最速でおしゃれに見せる方法

MB (ファッションバイヤー)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594073367
ISBN 10 : 4594073360
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
MB ,  
追加情報
:
239p;19

内容詳細

誰も言葉にできなかった
「男のおしゃれ」の決定版


ファッションに自信のない男性は多いでしょう。しかし、ロジックさえわかればどんな男性でも簡単に「おしゃれに見せる」ことができます。例えば、いま着ている服はスウェットパーカー、チェックシャツ、Tシャツ、ジーパン、スニーカーといった具合にアメカジに偏りすぎていませんか? 街で着る洋服「街着」とはミックスの文化です。アメカジ一辺倒ではなく、例えばジーパンを「黒のスキニーパンツ」に、スニーカーを黒のシンプルなブーツに変えるだけでも「全体」の印象は様変わりします。つまり、アメカジに偏りがちな日本人男性は、「ドレス」なアイテムを取り入れ、「ドレスとカジュアルのバランスを7対3」に整えるだけで、おしゃれに見せることができるのです。――メンズファッションに必要なものは、お金でもセンスでもファッション誌でもなく、「原則とルール」です。本書は、これまで誰も言語化できなかった「おしゃれの教科書」であり、高校生から40代まで年齢を問わない男性必携の書でもあるのです。


(本書より)
「センス」ではなく「ロジック」が必要
大原則 「ドレス」と「カジュアル」のバランスを考える
ルール1 服は「ボトムス」から揃える
ルール2 形は「I」「A」「Y」で整える
ルール3 色はモノトーン+一色に抑える
コーディネートは「二要素をロックする」
[ボトムス編]コーディネートの印象はパンツとシューズで7割決まる
[ボトムス編]最強のアイテムは黒スキニーデニム
[ボトムス編]シューズも「ドレス」寄りを選べ
[トップス編]テーラードジャケットの選び方&合わせ方
[トップス編]シャツの選び方&合わせ方
[トップス編]カットソーの選び方&合わせ方
[トップス編]ニットの選び方&合わせ方
[トップス編]コートの選び方&合わせ方
[小物編]アクセサリーは「全体」と「先端」のバランスで決まる
[着こなし編]印象は「先端」で決まる
[着こなし編]ボトムスをさらに着こなすコツ
[着こなし編]視覚効果を使った着こなしのコツ
[着こなし編]コスパが高いアイテム選びのコツ
[着こなし編]着こなしに迷ったら原点に戻れ
MBのコーディネート50スタイルを公開
MBの偏愛アイテム 厳選したアイテムBEST15を公開
[買い方のコツ]服は「いつ」買うのが正解なのか?
[買い方のコツ]狙い目のブランドとは?
[捨て方のコツ]捨てなければ買えない


[著者紹介]
MB
ファッションバイヤー&ブロガー。アパレル企業にて店舗マネジメント、ECサイト運営、買い付けを行う傍ら、2012年12月にWEBサイト『現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法 KnowerMag』を開設、「メンズファッションが論理的」であることを証明し反響を得る。2014年からメルマガ『最も早くオシャレになる方法 現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断』を配信、同年「まぐまぐ大賞」を受賞。現在はバイヤーのほかに各種メディアで執筆、情報発信を行い、高校生から40代まで幅広い読者に支持されている。2015年に、自身の名前を冠したブランド「MB」を立ち上げる。

【著者紹介】
MB : プロバイヤー、プロブロガー。バイヤーとして100以上のブランドと取引経験があり、ブロガーとしては「おしゃれの教科書」ともいえる誰もが実践可能な論理を綴ったサイト『現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法KnowerMag』を運営。2014年度より有料メールマガジン『最も早くオシャレになる方法 現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断』を発行。日本最大手のメルマガ配信サイト「まぐまぐ」にて人気ランキング4位を獲得し、2014年度「まぐまぐ大賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さと さん

    なぁるほど、ファッションはセンスではあるが、ロジックで説明がつく、ここを押さえれば誰でも雰囲気イケメンにはなれる。が、仕事柄関わる男性にはこれでも難解だ(苦)これは、ファッションに興味がありもっとおしゃれになりたい!と切望する方には教科書になり得るが、そもそも興味がない人のために私が噛み砕いて教えるしかない・・・そう思えばこれはやはり教科書だ

  • ねむねむあくび♪ さん

    図書館本。読友さんが読んでいたのと、前に少し読んだ洋服のコーディネイトの漫画の監修をしている人だったので読みたくなった。内容は男性向けだったが面白かった〜(ノ´∀`*)日本の男性ファッションはアメリカンカジュアルに偏りすぎている、には非常に共感した!ただ、この人の理論は良くても、実際のコーディネイト写真は単調で物足りない。ボーダーとか迷彩とかジージャンとか、それ自体が筆者の言うカジュアルなアイテムだろうに…(。´Д⊂)。理論は良くても、写真は若者ファッションをしているオジサン、の印象は拭えない。

  • Aquarius さん

    確かにこんな感じで書かれた雑誌等は今までに無かった。自分の服装が気になるのなら結構良いことをロジカルに書いてある。ただこの通りしたら自分は絶対におしゃれになれるか?自信がつくかと言われれば疑問かな。最初に人は外見(第一印象)で判断するのには間違いない。話してみてって言うのは次の段階。自分に興味を惹いてもらうもらうための手段、自己主張的な部分がファッションにはあると思う。興味が無い人が読んでも、ああそうですか程度にしか感じないでしょう。ただこれだけは私も賛同する。ブラックパンツは万能だ!!!以後、持論展開→

  • ぐっち さん

    息子の服を買いたくて・・・第三弾。「服を着るなら・・・」を先に読んでたのでロジックはマンガも思い出しながら読みました。帯のステキTシャツも良く見るとユニクロ。この本があれば最近のオシャレ男子的な服が私にも買えそうな気がします。だけど、カラーのページが雰囲気イケメンすぎて息子に「あんたこんな服着る?」と聞いたら「いいや?」。・・・まあそうだよね。母も世代的に一番落ち着くコーディネイトは「コンビニに向かうお兄ちゃん」スタイル(笑)。ブーツカットもワークブーツもクロックスもまだ持ってるので断捨離しなきゃかなー?

  • はるを さん

    俺みたいに何から手をつければいいのか分からない人、必読。たちまち、何もかもが変わるのかと言ったらそんな事はないと思うけれど、少なくとも「何もしていない」よりは明らかな差が付くと思う。「はるくんは、オシャレだね。」って女性から言われる事が目標なのだが、最低限、「不潔」って見られないように頑張っていきたい。目指せ‼︎雰囲気イケメン‼︎

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品