート
キャスト&スタッフ紹介
未公開NG-CUT
TVコマーシャル
劇場特報予告
インタビュー
未公開設定資料

商品説明

「ドラゴンヘッド」などでカリスマ的人気を誇る漫画家、望月峯太郎原作の同名コミックを映画化した、日本映画の新潮流とでも呼びたくなる、強烈な個性を持った作品。組織の金を持ち逃げした男サメハダと、変態男の叔父の魔の手から脱出した娘トシコが森の真中で遭遇する。二人を狂暴過ぎる面々が追いかけ、ストレンジでグルービーな逃走劇が始まる…。
ヒロイン小日向しえ、誰、この人?って感じの鶴見辰吾、寺島進、岸辺一徳、とても懐かしいB&B洋八、我修院達也(元:若人あきら!)…、全員見事にハマり役。

1998年作品/カラー

収録時間:107分

内容詳細

山深い森の中に佇むプチホテルで暮らし、従業員として働くトシコ。彼女は、退屈な日常と冴えない自分から決別するため、ある朝、ホテルから脱走した。山道を車で走っていたトシコは、獣道からブリーフ姿で飛び出してきた鮫肌と出会い、誰かに追われているらしい彼を衝動的に自分の車に乗せる。鮫肌は、組織の金を持ち逃げし、暴力団幹部の田抜たちに追われていた。一方、ホテルの支配人でトシコの叔父でもあるソネザキは、吃音で凶暴な殺し屋・山田に脱走したトシコを奪い返すことを依頼。トシコに偏執狂的な愛情を注ぐ彼も、狂ったように二人を追跡するのだった。トシコは鮫肌に「もうあそこには戻りたくない」と嘆き泣く。その手を握り森の中に逃げ込む鮫肌。トシコも無表情な鮫肌が時折見せる無邪気な笑顔に、次第に惹かれ、待ち望んでいた"変化"にときめいていた。しかし、執拗な追っ手達は二人の近くまで迫っていた…。

浅野忠信の演技力にまたうっとりの、独特のヴィジュアル・センスで見せるユーモラスな作品。組織の金を持ち逃げした男、鮫肌と不幸な少女トシコの逃避行をオフ・ビートに描く。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最初から最後まで独創的なストーリーが凄ま...

投稿日:2021/06/17 (木)

最初から最後まで独創的なストーリーが凄まじいスピードで進んでいきます。見る側の理解度なんか多分何ら意識することなくポンポン信仰していくトンデモストーリーには爽快感すら感じます。登場人物が基本的に全員おかしいのですが、何故かクールに見えます。

forest さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
独特の世界観が奇妙で奇抜で、抜群にクール...

投稿日:2011/03/16 (水)

独特の世界観が奇妙で奇抜で、抜群にクール。そして「 笑 い 」もあり、とても愉快でステキな映画。原作を読まなくても楽しめます!ぜひオススメです!

SunFlower さん | 富山県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'98年作品。多大な人気を誇る望月峯太郎の同...

投稿日:2007/04/08 (日)

'98年作品。多大な人気を誇る望月峯太郎の同名コミックの映画化。組織の金を持ち逃げした男の逃亡劇が描かれていくのだが、これがもうハチャメチャ。原作の持ち味めあるが、登場人物たちの爆笑キャラに若人あきら(旧名)や島田洋八という異色の配役、さらにアニメチックで破天荒な演出の前に、ただボー然とするばかりだ。劇場長編デビューで、こんなにもパワフルな作品を作りあげたのはCM界の俊英・石井克人。今後、絶対要注目の映画人だ。

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品