CD 輸入盤

Elements Tour Box 2021 (2CD+Booklet)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KCTB21
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
BOOK付き, 限定盤,輸入盤

商品説明

毎年恒例となっているキング・クリムゾン CD2枚組デジブック仕様のレア音源集『The Elements Of King Crimson - Tour Box』シリーズの最新盤が、2021年のUSツアー〈Music is our Friend〉開催にあわせて発売。

別テイク、別ミックス、リハーサル、ライヴ、スタジオテイクなど、各種貴重音源/マテリアルをフォローした全29曲のうち、今回は22曲が初CD化音源となる。

CD1には、2013〜2016年にトリプルドラム体制 (ギャヴィン・ハリソン、ビル・リーフリン、パット・マステロット) を敷いたバンドの足跡をたどるかのように、ドラムやパーカッションに焦点を当てたトラックが並び、またCD2には、ジャイルズ・ジャイルズ&フリップから、ボズ・バレル時代の「Cadence and Cascade」、ジョン・ウェットンの「Book Of Saturday」、プロジェクト (ProjeKct) 名義でおなじみの「Deception Of The Thrush」まで、あらゆる時代の貴重音源/マテリアルを厳選し、より楽曲ベースで掘り下げていく内容となっている。

ロバート・フリップによるイントロダクションノート、クリムゾン研究の第一人者シド・スミスによるクリムゾン史におけるドラマーに焦点を当てたライナーノーツなどを掲載した28ページのブックレットを同梱。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 21st Century Schizoid Man
  • 02. One More Red Nightmare (drum & bass mix)
  • 03. Indiscipline
  • 04. Funky Frippertronics (edit)
  • 05. Man With An Open Heart (alt. mix)
  • 06. Jamie & Bill
  • 07. The Talking Drum
  • 08. The World's My Oyster Soup Kitchen Floor Wax Museum
  • 09. Cognitive Dissonance (League of Gentlemtn)
  • 10. Level Five
  • 11. Did We Make The Album?
  • 12. Devil Dogs of Tessellation Row
  • 13. Drum Check (Michael Giles)

ディスク   2

  • 01. Starless (cello extract)
  • 02. Deception Of The Thrush (RF guitar)
  • 03. Secrets (early take)
  • 04. Dawn Song (cor anglaise/piano)
  • 05. Dawn Song
  • 06. I Talk To The Wind (Giles, Giles & Fripp)
  • 07. Ahh
  • 08. The Court Of The Crimson King (excerpt)
  • 09. Exiles (foldback mix)
  • 10. Book Of Saturday (John Wetton)
  • 11. Prince Rupert Awakes
  • 12. Cadence and Cascade (Boz vocal)
  • 13. Formentera Lady (edit)
  • 14. Italian Afternoon
  • 15. Walking On Air (alt. take)
  • 16. Starless

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品