CD

AVENUE

Keishi Tanaka

基本情報

カタログNo
:
KCRC010
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

今だから鳴らした言葉と音未来へ繋げる作品集

2020年、私たちの生活や価値基準など、多くのものが変わった。Keishi Tanaka自身もこの状況のなかで、人として、アーティストとして、歩んできた道を振り返り、今立つ道の先を見つめていた。様変わりする人生という『通り』。進んでいくための『手段』。それらは今までも、そしてこれからも彼自身のテーマのひとつである。そのことを示す作品が完成した。タイトルは『AVENUE』。

新曲「Where You Know」は、これまでライブ中心の活動をしていたなかで、この状況下だからこそ新しいことに挑戦したいと、サンプリングによる楽曲制作を進めた。トラック制作を盟友のGeorge (Mop of Head) に依頼し、打ち込みのサウンドとゴスペルを思わせるコーラスワークを融合させた。歌詞についても、今の時勢を強く反映させ、誰もが言えなかった言葉として「ここに来て」や「会いに行く」をテーマに書きあげたものである。日常的に「近づく」ことが絶たれた事実は、彼自身も含め、誰にとっても大きく影響したことであろう。

そして、M2「One Love (AVENUE Version)」へと繋がり、「Where You Know (君が知る場所)」こそ「One Love (自分の居場所)」なのではないか、というメッセージがここに込められている。そのほか、Kan Sanoをプロデューサーに迎えた「The Smoke Is You」、自粛中にホームレコーディング音源をnoteにて公開していた「Fallin’ Down」、同じくnoteにて公開していた「揺れる葉 feat. oysm」の5曲を収録。「One Love」と「Fallin’ Down」はフルバンドセットで再レコーディング音源。「揺れる葉 feat. oysm」はサポートメンバーでもある元Regaのギタリスト・四本晶が参加するoysmの楽曲「HA」からインスピレーションを受けて制作された新曲である。この作品に込めた想いは、同時発売予定の「A SONG FOR YOU」(言葉とビジュアルでその作品の背景を知ることのできるアイテム) にてKeishi自身の言葉をまとめているので、音源だけではなく、そちらもあわせて読んでいただくと、より深く『AVENUE』を味わうことができる。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

元Riddim Saunterのシンガー・ソングライター、Keishi Tanakaの2020年12月発表のミニ・アルバム。盟友George(Mop of Head)がトラックを手がけた「Where You Know」などが収録されている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Where You Know
  • 02. One Love (AVENUE Version)
  • 03. The Smoke Is You
  • 04. Fallin' Down
  • 05. 揺れる葉 feat.oysm

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Keishi Tanakaに関連するトピックス

おすすめの商品