CD

Confessoions Of Dr.dream And Other Short Stories

Kevin Ayers (ケヴィンエアーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY9531
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤
追加情報
:
オリジナルデザインを可能な限り再現した紙ジャケット仕様
可能な限り最良のマスターを採用したマスタリング
歌詞・対訳付き
初回限定5000枚
日本盤企画

商品説明

永遠のボヘミアン、ケヴィン・エアーズのアイランド移籍第1弾にして通算5作目となるアルバム(1974年発表)。彼の作品の中で最もプログレ色が強い本作にはニコ、マイケル・ジャイルズ、マイク・ラトリッジ、マイク・オールドフィールド、オリー・ハルソールら豪華ゲストが参加。ソフト・マシーン時代の「ホワイ・ウィ・スリーピング」を改変した「イッツ・ビギンズ・ウィズ・ア・ブレッシング」を収録。

内容詳細

ケヴィンのアイランド移籍第1弾となる5枚目のアルバム。当時は無名だったルパート・ハインのプロデュースのもと、ニコ、マイケル・ジャイルズ、マイク・オールドフィールドといったゲストが集い、絢爛なサウンドを創造。プログレ色の強い組曲の表題曲が興味深い。(礼)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
マイク・オールドフィールドの師匠格に当たることでスポ...

投稿日:2006/02/18 (土)

マイク・オールドフィールドの師匠格に当たることでスポットを浴びた頃の名作(迷作?)。アイランドでプログレチックな作品を期待された感じで、当人が気が乗らないままプログレテイストを加えたような気がする。ゲストとして登場のMIKEのCでのギターソロは美しく、このアルバムの発売に合わせて行われたLIVEでの同曲のソロとの比較も楽しい。 悪夢にうなされるかのようなFが終わったあとのGの美しさに、思わず涙が出そうになりました。(そういう意味では、ボーナストラックがすぐ始まるのは、ちょっと場違いな気もする)

nasso さん | morioka | 不明

0
★
★
★
★
★
一曲目のディ バィ ディは楽しい曲 7曲目の...

投稿日:2005/06/24 (金)

一曲目のディ バィ ディは楽しい曲 7曲目の夢博士の告白はニコとのデュエットで恐ろしいまでの名曲 バック陣が凄い

みかちゃん さん | 岐阜県 | 不明

0

おすすめの商品