CD

Killing Gods

Misery Index (ミザリーインデックス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VQCD10373
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

〜(レーベル資料より)〜
USメリーランドを中心とするデス/グラインドコアシーン代表“ミザリー・インデックス”最新アルバム!
ダイイング・フィータスからジョン・ギャラガーがゲスト参加するなどメリーランドのシーンを支えてきたメンツが全面バックアップ!
日本盤アートワークは海外盤BOX、LPに使用された、海外通常盤CDと異なる日本限定ジャケットを採用!

ダイイング・フィータスを脱退したジェイソン・ネザートンを中心に2001年に結成されたミザリー・インデックスは、デビュー以来ニュークリア・ブラスト、リラプスというインディーズ・メタルの名門レーベルからアルバムを発表してきた。本作はフランスを本拠地とする『シーズン・オブ・ミスト』からの移籍第1弾。ジェイソンが「自分たちがやってきたことの集大成」と語る音楽性で、グラインドコアやハードコアなど、ブルータルな音楽性を網羅、随所でメロディも聴かせ、タイトル曲では聖歌隊をフィーチュアするなど多彩なアプローチを取りながら、バンドの原点であるデス・メタルが浮き彫りになっている。さらに日本盤、海外リリース盤のBOX、LPのみに収録されるボーナス・トラックとして、ミニストリーの「シーヴズ」~「N.W.O.」をメドレー・カヴァーしている。

そして「コロニー・コラプス」でダイイング・フィータスのジョン・ギャラガーがゲスト参加。アイアン・マン、インターナル・ヴォイドなど、メリーランドのシーンを支えてきたスティーヴ・カーがエンジニアを担当、ドラム・トラックをスコット・ハル(ピッグ・デストロイヤー)が手がけるなど、エクストリーム・メタル・シーンが一丸となって本作をバックアップする。

前作『エアーズ・トゥ・シーヴリー』(2010)が全米チャート“ヒートシーカーズ”部門で43位にランクインするなど、メインストリーム市場でも注目される彼ら。2013年に海外でアナログLPオンリーで『ライヴ・イン・ミュンヘン』をリリース、2006年と2009年(後者はEMITREME THE DOJO)に来日しており、日本でも高く評価されている。

ジェイソンが今春、デス・メタル研究書『Extremity Retained: Notes From the Death Metal Underground』を刊行。また5月にはメリーランド・デスフェストへの出演が決定している。アメリカ最大のエクストリーム・メタル・フェスティバルへの5回目の出演という、話題の多い状況下での新作リリースだ。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品