CD

Perfect Guy

Marcus Miller (マーカス・ミラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR28083
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 24ビット, リマスター

商品説明

ワーナー FUSION BESTコレクション 1000シリーズ 第2弾
フュージョンの宝庫=ワーナーミュージックが保有する膨大なカタログから70年代、80年代の全盛期を代表する名盤から現在入手困難なレア作品、ファン待望の初CD化作品までを厳選し全て1,000円(税抜)でご提供するシリーズの第2弾。

スーパー・ベーシストの84年リリースのセカンド。ほとんどの楽器とヴォーカルを自身が手掛け、アーティストとしての才能が見事に開花した意欲作。

マーカス・ミラー (all instruments,lead vo)
デイヴィッド・サンボーン (as)
クラッシャー・ベネット (perc)
アンソニー・マクドナルド (perc)
録音:1984年ニューヨーク&ハリウッド

■特別価格 各¥1,000+税
■24ビット・デジタル・リマスタリング
■新ミニ解説付
■完全限定盤

内容詳細

80年代以降のジャズ・ベース、特に“エレベ”の部分をリードするマーカスの2ndアルバム。原題は彼の名を冠したセルフ・タイトル。ヴォーカルその他多くの楽器を自ら演奏し、マルチタレントぶりを見せ付けている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Marcus Miller

 1980年代初頭、マイルス・デイヴィスのバンドに加入するが、2年間は一方で創業直後のGRP(デイブ・グルーシン&ラリー・ローゼン・プロダクション)のスタッフ・ミュージシャンとしての活動も継続している。>この間、デヴィッド・サンボーンの作品に参加、大きな人気を獲得した。81年、マイルス・デイビスの『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』に起用され脚光を浴びる。83年には初リーダー・アルバム『サドゥンリー』

プロフィール詳細へ

Marcus Millerに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド