DVDオーディオ

In The Court Of The Crimson King: クリムゾン キングの宮殿 ・40周年記念エディション (+k2hd Hqcd)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IEZP42
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVDオーディオ

商品説明

〜(WHDエンタテインメント 資料より)〜

KING CRIMSON 40周年記念エディションをプラケース仕様化により大幅プライスダウン。全タイトルDVDオーディオ+K2HD HQCD採用!

KING CRIMSON 40周年記念シリーズ DVDA+CD(HQCD)パッケージ、既発作品すべてがK2HD HQCD+DVDAにスペックアップしてよりお買い求めいただきやすい価格になりました!

2012年10月末発売の「太陽と戦慄」を除き、既発のダブル紙ジャケット・パッケージではHQCDだったCD部分を「太陽と戦慄」で好評だったK2HDマスタリング・システムでリニューアル。K2HD HQCDに。
40周年記念CDマスターとK2HDマスタリング・システムの相性の良さは「太陽と戦慄」で実証済み。既発作品も同スペックで発売をという熱心なファンの皆様のご要望に応え実現!
今回のスペックアップに際し、これまで輸入盤の同一タイトルと大きな開きがあった価格差を解消すべく、全タイトル、トレー可動式2枚組用プラスティック・ケース仕様ではありますが大幅なマーク・ダウン(値下げ)を実現。CD部分のスペックアップのみならず、DVDオーディオ作品には興味があるが、値段が高いと敬遠されていたファンの皆様にも気軽に5.1chサラウンドをお楽しみいただく絶好の機会となります。

CD部分使用マスターは既発のHQCD+DVDA版と同マスターを使用しております。またDVDオーディオ部分は既発タイトルのDVDオーディオ・マスターをそのまま使用しております。この規格シリーズでのコンテンツの削除・減少等は一切ありません。

「クリムゾン・キングの宮殿」、「ポセイドンのめざめ」、「リザード」、「アイランズ」、「暗黒の世界」、「レッド」、「ディシプリン」のCD部分は初のK2HDマスタリング・システム採用HQCD商品となります。お求めやすい価格と過去最高のハイスペックを実現。
いい音で、KING CRIMSONが残した名作の数々をお楽しみいただける、今後、クリムゾン・カタログ・シリーズの中核を成す規格となるのは必至。


※商品仕様・収録内容等は変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

収録曲   

ディスク   1

K2HD HQCD

  • 01. 21世紀のスキッツォイド・マン 21st Century Schizoid Man
  • 02. 風に語りて I Talk to the Wind
  • 03. エピタフ Epitaph
  • 04. ムーンチャイルド(エディット・ヴァージョン) Moonchild
  • 05. クリムゾン・キングの宮殿 The Court of the Crimson King
  • 06. ムーンチャイルド(フル・ヴァージョン) Moonchild
  • 07. 風に語りて(デュオ・ヴァージョン) I Talk to the Wind
  • 08. 風に語りて(オルタネイト・ミックス) I Talk to the Wind
  • 09. エピタフ(バッキング・トラック) Epitaph
  • 10. ウインド・セッション Wind session

ディスク   2

DVDオーディオ

  • 01. 21世紀のスキッツォイド・マン 21st Century Schizoid Man
  • 02. 風に語りて I Talk to the Wind
  • 03. エピタフ Epitaph
  • 04. ムーンチャイルド Moonchild
  • 05. クリムゾン・キングの宮殿 The Court of the Crimson King
  • 06. ムーンチャイルド(フル・ヴァージョン) Moonchild
  • 07. 風に語りて(デュオ・ヴァージョン) I Talk to the Wind
  • 08. 風に語りて(オルタネイト・ミックス) I Talk to the Wind
  • 09. エピタフ(バッキング・トラック) Epitaph
  • 10. ウインド・セッション Wind session
  • 11. 21世紀のスキッツォイド・マン(トリオ・ヴァージョン:インスト) 21st Century Schizoid Man
  • 12. 風に語りて(スタジオ・ラン・スルー) I Talk to the Wind
  • 13. エピタフ(オルタネイト・ミックス) Epitaph
  • 14. ムーンチャイルド(テイク1) Moonchild
  • 15. クリムゾン・キングの宮殿(テイク3) The Court of the Crimson King
  • 16. 21世紀のスキッツォイド・マン(ハイドパーク・コンサート:エディット版) 21st Century Schizoid Man

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品